スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラスト・エンペラーの皇后

ロンドンでの会社勤めのとき、日本のように長時間勤務じゃないのに

読書する時間がなかなかとれなかった。

通勤時間は結構あったんだけど、乗換えがあって、細切れで。

私って、集中してしまうとすぐに乗り過ごしてしまう。

新聞だけはちょくちょく読むようにしてたけど、

毎日に追われていると人間がいかに簡単に読書の習慣を忘れられるかって、

恐ろしくなるほどだった。

フランスでの育児生活が始まるにあたって、読書の時間が持てるのを楽しみにしてたけど、

もちろん現実はそんなに甘くない。

日中はピヨちゃんの世話で忙しいし、

ピヨちゃんが10時くらいに就寝するようになったあとでもくたくただった。



でも日本にお里帰り中は母にいっぱい手伝ってもらえたし、

何より家事をほとんどしなかったし、朝早く起きなくていいし、

って、つまりは超ボンクラ、パラサイト生活(笑)。

余った体力と時間を読書に注いでた。

夜10時から1時くらいまで瞬きの間も惜しんで(笑)、毎日1冊くらいの割で読んだけど、

帰国してからはそうはいかない。

第一日本で買いだめしてきたとは言え、貴重な日本の本。そんなに早く読んではもったいない。

でも今日紹介するのは、大事に大事に引き伸ばしつつ読んでも

3日くらいで読み終えざるを得なかった秀作。






「我が名はエリザベス-満州国皇帝妻の生涯」 
 入江曜子  ちくま文庫刊


1988年に単行本として発行されたものが2005年に文庫化されたもの。




著者や分野でまとめて読んでいく私の現在のテーマは、

1920年代から70年代くらいまでの中国。

これは、1932年建国の満州国の皇帝、つまり、ラスト・エンペラー溥儀の皇后だった婉容の話。







一人称で優雅に語られていくこの本は、荒唐無稽な小説でもなく、メモワールでもない。

歴史的事実を緻密に追いながら、溥儀のそばでそれを見守っていくという歴史の側面からの視点。

語り手でもある主人公はほぼ同時進行でその時代を生きていて、

常に先の見えない不確かさの中を手探りで進んでいく。








開明的な父のもと、天津のフランス租界で育った彼女は西洋的な雰囲気と社交と教育を享受した。

しかし運命は16歳の少女を清の廃帝溥儀の皇后の座へと導く。

すでに中華民国の世、清朝は彼女には遠く

ヨーロッパ亡命を考える廃帝が彼女のような人物を必要としているという話に心動かされてのことだった。

同い年の少年との平凡で暖かな家庭を夢見る彼女。

だが前時代の悪習を固持する清の遺臣たちと復辟をあきらめきれない溥儀、

そして結婚まで存在をきかされなかった側妃との間で、彼女は失望と無為の日々を送ることとなる。

運命に抗い続けながらその網に絡みとられていく婉容。

もだえ苦しむ内面が丹念な筆致で綴られ、重厚な心理小説としても読める。

後半、阿片の毒が彼女の清冽だった精神を徐々に侵していく様も生々しい。


しかし一般に知られている彼女についての数少ない事実

「日本嫌い」や「阿片中毒に陥った」ということが、

日本の満州国策や阿片ビジネスなどとの因果関係を示唆されると

全く別の意味を持って来て背筋の寒くなるものがある。




読了感は決して明るいものとはいえないけれど、

ひとりの人間がしっかりと心の中に形造られて、いつまでも消えない。







ほのぼの話題じゃなくてすみません。
今は「毛沢東の私生活」を読んでいるので、次回の本紹介はもっとすごいことになりそうです(笑)。


それでも応援クリックお願いします!
    
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
[ 2008/06/08 07:28 ] 最近の読書 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。