スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トナちゃん研修先

歩くこともままならなかった産後2週間ほど、トナちゃんが休暇で付き添ってくれて、

食事作りも外回りのことも全部やってくれ、本当に彼なしだったらどうなっていたことか・・・。

こんなに彼と一緒に過ごしたのも久しぶり(笑)。


そんな彼も2月はじめから研修先に。

なかなか決まらなかった研修先ですが、結局





日本 (*´∀`*)





となりました。

一応希望は出していたんですが、普通はすんなり通るわけではなく、

今回家庭の事情のためにパリ勤務の希望を出したものの無理そうだったので、

奥さんがちょうど出産、という人も他に2人くらいいたらしい・・・汗)

妥協案、ということで決まったようです。

勤務は5月まで

私もこんなときでなかったら今まで行ったことのない外国でも

近場のヨーロッパの国でも、数ヶ月の滞在ならば楽しそう、と思えるところですが、

新生児を抱えてとなると事情が違うので選択の幅は限られていました。






研修、と言っても見習い的なものでなく

専用のオフィスを与えられ、初日からいろいろなリサーチやプロジェクトを任され、

人に会うことも多く、ものすごく忙しそうです。

せっかく東京のど真ん中に滞在しているのに、

私の兄夫婦の所に遊びに行った他は

休日は仕事の準備や食料の買出しなんかで終わっているようですが、

最近デパ地下めぐりも覚えたみたい( ´艸`)。

べべちゃんとも思いがけず2週間はべったりと過ごしたせいか、かなり恋しいようです。


P1100866.jpg







私たちは3月半ばから行くことになりそうです。

新生児を抱えているので私はしばらくは実家に滞在する予定ですが。




この15年くらいではじめての長い日本滞在に、私もワクワクしてましたが、

私の思いがけず遅い回復の上に、母の調子も悪くちょっと心配。

事務処理も遅れているので仏パスポートをとるのもぎりぎりになってしまいました。

ちなみに日本への出生届はようやく出したところなので

パスポートは間に合わず、日本で取る予定です。


後に残された女子家庭(私、母、娘2人)の様子についてはまた次回。






人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





スポンサーサイト
[ 2012/03/04 09:10 ] トナちゃん | TB(0) | CM(0)

受かりました!そして・・・

また少しご無沙汰してますが、べべちゃんはまだですよ~。

実は我が家、昨年12月から目まぐるしく変化が起こっていて。

べべちゃんを迎えるだけでも、いろいろあわただしくなるものですが、

一時期どこでお産できるかもわからない状態だったんです。



発端はトナちゃんが、ついに試験に受かったこと(TT)!

ながーく苦しい受験生活の後、さらに長く苦しい「待ち」の期間があり

この知らせが12月に届いたとき、私にとってもそれは感慨深いものがありました。



2年に及んだ受験生活。

バカンスも週末も返上で、本棚1個は試験関係の本と資料で一杯。

普通は仕事をしている人も休職し、試験対策専門のコースにフルタイムで通うのに

トナちゃんは忙しい仕事も続けていたので、一年目だけパートタイムのコースに通ってました。

パートタイムとはいえ、週10コマ近くあって。

昼休みを利用してお昼の授業に出るので、

ランチは私が用意したサンドウィッチに地下鉄の中でかぶりつくのみ。

おにぎりもおかず類も地下鉄の中では食べ切れないから、とダメ出しされました。

そして授業の後は職場にとんぼ返りして仕事をこなし、夜また同じ学校に行って授業を受けてから帰宅。

最初はできるわけない、と笑っていた同僚も徐々に尊敬の目で見るようになったそうです。

2年目は全くコースには通わずに、復習と独学。

家族で公園に行くようなゆとりも少しはありましたが、

その一方、仕事がとんでもなく大変になってきて、夏まで勉強どころではない状況でした。

夏に職場が変わり、またチャレンジの多い新しい業務に馴染みつつ、

帰宅後と週末の勉強。

週末は国立図書館に行ってましたが、

開館前に行って30分も並ばないと席が取れなかったりするそうです。


は~、本当にすごい努力と意志の力だったな~と思います。

その一方、小さな子供(特にピヨちゃん!笑)がいると、

ひとりで見るこちらもなかなか大変で、

家で過ごすには狭いし、外は寒いし、長い冬の間、いろいろと苦労しました。

かなり遠い友達の家に行かせてもらったり、彼の実家に彼抜きで滞在させてもらったり。

友人や彼の両親にもずいぶんお世話になったと思います。


まあ、私も一時期は勉強生活に入っていたり、彼の努力のすごさを目の前で見ていたので

サポートする気になったんですが、それでも試験の結果という不確かなものに向かって、

我慢を続けるのはなかなか苦しいものがありました。



・・・と、そんな感慨が一度にどっと押し寄せてきて、

飛び上がって喜ぶ、とかそんな単純なものではなかったですが、

トナちゃんの努力が報われて本当によかった~、と思いました。



・・・そしてその直後に次の現実的な問題。

私、どこで産むことになるの!?



実はこの試験に受かると特殊な研修に入るのです。

それはまずアルザスのストラスブールで始まります。

それも試験結果からわずか数週間後の1月はじめ

どういうスケジュールになるか、おぼろげには伝わってきていましたが、何しろ難関の試験なので、

なにひとつ「受かったとき」を前提にして予定を立てることは難しかったんです。



ストラスブールは、実は私には馴染みのある土地。

ドイツにいたときは頻繁にライン河を越えてアルザスに行っていましたし、

ハイデルベルクで知り合ったトナちゃんとの初デート(? 友人も一緒でしたが 笑)

もここでした。


だからトナちゃんが数ヶ月ストラスブールに滞在するのなら、

私も無理に産院を変えてもついて行こうか・・・と思いました。

もちろんベビーブームのフランスではそんなに簡単なことではないんですが。



ところが

トナちゃん1月末から国外で数ヶ月の研修が始まることになり、

しかも行き先が正式決定するのは1月中旬、私が38週をむかえる頃という事態に

臨月の私は1月はパリから動けなくなってしまったのです。








写真なしの長文でごめんなさい。

次回に続きます。



人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!










[ 2012/01/14 08:02 ] トナちゃん | TB(0) | CM(2)

もやもや・・・

トナちゃんはとある厳しいコンクール(競争試験)に挑戦中で、もう少しで終わるところ。

資格試験でなくて競争試験なのが難しいところで、

最初は実力次第でも最後の最後には運も関わってきます。

その勉強に専念する人がほとんどの中で、仕事もやりながらなので

尋常でない忙しさになるのはわかるし、

尊敬もするし、

できるだけサポートしてきたつもりですが、

疲れてくるとかなりもやもやが出てきます。

先の見えないコンクールの結果に振り回されるのは本人が一番辛いでしょうが、

周りも相当ストレスを受けます。

彼の週末を確保するために、大学院も週末にかかる仕事も無理になったし・・・。



そんなわけで今回はいつも楽しいリール滞在中もかなり気分が落ちていたんですが、

帰ってきてしばらくしたら、ひと段落がつき、まだ終わっていないものの

気分的にずいぶん楽になってきました。


昨日は試験のひとつが終わって早く家に戻ったトナちゃん、

ピヨちゃんをお迎えに行ったり、しばらくの間一緒に遊んでくれました。

しばらく静かに仲良く遊んでいるかと思うと、ごちゃごちゃ言い争いを始めるんですが、

単に「芸術上のあつれき」だったようで(笑)、

結局こんなのを二人で創作していました。



翼付きドラゴン。


DSCN0787.jpg

トナちゃんの勉強資料がいたるところに散乱していてすごい状態です・・・。






パブ。

DSCN0784.jpg

パブはいわゆるタヴェルンみたいな、中世の旅籠付きパブがイメージのようです。

蝶つがいつきのレゴのピースをビールのポンプにしてあるところがいいアイディア!


DSCN0786.jpg



いちばん大変だったのは「パブ」が何かをピヨちゃんに説明することだったようです(笑)。





人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



[ 2011/11/04 18:34 ] トナちゃん | TB(0) | CM(2)

結婚10周年

実はつい最近結婚記念日を迎えました。

それもじゅっしゅうねん!!!

・・・・・・・・・・・・・・




軽くマリッジブルーにおちいりました、私 щ(゚ロ゚щ) (なぜいま?)。

はあ~10年目までには大金持ちになってるはずだったのにね~(゜д゜;)(おちこむとこ、そこ?)



そんな人生計画の多少の狂いはありますが、山あり谷ありの私達もなんとか

10年仲良く一緒にいるわけだし、かわいいピヨちゃんもできて、

こんな現況に感謝しなきゃバチが当たっちゃうというものです(自己反省)。


結婚10年にして2歳半の子1人、というのも

カップル5年目(結婚じゃないとこがミソ)にして3人、みたいのがあたりまえな

フランス社会から見れば、恐ろしいほどの生産力の低さではありますが、

まあ、ぜいたく言っちゃいけません。



そういえば今朝、「Je veux pas du pain... パンたべたくな~い」とソファに横になったまま

フランス女子風に物憂げに朝食拒否のピヨちゃんに

「ショコラあるよ。パンにショコラつける?」

ときいたら

「Tu m'as acheté du chocolat!? えええ~!?ママショコラかってくれたのお~?」

と目を輝かせてソファから文字通り、グァバッと起き上がったピヨちゃん。

うれしそうにパンをほおばってた~。

なんかものすご~く偉大なことをしてあげられたような気になって一日心が和みました、むふふ。

ショコラっていうのは、いわずとしれたニュテラ(へーゼルナッツ入りのチョコレートスプレッド)です。

これが何日か前にきれていたのを知ってて、駄々をこねるわけではないけれど、

でも朝食は食べる気になれない、って感じだったのね。

こういう記憶力とか状況把握力とか感情抑制力とか、まあそんなに大げさなものでもないんだけど、

いろいろ成長したな~と感じます。


しかし、私が朝食食べたがらない子供をチョコレートスプレッドでなだめるような

そんな大甘な母親になるとは思いませんでしたけど・・・。

フランスではタルティーヌとホット・チョコレートが朝食の定番でもあるし、

ピヨちゃんもトナちゃんもニュテラを塗ってあげれば、

パンくらいはつまんでいく、という感じなので仕方ないんです。



えっと、話が大いにずれましたが、

結婚記念日の日(たまたま休日だった)。

記念大旅行(今年すでに夫婦旅行したしねえ)や大ギフトなんかは

大金持ちになれなかった私達には延期ということにしました・・・。

外でディナーも考えたけれど、ピヨちゃんを他人に預けてディナーに行くのは

私達にはやはり抵抗があり、おうちごはんと相成りました。



トナちゃんが朝から張り切ってショッピングに行ってくれました。

前菜をタパス風にこまごまと用意してくれましたが、

メインはこれ。

ロック・ロブスター。



DSCN7715.jpg

調理前。

これをサフランソースをつけてこんな風にかる~く焼いたのでした。

DSCN7720.jpg


ちなみに今回のサフランはパリで買いましたよ。


DSCN7722.jpg

いいお値段でしたが、しっかりと色と香りが利いていておいしかったです。

付け合せは新じゃがのソテー、フレッシュ・タラゴンソース。

オリーブオイルでマリネしてわずかに塩を振ってグリルしたズッキーニのスライスは

シンプルなのにトナちゃんが作ると絶品なんですよ。







デザートはサラさんのブログのレシピを参考にしたトリュフケーキを私が焼きました。

簡単かつとってもおいしくできました。

とっても甘いのでデザートにぴったりですね。

トナちゃんは焼いても焼いても固まってこないケーキの行く末を心配していましたが、

レシピを聞いて納得。

チョコレート200グラム、バター150グラム、水150ml、卵3個・・・

なのに小麦粉20グラムですから(笑)。



DSCN7723.jpg

シャンパンがまわってすっかり酔っ払っていた私が

お皿に移すのに(型からはきれいに出せてたのに! 涙)崩しちゃいましたが、

何とかフランボワーズで隠しました(いやいや、全然隠れてないですが? 汗)。

フランボワーズとの相性、最高です。

デザート前にピヨちゃんはおねむの時間。

ピヨちゃんの存在を感じながら夫婦でゆっくりと飲むのはやっぱり最高のひとときなのでした!

(亭主元気で留守がいい、とか言いますが、

子供は元気で、そばにいてくれて、しかもよく寝てくれるのがありがたいのだ! 笑)


私達が夫婦らしくなれたのもピヨちゃんのおかげ、とつくづく感謝。

どこにも行かなくてもおうちで楽しく、おいしくゴハンが食べられるのがいちばんかな~。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2010/05/19 19:35 ] トナちゃん | TB(0) | CM(6)

バレンタインは中華粥


ピヨちゃんが高熱を出した後は、もちろん私の番が待っておりました・・・(涙)。

お医者さん通いはおわりそうにありません。

お医者さんについてきてくれたピヨちゃんは

「ママン・エ・マラード。メ、セ・パ・グラーヴ。オン・ヴァ・ヴォワール・ドクトゥーア」

(ママは病気なの。でも心配ないわ。お医者さんに診てもらうからね)


と力づけてくれました(涙)。

今も熱があるんですが、体調的には悪くなく、なんだか目が冴えて寝られないのでブログしてます(笑)。

さてピヨちゃんと交互に体調を崩している私なので

2週間前のバレンタインのあたりも気管支炎で死にそうになっておりました。

バレンタインのお祝いどころか、もうなに作っていいか、食べていいかもわからな~い(涙)

な私をよそに

台所にこもっていそいそ、こまごまとトナちゃんが作ってくれたブランチがこれ。



DSCF6815.jpg


中華粥!




豚肉の中華風ミートボールが添えられ(見た目はいまいちでも味は絶品)、

トッピングもあれこれと用意されて。

「バレンタインだから作ってくれたの?(こちらでは主に男性が何かをする)」

の問いには

「え?あ、ああ、もちろんじゃないか。そうそうバレンタイン・・・」

忘れていた感がありありでしたが(笑)

この中華粥、本当においしかったです(感涙)。





人気ブログランキングへ





ちなみに夜も作ってもらいました(笑)。

DSCF6816.jpg

カリカリポテトが美味。

ソースはマルシャン デュ ヴァン、つまりワイン商人のソースといわれるもので

オニオンと赤ワインをたっぷり使います。

トナちゃんはエシャロットで作ってくれました。



[ 2010/02/28 15:53 ] トナちゃん | TB(0) | CM(2)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。