スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鼻は走るものよね?

大学院には行っているもの、私のフランス語はまだまだのレベルなもので、

苦労の連続です。

英語とフランス語はかなり似ているのですが、

微妙な違いも多くて、英語の知識ゆえの落とし穴(?)も多かったりします。



わかっているつもりでもよく混乱してしまうのは、sensitive と sensible。

これ、英語だとsensitive が敏感な、で sensible が分別のある、

と言う意味ですが、

フランス語だと逆になるんです。


包帯を取ったばかりの指がすごく敏感で、と言うのに

sensible を使うと私の指は分別ができてきたのかい?ひとりツッコミを入れたくなります(笑)。

これ、十代の子供なんかについていう場合、

片や「しっかりしている」、片や「多感な、難しい」と

反対の意味になるので気を付けなくては・・・。



英語でprejudice と言ったら「偏見」のことですが、

仏語のpréjudice はいわゆるフォザミ(偽りの友=外見は似ているが意味が異なる語)。

こちらは損害や侵害の意。



最近もっと日常的な言葉で

間違いを犯していたことに気付きました。

ピヨちゃんはお風邪をひいて以来

「ル・ネ・キ・クル」とか言うようになりました。

これは「鼻がたれてる」の意味で、本当は「ジェ・ル・ネ・キ・クル」と言うべきでしょうが、

ピヨちゃんってば、もう関係代名詞まで使ってる!とちょっと感動したものです。

まあ、これは慣用表現なのでクレッシュで周りが使っていたのをそのまんま覚えたのかも(笑)。

お鼻をきれいにして欲しいときに言うんですね。

「ムショワー!(ティッシュちょうだい)」って言うことも多いです。

ティッシュをきれいに広げてから一気にくちゃくちゃにしてお鼻をかむのがピヨちゃん式(笑)。


・・・・とはなしはそれましたが、

この動詞のクルは

court =走る なんだと思っていました、勝手に。(仏語は語尾を発音しない)


だってこういうとき英語だとまさに My nose is running 、

っていう言い方をするんですよ。

やっぱりフランス語表現はこういうときまで一緒なのね~なんて(笑)。

でも実際には coule でした。

流れる、漏れるという意味の単語を使うんですね、こういう場合。

ピヨちゃんはちゃんとLで発音していたのに、私が勝手に無視して解釈してました。

相変わらずLとRの区別に鈍感もので・・・(反省)。



また英仏語の面白い違い(私の勝手なつまずき)を見つけたらご報告しますね(笑)。




人気ブログランキングへ







スポンサーサイト
[ 2009/11/25 07:31 ] 英語仏語などの問題 | TB(0) | CM(2)

キーボード


ノートパソコンをフランスで買ったのはメンテナンスのしやすさと、

フランス語キーボードのため。

デスクトップ型の方は英語キーボードなので

フランス語で書く時にモードを切り替えると配列が違うし、

フランス語キーボードを1度も使ったことのない身にとっては

まさに手探り状態。

アクセントを探すのにもとっても苦労してました。



しかしあこがれの仏語キーボードを使ってみて

・・・・・・・・・・・。



これまた難しい。

日本語モードは英語キーボードに準じているのでほとんど配列は変わらないから

日本語や英語で打つときに中途半端なブラインドタッチになっている私は苦労してます。


しかも仏語キーボードに慣れてしばらくしてから英語キーボードを使うと余計混乱。


Aはこっちで、WはZを押して、あ、あれ、こちらでは反対だっけ!?・・・・・

・・・って言うか、私今英語で書いてるんだからこの配列でいいんだよね!?・・・・

などなど。



違う言語配列でそれぞれブラインドタッチ、なんて可能なんでしょうか・・・・?





人気ブログランキングへ




そんなこんなで
なぜか今のところ、彼のほうがノートパソコンを使っているという話もあり・・・。

[ 2009/09/04 08:07 ] 英語仏語などの問題 | TB(0) | CM(2)

近況

おひさしゅうございます(笑)。

それなりに定期的に続けていたこのブログ、

最近バタバタしていて更新の暇が・・。

掘り下げたい話題はたっくさんあるんですけどね。

ピヨちゃんの写真もたまっているし。



近況としましては、

先週末、前職関係の用事でロンドンに2泊3日で行きました。

最近のユーロトンネルの火災でいまだにユーロスターのダイヤは乱れ気味。

パリーロンドン間は目の飛び出るほどチケット代が上がっている。

かろうじてリールーロンドン間はまあまあの値段でとれたので

リール経由でロンドンに。ピヨちゃんをリールに預けていくことに・・・。

こんなこと初めてだったから出発の2週間くらい前から心配で心配でしょうがなかったけど、

ピヨちゃん今回は人見知りも夜泣きもなく、リール滞在を満喫してくれたようです。

初めて笑顔でなついてくれるピヨちゃんにリールの両親は大満足だったけれど

犬猫の両氏には疲労の色が濃かったです(笑)。

いじりまわされて猫は寒いお外でお昼寝するしかなく、

ピヨちゃん就寝後に「もういい?」って感じでおそるおそる帰宅してました(笑)。



私のほうはそろそろ再就職を考えていたところなんですが、

とある教育機関を受験してみることに決めました。

しかしそれには仏語のみならず英語でも高レベルの語学証明を提出しなければならない・・・。

そんなわけで、ここしばらくは語学試験関係の情報収集に力を注いでおります。

今のところ英語は12月、仏語は来年2月くらいの受験を考えているのでかなり厳しいんですが、

なかなか本格的にはとりかかれていません。

ピヨちゃん、もうちょっとお昼寝しておくれーー。


受験の様子については、同じようなことをしている方と苦労を分かち合いたいと(笑)

新たにブログを設置してみました。

そんなことをしている間に寸暇を惜しんで勉強しなくちゃいけませんが・・・。




人気ブログランキングへ


[ 2008/11/07 09:17 ] 英語仏語などの問題 | TB(0) | CM(4)

最長記録

今回は母子だけで数日先にリールに着いたんです。



普段、トナちゃんとの会話をなかなかフランス語に移行できないでいる私達。

だって、10年近くも英語だけで会話しているんですもん。

日本人夫婦が「明日からは勉強のために外国語で話しましょうね。」

って、言い合っても難しいのと同じです。

フランス語が唯一のコミュニケーションの手段ならともかく、

ほかに楽に話せる言語があるのに、会話の質やスピードを落としてまで使う気になれない。





会話の何割かはフランス語にしていても、平行して英語を話していると、

かえって脳が集中できない。

かといって、100%フランス語に切り替えるには

普段話しなれていないので急にはできない、と悪循環でした。



脳って、情報を受信する場合にはどの言語からでも核となる部分を抽出しているんだけれど、

発信する場合にはすでにその発話言語で考えているんですよね。

これはあくまで自分の経験に基づいた感覚から言ってますが・・・。

だからその脳内言語がちゃんとデフォウルト設定されていないと、

潜在的にボキャブラリーなどがあってもスムースに発信できない。



トナちゃんがいると、リールでも2人のときは英語で話してしまったり、

複雑な会話の時には彼の説明に頼ってしまうんですが、

今回はどっぷりとフランス語に集中できました。




そして・・・

彼と合流した後でもフランス語オンリーで通すことができました。

うーん、脳のチューンがあってきた感じ・・・。

帰宅してからも、早10日くらい。

今のところフランス語オンリーで過ごした最長記録。

このまま続くとよいなー。




DSCN5336.jpg


「里腹7日」とか言いますが、人の実家に転がり込んで

おいしいものをたくさん頂いていた私です(笑)。ごめんね、トナちゃん。

上はとある日の前菜とデザート。

ポワロねぎを蒸したものをドレッシングでマリネしたもの。

デザートはネクタリンをハーブとシロップで煮たもの。 

洋ナシと、プリューン、アーモンドパウダーをあしらって。

このときのメインは・・・お魚だったかな?



お誕生日のケーキをパパといっしょに注文しに行って、

「味見」と称して買ってもらいました。

もう注文した後だったんですが、「ここに決めてよかった!」な、お味でした。

DSCN5342a.jpg



そのパパは、洋なしのタルトなんかをさりげなく、素晴らしくおいしく焼ける人ですが、

ある日の簡単アレンジデザート。

焦げ目をつけたパン デピスにキャラメリゼした洋ナシをのせて。

DSCN5391.jpg




DSCN5340a.jpg

私がゴハンを作ったとき。

偏食の弟は、ステック・フリッツ(ステーキとフライドポテト)だけで生きているような人ですが、

なぜか「エキゾチックなもの」だったらいろいろな材料が使ってあっても食べられる。

そんな彼のお気に入りは日本やタイのカレー。

アジア料理を期待されましたが、ある調味料で作れるもの、ということで、

チキンに、ハニーと粒マスタードをぬってローストしたものを作りました。

基本は英国レシピですが、下にたまねぎのスライスを敷き詰め、白ワインを入れ、

最初カバーをして蒸し焼きにし、最後グリルで皮をパリパリに仕上げるところが私流です。

ズッキーニのガーリックいためとピラフライスを添えて。

白ワインは私の好きなアルザスのゲビュルツトラミネをセレクト。


弟的には十分「エキゾチック」だったらしく、好評でした。




人気ブログランキングへ









[ 2008/10/02 07:20 ] 英語仏語などの問題 | TB(0) | CM(4)

頭の中のハムスター

口に出さないけれど、頭の中ではあれこれと考えているらしい、というときに

英語で「 ハムスターが回転車をのなかを走っている」という表現をする。



私は取り留めのないことを考えていることが多いので

頭の中のハムスターは常に多忙。

欧米人の常として「黙って思索にふける」という習慣に抵抗のあるトナちゃんは

「どうしたの、なにかんがえてるの!?」

ときかずにいられない。



私が落ち込んでいるんじゃないか、自分がいけないことを言ったか、と

とても気になるらしい。


私だって会話の途中でいきなり黙り込むわけでもないし

例えばコンピューターを使っている彼のそばで本を読みながらひとりぼーっとしてるだけ。

たいてい非建設的、非生産的なことを考えているのだが

こういう時間が私には大事なのだ。


でも数分後ごとに「どうしたんだ?だいじょうぶ?」という声で

夢想はうちやぶられる。

「だいじょうぶよ」

とこたえると安心してすぐコンピューターに向き直る彼はかわいいといえなくもないけど。

こうやって、適度なところで現実に引き戻してくれるのは大事かな。




昨夜カレーうどんを食べながらついぼんやりしていた私。

「なに考えてるの?」といわれて

結構広大な夢想に浸っていた私は「え、えーーー。いーよー。ながくなるから」

といったんだけど、しつこくききたがるので

カレーうどんの中の一切れの肉がひきおこした(笑)考えを話すはめに・・・。


お肉は牛肉だったんだけど、それを食べながら





うーーん、最近貧血気味な気がする。体力もないし、牛肉とかもっとたべなきゃだめよねー。


いやいや、なんのかんの言っても1日一回は動物性たんぱく質とっているし、
栄養不足ってことはありえない。


そうよ、最近朝食も昼食もしっかりとってないとはいえ、戦時中から見れば私の食生活なんて
ものすごくいいはず。



でも最近見た「戦場のピアニスト」の主人公、彼なんか悲惨な食生活で何年も過ごしたけど88歳もの長寿を保てたんだもんねー。



映画の1シーン、空き家でピクルスの缶詰を見つけて

唯一の食料を何とか開けようとする姿を思い出す。

で、このあたりから私の夢想は加速度を増して急展開。


この映画の最後に流れたテロップは、ピアニストは2000年に88歳の生涯を終え

彼の命を救ったドイツ人将校は1952年にソヴィエトの強制収容所で亡くなったことを告げる。

全編を観て深い感動を覚えつつも、この不条理に釈然としなかった私。

すぐに事実関係などをウィキ(英日仏)で調べたのだ。

スビールマン(ピアニスト)は1950年代初めにようやく

自分を助けてくれた将校ホーゼンフェルト大尉の名前を知ることになる。

彼の妻からの助命懇願の手紙を受け取って。

しかし過酷な労働と拷問の末大尉は52年に亡くなる。




冷戦下のポーランドでは1946年に出版された原作も大尉をオーストリア人と変えざるを得ず、

それでも発禁処分を受けた。

終戦から何年か経っていたとはいえドイツ人の戦犯の身元を調べ

助命を願うという行為は非常にむずかしかったのだろう。

やりきれないことだけど、誰が彼を責められるだろう・・・。




っていうような思考の発展を

しかたないので事実関係もふくめ全部解説してあげたら

トナちゃん、わたしがお肉をつまみ上げながら難しい顔をしていたのが

ようやく理解できたようでございます(笑)。


「だから、訊くのをやめられないんだよ(爆笑)」

だって。

いつも全速疾走でカローシするんじゃないかと、私のハムスターを心配してくれてます。




[ 2008/03/13 19:12 ] 英語仏語などの問題 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。