スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

懐かしのストラスブール

クリスマスのちょっと前、

家族でストラスブールに旅行しました。

トナちゃんが住む前の「下見」も兼ねて。



アルザスは私の愛してやまない土地ですが、それもこの2年以上「封印」。

「試験に受かったらどうせ住めるからさ~」という、あてにならない約束の前に、

なんとなく小旅行すらひかえていたのでした。


結局私はすぐには住むことにならなかったわけですが、

今年こそは有名な「マルシェ・ド・ノエル」に絶対行きたい、と一泊旅行を決行。

ドイツに住んだことも、学生時代ドイツのクリスマス・マーケットでアルバイトをしたこともある私には

シャンゼリゼやサンジェルマン・デプレの「マルシェ・ド・ノエル」は単なるマネというか、

商業主義的イベントで好きになれませんが、

さすがストラスブールのは違います。

年々有名になっていて、観光のハイシ-ズンもここでは夏ではなく12月。

このあたりではキリスト教布教以前の異教徒の信仰、

アニミズムの名残が素朴に感じられるのがいいのです。





P1100668.jpg

これ観光局、かわいいでしょ!


P1100701.jpg



P1100704.jpg



P1100663.jpg


P1100667.jpg


P1100694.jpg



P1100693.jpg





TGV(高速特急、飛行機のようにシーズンや便によって値段が変わる)もホテルも高かったですが、

やはりこの賑わい、美しさはこの時期ならでは。




ホテルは大聖堂のそばにしました。

郊外の安いホテルでもこの時期2倍くらいの値段になっているので、どうせなら思い切り便利なところに。

ローマやフィレンツェの4つ星ホテルでも、

この時期のストラスブールの小ホテルに比べたら安いかも・・・。

なかなか快適でしたが。

トリプルにしたら、ダブルベッドのほかにシングルが脇にあって、ピヨちゃんも大喜び。

慣れないところでは寝かしつけるのに苦労するんですが、あっさり、たっぷり寝てくれました。


P1100659.jpg


窓から見える裏通りの風景も、パリとは違って、清潔で可愛らしい。

P1100706.jpg


P1100707.jpg



夕食のレストランも、前もって予約するか、早めに行かないとあっという間に一杯になってしまいます。

やはりシュークルートははずせない。


P1100698.jpg




私はラムのホットポットにしました。

P1100697.jpg

おいしいけど・・・、やっぱりドイツ的。

この量。一品料理を最後まで食べ続けるって、ちょっと苦痛。

パリのレストランにはなかなかない子供用メニューもあって、ピヨちゃんはそれ。

でもこの量だったら分けて十分だったな。




大聖堂の有名な仕掛け時計。

P1100723_20120118071401.jpg


私はドイツの大学でアルザスの建築関係の授業をとっていて、

研修旅行にここまで来て、皆の前でステンドグラスについてプレゼンテーションしたのもいい思い出です。

ストラスブールとドイツのフライブルク、そしてスイスのバーゼルの大聖堂のゴシック建築への移行期には

同じ石工たちが関わっているのです。

トナちゃんともデートで来たけど、あの頃学生の私たち、特に美術史を勉強していた私は

史跡や美術館めぐりで忙しく、何気ない家並みに目を留めた記憶があまりないのです。

今回あらためてストラスブールの美しさに感動しました。

ピヨちゃんと3人で来れたのも感慨深くて、しかも4歳ともなると、

「かわいい~!」

「あれすてきね~!」

と自分で感じたことを表現できるのが今までとの大きな違いですね。




P1100683a.jpg

大聖堂脇のメリーゴーラウンドで。

今回はパパ(トナちゃん)に撮影してもらいましたよ!



人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



スポンサーサイト
[ 2012/01/18 07:30 ] レジャー | TB(0) | CM(2)

クリスマス・サーカス

会社でも友人関係でも、12月の声を聞けばクリスマス・パーティーのお誘いばかり。

一度は友人同士の予定が合わず、11月のうちにクリスマス・パーティーしちゃおう、

なんて話も出たロンドン時代ですが、

フランスではもっと「ファミリーで祝うもの」というスタンスのせいか、

あまり派手に騒がないような気がします。

でも子どもにとっては大イベント。



トナちゃんの勤め先では毎年かなり前にカタログが回ってきて、

子どもへのプレゼントを選ぶとそれが「支給」されていましたが、

今年は4歳になったためか趣向が違い、

「サーカスへの招待」と

おもちゃ屋さんなどで使えるギフト券でした。


アレクシス・グリュスというサーカス団。

場所はブーローニュの森。

一般公開されているイベントですが、この時期、企業などが

子供へのクリスマスイベントとして1セッションだけ貸切にすることはよくあるようです。

まだ11月なのでクリスマスには早いんですけどね。

4歳から12歳まで。

4歳未満は絶対に入場不可ということですから、乳児が下にいたら難しいかも。




サーカスは初めてのピヨちゃん。

到着してまず、ふかふかフェルトのおやつ袋を渡されてにっこり。

P1100649a.jpg

チョコレートやキャンディ、ビスキュイだけでなく、お水やコンポートも入っていて、

なかなかの内容です。






上演中はフラッシュあるなしに関わらず撮影禁止だったので、

始まる前の様子のみ。

P1100647.jpg

私も実はサーカスはじめてかも?



生オーケストラ付きで

主に馬を使った曲芸が多かったんですが、

象を使ったコントなんかもありました。

床屋さんが無理やりお客を座らせると、合図して出てきた本当の床屋はなんと象さんで、

クシを使って梳かしたり、髭剃りのために泡だらけにしたり、

その後、勢いよく鼻でシャワー出したり、ってな筋です。



ピヨちゃんも結構楽しめたようです。

(途中退屈しておやつを平らげることにもっと集中してましたが)

P1100652.jpg

うれし、はずかし、サンタさんと記念撮影。






平日(学校のない水曜)だったんですが、共働きの多いパリですから、

付き添いには両親のどちらかが休みを取らなくてはなりませんよね。

トナちゃんの職場では社食に明らかに人が少なかったそうですよ( ´艸`)。

仕事から直行、なスーツ姿のパパ達もちらほらいて、

小さな娘といっしょにピンクのわたあめをほおばったりしているのが微笑ましかったです(*´∀`*)。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/11/24 08:14 ] レジャー | TB(0) | CM(0)

ジャルダン・デ・プラントの動物園

ちょっとご無沙汰しました。

ちょっと前まで夕食が終わるやいなや勉強していたトナちゃんと

最近はゆっくりお話したり、一緒にテレビや映画見たり、普通のカップルっぽく夕べを過ごしています(笑)。

基本は勉強がないときでも彼はコンピューターゲーム、私は仕事かブログで

別のコンピューターをバラバラに使って過ごしていることが多いんですけどね。



週末もようやく普通の家族っぽく(?)一緒にお出かけしてます。

ジャルダン・デ・プラント(植物園)はうちから遠くないのでたまに行きますが、

内部の動物園に家族で行くのははじめて。

ちなみに4歳から有料。

フランスでは何でも4歳から料金がかかるものが多いです。

ここのように4歳から25歳まで同料金っていうのもなんだかヘンな気がしますが・・・。





P1100629.jpg

こんなとこ、私一人だったら絶対乗せてあげられないわ・・・。







P1100645.jpg

仲のいい、オウムさんたち・・・。


これはいわゆるzoo ではなくて ménagerie (研究目的の動物園)のほうなんですが、

思ったより広く、多彩な生き物がいて面白いです。

爬虫類とかもたっぷりいます。



P1100638.jpg



P1100639.jpg






帰りは近くのモスケでミントティーでも、と思いつつ、

ポットやおやつのクッキー類を持参していって正解でした。

木のテーブルがいたるところにあるし、

長時間屋外を見学して、冷えてきた頃にちょっと一息つきたくなるのです。

うちのピヨちゃんはご飯のとき以外はいつでも「おなかすいた~~!」とうるさいし。

ご飯のときだけは「もうたべたくな~い」「おなかいっぱ~い」ばかりで

食べさせるのにいつも苦労してます。




動物のおうちもかわいい。

P1100631.jpg

これなんか気分はもうプチ・トリアノン(? 笑)。





話はそれましたが、この動物園、世界最古の動物園のひとつで

1793年にヴェルサイユ宮の王立動物園から動物を移したのが始まり。

キリンや象などの珍獣もフランスで最初に公開されたそうです。

しかし1871年のパリ・コミューンの際には食料に窮乏した市民達に

多くの動物が食べられてしまったとか・・・(汗)。




以前大仏次郎の「パリ燃ゆ」を読んだことがありますが、

皆困窮して草でもネズミでも食べた時期ですからね・・・。

ピヨちゃんにも食べ物の大事さをわかってほしいわ・・・と話はまたそこ?




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





[ 2011/11/20 07:36 ] レジャー | TB(0) | CM(0)

トロカデロのメリーゴーラウンド

トナちゃんの試験が終わって初の長い週末(金曜日が祝日だったため)。

すご~く久々に家族の休日を楽しみました。

それはそのうちアップするとして、

今日は前回の続き、母子だけのエッフェル塔見学の帰りです。




お約束、トロカデロのメリーゴーラウンドに乗せてあげました。

クラシックスタイルのメリーゴーラウンド、とっても絵になります。

馬の上にひとりでまたがるのも平気になったし、

ピヨちゃんを乗せて、私は外側からゆっくり記念撮影を・・・

と思っていたら

「ママもそばにいてくれなきゃ、いや~~~~(泣)」

そ、そりゃそうよね。

まだ4歳だもんね。

そうか、こういうとき、ママが一緒にいて、パパが外から記念撮影してくれるのよね。

(我が家では私がいつもカメラマン役ですが・・・)



第一、妊婦さんには子供を馬の上に乗せるのだってラクじゃないです、まったく。

くらくらしながら、ピヨちゃんのそばに立って、回り続け、それでも一生懸命写真も撮りましたよ。

一緒に回りつつエッフェル塔が見える位置でシャッター押すのが至難の業・・・。


DSCN0675.jpg











2階建てのメリーゴーラウンド。

1回終わったら、今度は2階で乗りたい、ってことで上に昇りましたが、

さすがに2階には付き添い用ベンチもあり、ずっとラクでした。



DSCN0686.jpg















すっかり堪能したピヨちゃん、

帰りにはセーヌ河畔をお散歩しましたが





DSCN0691.jpg
「もう今日はこのままかえりたくないの・・・」


って、ひとりロマンティックにたそがれてる場合じゃないですから~~~!

観光してるけど、観光客じゃないママには

早く帰って夕食つくらなきゃ、っていう現実的な問題があるのよ!ヽ(`Д´)ノ


なんとか引き剥がして先を急ぐも、カフェを見ると入りたがり・・・

さっき、ピクニックしておやつ食べたばっかでしょ!ヽ(`Д´)ノ


DSCN0694.jpg


未練気にサインのアイスクリームをなめるふり・・・。





DSCN0696.jpg


錠でつながっているのを見て、

「これはアイスクリームのおうちに入るカギなの。」

「さあ、カギを開けて入りましょう、ガチャガチャ」


だって。

子供の想像力って、面白い。








人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/11/14 06:09 ] レジャー | TB(0) | CM(2)

エッフェル塔観光

パリに住んでいると、なかなかしないもの。

それは観光。

ルーブルは時々企画展もあるから行くとはいえ、

凱旋門は近くを通ることも多いし、

エッフェル塔は離れていても見えるし、

わざわざ「見に行こう」とは思わないもの。


そして気付きました。

ピヨちゃんが物心ついてからまだ、

エッフェル塔を見せたことがないことに!

パリ生まれ、パリ育ちの生粋のパリジャンヌなのに・・・。



今まではベビーカーで、観光客の混雑の合間に乗り入れるのが億劫だったんですが、

もう抱っこもねだらず長く歩けるし、母娘でエッフェル塔観光。

4歳まで待った(?)甲斐あって、もうエッフェル塔が何か知っているし、

その大きさに感動した様子。


DSCN0641.jpg



「エッフェル塔だ~~~~!」

「うわあ~~~!おおき~~~~い!」

と絶叫(笑)。

連れて行った甲斐があり(*´∀`*)八。





中に入りたい!と意気込まれたんですが、

こ~んなに長い行列に並ぶ気ないですから!( ;°Д°)軽く2時間待ち?





DSCN0644.jpg





今度は前もってチケット予約しよう、と思いました。

一番上まで行くと4歳でも10ユーロくらいかかるらしいです(汗)。

まあ、みな世界中からわざわざ足を運んでくるわけですから、航空券に比べたら安いもの?








中に入れなくてフラストレーションが高じたピヨちゃん、

代わりに自力で登る!と野心満々。


DSCN0649.jpg


ここはエッフェル塔の土台部分。

ちなみに脇の札は、登ることを禁じてます。

よい子は真似しないで下さい。

係員の人に注意されます。

もっともピヨちゃんは、

「きみかわいいね~、なんて名前?(*´∀`*)」

なんて、係のおじさんに訊かれ、仲良くなってましたが。 ( ;°Д°)ナ、ナンパ?


DSCN0689.jpg







トロカデロ側に渡って記念撮影したり、ピクニックしておやつを食べたりしました。

DSCN0652.jpg

すっきりシルエットでピヨちゃんですら(!)

スマートに見せてくれるこのワンピ、KOOKAIのもの。

私もこんなの欲しい・・・。




DSCN0665.jpg

出た、エッフェル塔のポーズ!







人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



[ 2011/11/11 19:52 ] レジャー | TB(0) | CM(2)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。