スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久しぶりに同級生と・・・

久しぶりに同級生とお茶をした。

「もと同級生」に近いものがある。

今学期の途中でとうとう休学の申請をした。

ピヨちゃんとわたしの風邪、耳炎、気管支炎の連鎖は止まる気配もなく、

「クレッシュが病気の源なのは確かだけれど、お互いに感染しあってますね」

と医者に言われたのも決心を促すきっかけとなった。

どこかで連鎖を断ち切らなければ。


学科主任に会いに行ったら、前学期の成績を見せてくれた。

絶対だめだと思っていたものもそれなりの成績でパスしていて、

学科主任は継続を勧めてくれた。

働く母親として、いろいろなアドバイスもくれた。

教授たちや学科担当者のやさしさがありがたかった。

私はキャリアも実現しながら3人目の子を妊娠しているその人がうらやましかった。

でもそのときの私はとにかく休息が欲しくて、壊れきった体を何とか立て直したかった。


それから1,2週間、ピヨちゃんとべったりと過ごし体は徐々に回復していった。

休学の前からひそかに進めていた小さな仕事のプロジェクトを進めているうちに、

思いがけずギャラリーでパートタイムで働くことにもなり、それなりに忙しいながらも

肉体的にも精神的にもかなり楽になっているのを感じる。

最近の私はとてもリラックスしている、と感じる。

フリーの仕事も入ってくるようになり、ピヨちゃんのクレッシュの友達のママたちとも

おしゃべりをする時間と心のゆとりもできた。



まだまだ将来は不透明で、安定しているとは言えず、

同級生が交換留学でコロンビア大学に行く、ときけば

もう少しで自分も手の届くところだった素晴らしい世界に決別したことに寂しい気持ちにもなる。

実際にはまだ学生で、来学期も籍を置くことはできるのだけど、

今の生活が心地よくて、もう戻る気持ちになれるかわからない。




前出の同級生、ガブリエラは英国生まれフランス育ちの完璧なバイリンガルで

教授たちも一目おくすごい秀才。

私が入院中にノートを頼んだことで親しくなったのだけど、その後もピヨちゃんのことで欠席するたび、

コピーしたノートを用意して待っていてくれたりして涙が出るほどありがたかった。

本当に人のことなどかまっていられないほどすさまじい忙しさの中で誰もが動いていたのに。


4apm4b5f copy

照れる彼女にポージングをお願いした。
ものすごいコンサバな格好の同級生ばかりの中で彼女は
いつもモードな格好でやってくる。



彼女は私から見たらもっとも前途有望な人なのだけど、

今の雇用状況などに、いろいろと将来に不安を抱えている。

不安になる必要なんて全然ない、と言うのだけど、

高みを望めば望むほど、チャンスは限りあるのは確かだ。



また別の日には交換留学で来ていた韓国人の人とお昼を一緒にした。

某国駐在大使をお父様に持ち、本人はインターナショナルスクール育ちで英語は母国語のよう。

パリにも幼少のころに暮らしたことがあり、フランス語はまだまだ、と言うが口を開けば

発音だけは(本人談)きれいでネイティブのよう、とうらやましい限り。

全く苦労せずに世の中を渡っていけそうな境遇なのに、

パリに辿り着くまでに彼女は大変な苦労を経験してきた。

弁護士になるべく韓国の司法試験に5年もの間挑戦し、結局挫折したのだった。

その後別の大学院に入りなおし、わたしの学校に1学期のみの交換留学プログラムできていて、

私とは「国際経済交渉」の授業で仲良くなった。

OECDでなんとか研修をするべく、履歴書を送ったりいろいろと運動していたが、

結果的にはこの授業にOECDの要人が来たことにより突破口が開き、

念願かなってOECD本部のインターンになっていた。

訪ねていったらすばらしい内部レストランに招き入れてくれた彼女も、

私にとっては前途洋々なのに、見えるのは不安と悩みばかり。

英仏語にこんなに堪能ですでに法学の修士も持っていて、さらにフランスの名門校での交換留学と

国際機関でのインターン経験と、なにが不足なの?と思うのだが、

彼女もやはり針の穴ほどの狭き門を目指すから苦しいのだろう。



10年以上前にドイツで出会った、やはり韓国人の女性を思い出す。

私はそのとき語学学校にいたのだが、ただの語学学校というよりは大学進学の予備校のような感じ。

在籍する人も皆明確な目的を持っていた。

その中でもひときわ目立っていた彼女は、皆より少しお姉さんで、

大学で国際関係論を学んで国連機関で働くと明言していた。

打てば響くような人で、おとなしいアジア人が教師のからかいの的になっても

彼女だけは毅然として言い返す、というようなところが頼もしかった。

彼女だったら何事も実現可能に思えた。

あるとき、「人生の目的」といったことが同級生の間での話題に上ったとき、

彼女はこれもかなりの明確さで「幸せになることよ!」

と言った。

とことん現実的、できる女の典型みたいな彼女からこんな言葉が出てくるのは少し意外に思えて

「あら、国連機関で働くことじゃなかったの?」ときくと、

「もちろん働きたいわ。でもそれは幸せになるための手段であって、目的じゃないわ」

とあくまでも首尾一貫した明確さで言うのだった。

「究極の目的は幸せになること」。

あたりまえと言えばあたりまえのことだけど、

なかなか見際目をつけるのは難しい。

人は幸せな人生を手に入れるためにつらい努力を重ねていくのだろうけど、

その過程だけで、終わってしまったら?

せっかくの幸せな瞬間を無駄にしていたら?

と思ってしまう。



今のところピヨちゃんとたっぷりと過ごせる時間がいとおしいし、

でも仕事もある、というのはやはり精神的な充実につながっている。





なんだか今日はダラダラと長文を書いてしまいました。
しばらくお休みしていたので(実生活が充実していたためですが)
久しぶりに再開の前にちょっと書きとめておきたくなり、書くことにしました。
学業のほう応援していてくださった方、がっかりさせてしまったらごめんなさい。
コメントを下さった方、涙が出るほどうれしかったです。
近日中にお返事いたします。


DSCF0610.jpg


DSCF1111.jpg


1年前の写真を資料として探していて、たまたま見つけたもの。
わたしのワードローブの中で遊ぶピヨちゃん。かごのなかにすっぽり。
今のピヨちゃんも劇的に大きくなっているわけではないけど、
何年か経ったら、え、こんな中に入れたの!?ときっと思うはず。











スポンサーサイト
[ 2010/07/25 09:21 ] 大学院生活 | TB(0) | CM(7)

病気の子をおいていける・・?

火曜の夜から出たピヨちゃんのお熱、まだ下がらない・・・(涙)。

39度以上出すなんて初めてだし、連日下がらないのも初めて。

もちろん熱ざましを飲めば一時的に下がり「もうやめて~」というくらい(笑)元気いっぱいになるけれど、

時間が経てば元通り。


原因はまたもや耳炎。

先週ちょっと咳が出ていたので私の気管支炎(こちらも10月以来もう6,7回目!)とともに

受診したのにその時はたいしたことないと言われ、

数日後には今までにないほどの炎症になっていた・・・(涙)。

クレッシュでうつってくるらしいけど、

こんな風に発症するのはやっぱり疲れすぎてしまうためだと思う。

今年はなるべく長い時間あずけないように注意してきたけど、

週5日通うこと自体大変なのかもしれない。

別にピヨちゃんが特別弱いわけでも体力がないわけでもなく、

逆にものすごく遊びに集中して目いっぱいエネルギーを使うので他の子よりも疲れるんだと思う。




新学期3週目にしてすでに2週間近く休んでいる私。

今年はトナちゃんの協力はほとんど期待できない。

彼もぎりぎりで働いているから。

今日だけは、今日だけはどおーーーしても休めない!!と思ってベビーシッターさんまで手配した

木曜朝。

前日下がりかけたのに39度以上ではあはあしている明け方のピヨちゃんを見てついに断念。

朝には下がって元気いっぱいになっていたとはいえ、やっぱり無理。

数時間といえどもとてもおいていけない・・・(涙)。


こういうとき毎日面倒を見てくれているナニーさんとか、住み込みのオーペアの人がいれば

もっと事態は楽かもしれない。

何事かをやり遂げるには

こういうとき心を鬼にしても人に預けていくような強さがなければだめなのかもしれない。



でも病気で心細くなっている子はやっぱりママに一番そばにいて欲しいんだと思う。




以前読んだガーディアン紙の政治担当女性記者の手記で

ナニーの手に抱かれながら母を求める病気の我が子の泣き声に耳をふさぐようにして

背を向けて仕事に行ったときのことが書かれていた。

日々の暮らしは壮絶に忙しく、休暇は閣僚の交代劇により簡単に中断され

彼女は結局仕事をやめる決断を最後にするのだけれど。

そしてその宣言をした後の反響はさまざまだったが、副大臣級の女性政治家からは

「おめでとう。私にもそんな勇気があったなら」とのメッセージをもらったという。


どうして女性はこうして2者択一を迫られるのだろう。


これはイギリスでの話で、フランスよりも「家族優先にしながら働く」という風潮が少ないせいか

一般に家庭と仕事の両立は難しいのだけれど、

フランスでは皆があたりまえのように両立しているために

逆に専業主婦への風当たりが強くて子育てに専念することのが難しいかもしれない。


しかしいくら病欠を取れても会社勤めではいろいろと制約がある。

最近よく聞くMompreneurというのはママになったことをきっかけに起業した女性達のこと。

もちろん大規模なビジネスを切り盛りする人もいるが、

たいていは家でインターネットでできるような規模で

ママであることの視点を生かして、

ベビー用具を開発販売したりする人が多い。




産後数ヶ月で子供を置いて嬉々として職場に戻っていたフランス女性たちも

子供とより長く過ごすためにはどうすべきか模索しているのだ。




人気ブログランキングへ





[ 2010/02/20 09:16 ] 大学院生活 | TB(0) | CM(2)

ようやく・・・

テストとレポートが終わりました。

もうとにかく終えたって感じ。

でもこれで、ようやく眠れる・・・(涙)。

でも今日さっそく授業があったので無理して出て行ったら休講だったんですけど(怒)!?

本格的に授業が再開するのは来週から。

身の振り方を考えないと・・・。

とりあえずしばらくは家事の遅れをとりもどすことにに専念します(笑)。

今週末は一度キャンセルになった旅行に再トライの予定。

結局リールからトナちゃんの両親に来てもらって滞在してもらう予定。

夫婦仲がうまくいっていないらしいのに大丈夫なんだろうか・・・(汗)。


ところで

メールで質問をくださった、acquaさん


差出アドレスに何度お返事しても戻ってきてしまいます。

こんなこと珍しいのですが・・・。

別のアドレスでメールいただけますか?

また帰ってきてしまうようなら「おままごととプレゼント」の記事のコメント欄でお返事しますね!




人気ブログランキングへ





[ 2010/01/27 07:40 ] 大学院生活 | TB(0) | CM(0)

雪の日、リールへ

年末のリール滞在についての記事がこれからしばらく続きます。

写真がやたらと多くなると思います。

ご興味のある方お付き合いください。


まず、出発の日。

まず、朝は学生バイト(フェアアテンド通訳)の面接に行ってから

この日学期の最後の授業がありました。

週のうちの他の授業は私やピヨちゃんの体調不良で欠席したり、

知り合いのほうが出てこなかったり。

なんだか誰とも学期末の挨拶をするきっかけもないまま。


この授業では知り合いになった人も少なく

私がクラスルームでちょっと探しものをしている間に皆出て行ってしまい、

学期最後なのに挨拶しあう人もいないなんて・・・とちょっとオチ気味でした。

法科大学院ってがり勉タイプの人が多くて、

あまりオープンじゃないんですよね。

これが同じ学内の国際関係論の学科だと外国人も多いし、もっとリベラルな雰囲気なんですが。



でも学校近くのラデュレに行こうと道を急いでいたら、

向こうから同級生の男の子2人が。

そもそも同じ授業に出ていた彼らと何で行き会うかといえば、

授業後ダッシュでサンドウィッチを買いに走り、これから学校に戻って勉強するところだったから。

金曜午後なのに頭が下がります。


「お、tamaho~!」と

明るく声をかけてくれ、しばらく楽しく立ち話をした後年末の挨拶をし合えました。

このうち一人はピヨちゃんの病気のために何度か欠席しなくてはいけなかった私に

ノートを貸してくれるなどしてかなりお世話になりました。


「それじゃ、新学期にまた会おう!」

「えっと、その前に試験があるんじゃ・・・」

「そんなのは、とりあえず忘れるってことでさ(笑)」


そんな彼らのおかげで気持ちよく学期をしめくくれました。ありがとお。





ラデュレのショーウィンドー。

いつもながら全部買い占めたいかわいさ。

DSCF6263.jpg


DSCF6262.jpg


DSCF6260.jpg


いつもそばを通りつつ、足を止める暇さえなかったのが、

今日はリールでお茶するためのマカロンを買いに。









さてその後は帰宅して大荷物でTGVに。

こんな雪原を走るのは久しぶりかも。

DSCF6271.jpg





到着すると・・・・

ピヨちゃんにはマミィから手編みのジレ(カーディガン)が。


DSCF6273.jpg
なにげにルルットがアップになってますが・・・


袖口のほうがふくらんでて、お花もついててかわいいデザイン!

この子供用肘掛け椅子も古いものを彼女が修理して布を張りなおしてくれたんです。

すごい!すごすぎます!



そして!

夏にチラッと出てきた人形用のベッドは

そのときテレビの下で小物いれとして使われていた緑色の小ダンスと共に

きれいなピンクに塗られ生まれ変わってました!!


DSCF6278.jpg



そしてこの小花模様は弟の彼女の手によるもの。

トナちゃんの弟は夏に実習のため南仏の先史時代の洞窟に発掘かなんかに行っていたんですが、

そこでトゥールーズ出身の女の子と出会い、それ以来休暇のたびに行き来しているのです。

今回も彼女がクリスマスに来ましたが、前回滞在したときにこれを描いてくれたそうです。

それも下書きなしのフリーハンドですらっすらっと。

みんなすごい。うらやましい!

この彼女はかなり手先が器用なようで、

弟に革細工の煙草入れを作ったりと、いろいろなことができるんです。

はじめて顔を合わせた本人はさすが発掘現場で会ったというだけあって、

すごく体格のいいたくましいタイプなんですが、繊細な一面もあるのが魅力なんでしょうね。

見た目だけで言ったら前の彼女(1年以上前に別れた)のほうがよっぽどきれいで、

均整も取れていて、私としては素直でかわいい子だなあと思っていたんですが、

弟本人も含め家族の評価はかなり低かったみたいです。

「内面が薄っぺら」とか言って。ちなみにこれはトナちゃんのコメントですが。

「家族の評価」なるものが存在していたことを知った今日この頃です、こわっ(笑)。



話はそれましたが(笑)

彼のママはいつもこういう素敵なものをプレゼントしてくれるのがうれしいです。

プラスティックの光や音がバンバン出るおもちゃとか、嫌いなもので。



次回は私達が初めて買ったクリスマスツリーについて書く予定。

いまさらな話題が続きますが、お許しあれ。




人気ブログランキングへ





[ 2010/01/06 09:48 ] 大学院生活 | TB(0) | CM(4)

雪のサンジェルマンの過ごし方


一泊旅行もだめになり、何のためにリールに早く来たのか・・・(涙)とがっかりした私たち。

いつもはお年越しまでいるのに、トナちゃんが早めに休暇を取った関係で

今年の年末は出勤の予定。パリに帰らなくてはならない。

でもその後の大雪でフランスは交通が大混乱。

TGVも本数が減ったりしてクリスマス前は大混雑だったから早く来てよかったのかもしれない。

写真編集の関係でリールのクリスマスの模様についてはパリに帰ってから書くとして、

雪のパリの模様を。





こう何日も雪が続くと、もう慣れてきたけれど、

最初の数日はその寒さと悪天候に外に足を踏み出しかねた。

先週の木曜はせっかく授業がなかったのに、課題の提出日になっていたから

大雪の中しぶしぶ学校に。

プリンターの調子がよくないので学内図書館のコンピューターを使ってプリントアウト

することにした。


DSCF6232.jpg
クリスマスマーケットがたけなわのサンジェルマン・デ・プレ教会周囲。





しかし・・・

図書館は熱心に勉強する学生で満員、コンピューターエリアにも空きがない。

木曜午後というのは補講のためにとってあって、通常授業がない人がほとんどなのに。

しかも学期の最終週。

そろそろ親元に帰郷する人も多く、学校に出てくる人なんてほとんどないと思っていた。



運良く、同じ授業を受けている人がやはり提出課題をプリントアウトしているところで

引き継いで使わせてもらえたけど、

このすさまじい熱気に圧倒されてしまった。

私だったらこんな日用事がなければうちにこもっている・・・・。

こうもガリ勉している人たちと張り合って勉強していくのはかなりしんどくなってきたところ。




校舎内もよく見ると補講なのか自習なのかほとんどの教室が使われている様子だし・・・。

DSCF6227.jpg



それでも課題を提出してほっとクリスマスツリーを眺めていたら・・・・

DSCF6226.jpg


DSCF6228.jpg

ん?




DSCF6229.jpg

!?





やっぱり学期末だもの、パーティーだってするよね~。

外の気温はマイナス1,2度。

シャンパンを冷やすにはちょうどいいか(笑)。







皆様この時期は頭上にお気をつけください(笑)。






人気ブログランキングへ






[ 2009/12/25 20:30 ] 大学院生活 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。