スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リール一泊旅行

先日はじめてトナちゃん抜きでリールにいったときの模様を。



パリーリール間はたった1時間だけど、母子ふたりでTGVに乗るのもはじめて。



朝早めの電車だったからかなり込んでいた。

4人がけボックスシートで、ひざの上のピヨちゃん少しもじっとしていない。

私の周りは少しでも睡眠をとろうとしている人か、

仕事関係の資料を読んだりしている人ばかりだったから、かなり気兼ね。



でもちょっとはなれた席のお兄さんが

一生懸命へんな顔してはピヨちゃんを笑わせようとしてくれて楽しかった。



どこに行ってもかならず子供好きで積極的にかまってくれる人がいるのもフランスらしい。

フランスってこんなに赤ちゃんが多いのに、ピヨちゃんを連れていると、

あちらからもこちらからも、「あら、赤ちゃんだわ!」「かわいいわ!」って声がきこえてくる。

アジア系の赤ちゃんがものめずらしいってこともあるかもしれないけど。
(ピヨちゃん、かなり和風だしねえ 笑)

でもよちよち歩きの1,2歳の子が

「あ、赤ちゃんだ、ちっちゃな赤ちゃん!」とか必ずいうのにはかなり和む(笑)。





あ、話はそれたけど、

ピヨちゃんそのうちぐずりだしたので、すかさずがっと抱え、すいている車両を探しにダッシュ。

二人分の席を見つけ、なんとかしのぎました(汗)。あと25分、15分とか数えながら・・・。

パリーリール間はノンストップ。

だから飛行機みたいに、いったん出発したら目的地まで乗り降りなし。

検札の人たちもリラックスしてて、閉店状態の食堂車のカウンターでおしゃべりに夢中だった(笑)。









トナちゃんのパパがホームに迎えに出てくれて、運転は弟。

休みの日にはお昼前にその姿を見る者はいない、っていう大学生の彼が

9時から起きて待機してくれたって言うから、これもピヨちゃんマジック。



ママも仕事の都合をつけて家にいて出迎えてくれました。

3ヶ月ぶりだからピヨちゃんの変化にみな感激。

離乳食を始めたのがゆっくりだったから、



3ヶ月前にはなーんにも食べてなかったのに、



今じゃなーんでも食べてるしねえ(笑)。




ランチを皆でとったあと、ママは仕事へ、弟も外出。



おじいちゃん、おばあちゃんに会いに行くのは翌日の予定だったから、午後の予定はなんにもない。

天気がいいので街中にパパとお散歩に行くことに。





う、うわぁぁぁ・・・・!


天気だ!

天気ですよ!



過去8年以上毎年リールに行っても



雨が降ってるか、



すっごおーーーーく寒いか、



あるいはその両方か(笑)。



日の光がまばゆいリールを見るのははじめてかも。




トナちゃんは「たまたまついていないだけだよー」

とかこの8年言い続けたけど、さすがにもう信じませんから!




最近話題になった、この近くの町を舞台にしたコメディ映画でも、

運転していてこの地方の標識を通り過ぎたとたん、豪雨になるってシーンが

さかんに宣伝されていたし(笑)。






天気だとひときわ美しく見える旧市街の写真を。





旧市街には可愛い建物が多い。

DSCN4266.jpg





こんな小路も旧市街の特徴。

DSCN4265.jpg





いやあ、青空がまぶしいわ(しつこい?)

DSCN4268.jpg




クリスマスショッピングにあわただしく来ることが多かった、旧市街。



こうしてゆったりと見ると、お店が多い。

プランタンもギャラリー・ラファイエットもあるし。



歴史ある建物があって、近代的な面もあり、いろいろと便利で、パリよりはこじまりしている。

これでお天気が毎日こんななら、絶対移住するのにねえ・・・。



人気ブログランキングへ








スポンサーサイト
[ 2008/06/29 08:45 ] トナちゃん家族 | TB(0) | CM(2)

ひさびさの飲み会。



「はたらく人の会」から帰ってきました。


これ、在仏日本人で仕事を持っている人の集まりで、各種勉強会とか催しているけれど

今回のは親睦会 

イコール 

飲み会。



こちらで仕事をするにあたっての情報収集に入ったものの、

皆仕事が終わった後のストレス発散といった感じで話は全然関係ない方向に行く。

それでも漠然と日本人の会、とかいうよりは、

皆留学か何かから始めて、こちらで家庭を持ち、仕事をもち、と

職種は違えど境遇や在外期間が似ていてたのしい。





まあ、私の場合は留学した国も仕事をしてきた国も全然違うのが問題なんだけど。





若いワーキング・ママさんたちも何人かいて、勇気付けられるものがあった。

ロンドンじゃ考えられなかったよ。

ベビーシッター代のばか高いロンドンでは、
(通いのフルタイムの平均が日本円にして年俸600万円くらいという記事を読んだことがある。
税込みだけど。)

余程の高額所得者か親がそばにいる人でなければ仕事と育児の両立は無理で、

35歳くらいまで、満足いくまで働いてすっぱりあきらめる、って人が私の周りには多かった。

フランスのほうが託児施設が充実しているからできるんだろうな。


実際フランスで見るママさんの平均年齢ってロンドンより10歳くらい若いようで、
(イギリス人のほうが老けてみえるってこともある)

もっと早く子供をもつのもよかったかも、なんて思ってしまう。

まあ何事にも時があるもので、やっぱり今だからこそ、ゆとりをもってピヨちゃんにうちこめるんだと思う。

それでも時々なにかしなくていいのか、とかそわそわしちゃうんだけど。






さて、私のために、ほんの少し早めに帰ってきてくれたトナちゃん。

私の外出中にピヨちゃんと一緒にお風呂に入って、離乳食をあげて、寝かしつけてくれた。

いやあ、頭が下がるわ。

ありがと。



ピヨちゃんはずっとご機嫌だったけど、食後のミルクを飲んでいる最中に寝入ってしまったらしい。

私が帰ってきてしばらくして、目を覚ました。

そのときにはパパじゃダメ。

私のところにしがみついてきた。

2次会とかに行かなくて、早めに帰ってきてよかった、と心底思った。

この瞬間のためだけに。





仕事か家庭か、二者択一の必要はないといっても、やっぱりできるだけそばにいてあげたいなあ。

私の腕にしがみついてくれる時間、私のひざにほっぺをのせて安らいでくれる時間がいとおしいから。







人気ブログランキングへ


でもね、バリバリ働いて家事は家政婦さんに、って言うのも理想なのよー。l












[ 2008/06/28 09:37 ] パリの日々 | TB(0) | CM(0)

復活!

ピヨちゃんのお熱、昨日にはすっかり下がって、もう大丈夫みたいです。


「病み上がりなんでパジャマでしつれー!」
DSCN4280.jpg

ちなみに振り回しているのは体温計のケース。



DSCN4293.jpg

これはパジャマなのか、肌着なのか・・・・?

シンプルでかわいくて、涼しげだから、今後普通のブラウスとして登場するやもしれませぬ。

トナちゃんのママから、型違いのもう1枚と共に今回プレゼント。

プチ・バトーのものだけど、専用の袋を手作りしてくれました(ってことはパジャマとパジャマ袋なのかなあ?)。


DSCN4294.jpg


いつもながら、すごいなあ。尊敬。




今日は久々に元上司のために在宅ワークを。

もうやめるつもりだったのに、なんだかまだひきずっている。




でも月ぎめ契約を解消して、これからは単発でお仕事する予定。

収入は減っても、この方がずっと気が楽。

フリーランスとして他の人のためにも働く、とか全く別のことをする、とかいう選択の余地も出てきたし。

いや、まだ、何かを具体的に始める気はないんだけど。

相変わらず日によって揺れ動いているけど。





とりあえず今夜は「はたらく人の会」に顔だしてみます。

いってきまーす!







いつも中途半端でごめんなさい。


人気ブログランキングへ









[ 2008/06/27 23:41 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

ピヨちゃん熱中症になる。


ご無沙汰してます(笑)。

週末からあれこれと忙しくしておりました。




「ワタクシ、実家に帰らせていただきます!」

と宣言して、月曜から

トナちゃんの実家に彼抜きで遊びに行っちゃいました(笑)

1泊だけだったんだけど。

3月以来機会がなかったので、ピヨちゃんをトナちゃんの両親、祖父母に見せに。

まあ、その様子についてはまた書くとして、




帰りに北駅からRERなどを乗り継いで帰ってきたら、車内がものすごく暑くてたいへんだった。


疲れ果てているようだったピヨちゃんも、

帰ってきたらまた元気に遊びはじめて、ミルクもよくのんで、と普段と全然変わらなかったんだけど、

妙に熱いのに気付いて熱を計ってみたら39度近く!

今までちょっとした風邪は引いても高熱を出したことはなかったのであわてた。



とりあえずトナちゃんのママに電話したら、

「ぬるめのお風呂にいれてみるといいわよ」

とアドバイスが。



お風呂の中でもご機嫌に遊んでいて、その後夕食もしっかり食べて、心配は要らなさそうなんだけど、

熱はなかなか下がらない。

保冷剤の替わりに冷凍ほうれん草の袋をタオルに包んだもの(!)とか、

きゅうりのスライスとかいろいろあてようとしたけどすごく嫌がられた(涙)。

こういうとき日本だったら「冷えピタ」とか使うんだろうなあ。はがさないという保証はどこにもないけど。

赤ちゃん用パラセタモール(一般に痛みとか熱に使われるもの)を2度ほど使って、昨日の朝には下がった。

お昼の食べ具合はまあまあだったけど、夕食はしっかり。

元気っぷりにトナちゃんも「もう心配ないね。」

って言ってたけど、夜また少し出ていた!

でもまたお風呂に入れて、夜はぐっすり寝て、朝には下がっていた。

今また寝てる。


相変わらず水もジュースもお茶も嫌いなんでひと苦労。

お湯を多めに調乳したミルクは結構飲んでいるからだいじょうぶだと思うけど。

離乳食も水気を多めにしたり。


今日もまた暑くなりそうなんで、できればお医者さんに連れて行かずにうちのなかで過ごさせたい。

行ってもパラセタモールを処方されるだけだってわかっているし。


でもなんだか熱っぽい感じのピヨちゃん。

相変わらず黙々と遊んで、目が合うとにっこりして、かわいさ満点。

ときどきすり寄ってきて私にくっつく。

いつもと変わらないんだけど・・・。



やっぱり様子見て連れて行こうかな。



あーあ、あのときタクシー使えばよかったよ・・・。

行きにトナちゃんが途中まで送ってくれたおかげで、

なんだかRERのほうが北駅のタクシーの列に並ぶより楽、とか

思ったのが間違いだった・・・・。



おまけに私はぎっくり腰(と思われるほど強烈に痛い筋肉痛?寝返りが打てない・・・涙)
になってしまうし・・・。





そんなこんなで、フランス全土で昨日から始まったセールに行く予定は一気に吹っ飛びました(笑)。






人気ブログランキングへ







[ 2008/06/26 18:17 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(2)

ピヨちゃん大激白!(日本滞在記)


みなさーん、あたち、ピヨちゃんです。

いつも応援ありがとー!

突然だけど、

あたちね、




DSCN3978.jpg






DSCN3832.jpg

・・・ってことがたまにあるの。






たとえばね、ままがおそーじてたり、

洗いものしてたり、

ピヨちゃんのごはんつくってたり、

そーゆー「どーでもいーこと」ばっかりして

ピヨちゃんとあんまりあそんでくれないとき!

そんなのほっとけば、「よーせいさん」がたすけてくれるんじゃないの?

ピヨちゃんとどっちがだいじ?


ぱぱもね、まいにち「おしごと」とかいってひとりでおでかけしちゃうの!

ピヨちゃんも いっしょに いきたいのに!





にっぽんでは ままも ぱぱも、そんなにいそがしくしてなかった!

ままたちが あそんでくれないときは ばーばがいっぱいあそんでくれたし、

DSCN3655 copy






ばーばがなにかしてたら、じーじがあそんでくれたもん!

DSCN3773.jpg




それからね、おじちゃんとかおばちゃんたちもたまにきて、たくさん、たくさん、あそんでくれたし。

みんなでピクニックにいったりもしたの。






うばぐるまを  おしてくれた おにいちゃんとか、

DSCN3758.jpg







あたちのおしゃべりに つきあってくれた おにいちゃんとか

DSCN3764 copy




おにいちゃんたちがまた、かっこよくて、やさしくて、すてきだったの!




DSCN3762.jpg


そんなふたりから 愛をささげられちゃった あたち・・・。


だれかひとりを えらぶなんて むずかしすぎる・・・。






りょこうに いったさきでも ピヨちゃんまるで 「すたあ」 になったみたいだったの!

DSCN3534.jpg





みんな きんいろの おうちみたいのを みにきてたみたいなんだけど

DSCN3535.jpg



あたちのみりょくのまえには どーでもよくなったみたい!

とーぜんよね!







家事そっちのけでますますピヨちゃんと遊ぶことにきめました!言い訳?
「よーせいさん」が出てきてくれるといいのになあ・・・・(母談)


人気ブログランキングへ
    
応援クリックよろしくお願いします。



ピヨちゃん近況。

ピヨちゃんを預けてなにかやるかも!

なーんて前回の記事で書きましたが、今のところ私達の生活に変化はありません(笑)。

今日も1日イチャイチャ、べたべたでした。

そのうち糸を引いてきちゃうんじゃないですかね。



サークルっていうんでしょうか?

ピヨちゃんの遊び場所設置しました。

こちらでパークとも言う、簡易ベッドにもなるもの。

コンパクトなほうだけど、うちの居間に置いたら、とっても場所とってます。




これとお食事用のハイチェアと、もう間違いようなく

「赤ちゃんのいるおうち」。

素敵です

だんだん大人が居候状態だけど・・・。


DSCN4146.jpg
「んばあああああ!」


DSCN4124.jpg


オムツ換えの場所からピヨちゃんがつかんで持ってきてしまったボディークリームが・・・。



DSCN4128.jpg


一人で黙々と遊ぶ・・・・。






最近のピヨちゃんのブーム。

前からだけど、小首を傾げてにっこり。

おいしいものを食べているときにもよくやってくれる。

もう、悶絶モノ!なかわいさ。

離乳食の苦労ふっとびます。

ひとさじあげるたびに小首をかしげるピヨちゃんと

「ぎゃーーー、カワイーーー!」と悶絶する私。

トナちゃんちょっとびびってます。「だ、だいじょうぶ?そこの2人」みたいな(笑)。

でもお外に連れて行ってコレが出ると周りの人にもすごい効果を発揮している。

皆さん、軒並みつられて笑顔で小首かしげちゃう!

こわもてのおじさんまでも(笑)!




最近のピヨちゃんのブームその2。

ボタンを押すと音の出る本をだいぶ前に頂いたのだけど、最近使いこなしてきました。

ちゃんと自分でボタンを押して、しかもそれに合わせて拍手したり、腰を浮かせてのゆらゆらダンス!

たのしー!さいこー!

げいだっしゃー!


ときどきお尻でボタンの上に座っちゃって鳴りっぱなしになってることもあるけど・・・・。


DSCN4129.jpg

「なんかリクエストある!?」





このパークもかなり気に入って縦横無尽に動き回ってひとり遊んでますが、

やっぱり30分もすればぐずりだす。

そこで寝室に連れてきて私は読書をしながら一緒にゴロゴロ。

そう、ここもピヨちゃん第3の遊び場と化してます。(自分の部屋だってあるわけだし。)



スーパー癒し系ベイビーを脇にはべらせながら、最近夢中の「毛沢東の私生活」を読む。

極楽極楽。

表紙が赤のこの本、赤が好きなピヨちゃんに攻撃されまくりだけど(政治的な背景はないものと思われる)、

新聞よりは読ませてもらえる確率高し。



ドロドロの政治闘争の連続を読み進みながら時々ピヨちゃんと一緒に童謡を歌い、踊る。



これが「バランスをとる」ってことでしょうか?(笑)






笑顔で小首をかしげながら応援クリックお願いします。あ、クリックだけでもけっこうでーす!

    
人気ブログランキングへ



[ 2008/06/17 07:57 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

ピヨちゃんを預ける。

ピヨちゃんを初めて預けてしまった。

祖父母以外の人に。

っていってもシルヴィーだから、赤の他人に預けるのとはちがうんだけど。



ことの起こりは、私がとあるオークションに行きたいと思ったこと。

いろいろあって下見会にだけ行くつもりだったのが、毎日行きそびれ、

オークションだけでも見に行こうかと思った。

別に何か買うつもりじゃなくて、前の仕事の関係で見ておいたほうがいいかな、とか、

知っている人に会うかも、くらいの気持ちだった。

ただ、下見会ならならともかくオークションに赤ちゃん連れというのは(いくら私でも)気が引ける。

そこでシルヴィーに声をかけた。

なんといっても昔の同僚だし。

一緒に行けば心強いし、交替でオークションをのぞけるかもしれない。




彼女の答えは

「出かけられないけどピヨちゃんを預かってあげるから行って来たら!」

だった。



彼女の子供の年齢くらいになると、

学校が休みの水曜でも、ひとりは習い事、一人は友達と遊びに行って帰ってくる、

など出たり入ったりで彼女もうちを離れられなかったりする。

私はどうしても行きたいというほどじゃなかったけど、思い切って預けることにした。

ピヨちゃんが私としか過ごしていないっていうのが気になってたし。

よく知っている彼女の子供達も、ピヨちゃんをかわいがってくれてるし。

私にとっても初試練だったけど。





その日ちょっとぐずりだすと、あ、置いていかれるのがわかってるのかしら、

かわいそうに・・・と感傷的になりかける。

ダメダメ、こんなことじゃ・・・。





お昼の離乳食を食べさせてから彼女のところへ。(いつもながら自分のお昼は忘れ去り・・・。)


でもピヨちゃんがあっさり彼女の娘とご機嫌よく遊び始めたところで、そっと外出。





久々のオークション。

思ったより進みが遅くて興味のあるロットは何時間も先。

知った顔もいくつかあったけど、途中で声をかける雰囲気でもない。

それでもアメリカの知り合い二人ほどと話せたけど。

けっこう私の近況にくわしくて笑えた。



長居をしないことにして、シルヴィーのところに戻った。






細かくメモまで取っていた彼女の報告によれば、

私が外出して30分位してちょっとぐずり始め、

ミルクを作ろうと台所に立った間に

彼女の娘が寝かしつけちゃったのだそうだ(すごい、私だっていつも苦労するのに!)。

で、1時間半ほど眠り(普段めったに30分以上寝ないのに!)

起きたらさすがにちょっと泣いていたようだけど、程なく私が帰宅。よかった、よかった。

シルヴィーとも話したいことは山ほどあったけど、ラッシュアワーにならないうちに帰宅。

昔のように何時間もマシンガントークとはいきません。



前にも書いたけど彼女の家ってうちから遠いし、オークション会場からも距離があったので、

午後中地下鉄の移動に終始した感じでぐったりだった。

今回のことは本当に彼女の厚意と子供達の協力によるもので感謝感謝。

だけど、多忙な彼女にこんなこと頻繁に頼めない。



オークションに行くなんて事はしょっちゅうないけれど、

お医者さんに行くときとか、やはり何かあったときにピヨちゃんを見てもらえるところを確保しておかなくてはと思う。




気がついてみればフランスに引っ越してはや1年。

そのうちの9ヶ月近くはピヨちゃんと一緒で楽しくも無我夢中の日々だったんだけど、

社会と何のつながりもないのって時々少し不安になる。

ドイツでもイギリスでも大学なり、会社なり、いやおうなしに現地の人々の間に突っ込まれる生活で、

苦労も多かったけど、得ることも多かった。

その一方、現地に何年も住んでいても

周囲とあまりつながりをもたないまま暮らしている日本人というのもよく見かけて、

実際そういう状態でもあっという間に時は過ぎていく気がする。

確かに駐在員の家族とかいずれ日本に帰るまでの仮の宿りだったらかまわないんだけど、

私はこの国に移住すると決めた以上、ピヨちゃんの親として社会的に対応していくためにも

少しずつなじんでいく努力をしなくては、と思いはじめたところ。

でも何かを始めるにしても、

ピヨちゃんをどこに預ければ、とか、あずけてまで何かしなくてもという考えがつきまとっていた。



今までは託児所イコールかなりきちんと働く人がやむを得ず預けるところ、

という図式が頭にあったんだけど、

最近アルト・ギャルドリーなるものの存在を知った。

これは共働きでない場合、つまり専業主婦なり主夫なりが

短時間あずけるためのものらしい。

1日3時間くらいまで、週に何日までと決まりがある。

日本にも最近あるらしい「リフレッシュ託児」というものかな。

母子教室みたいなものを探していたけど、

物価の高く、女性の社会進出も盛んなパリでは共働きが主流。

(そういえば公園で見かける赤ちゃんも、付き添いは明らかにベビーシッターということが多い。)

たまに主婦が子供に社会性をもたせたい、と考えたら、

やはり短時間でも託児所に預けるのが普通らしい。

ピヨちゃんと一緒にいる1分1秒がとってもいとしくて片時も見逃したくないんだけど、

たまには短時間の息抜きも大事なわけで。

こういう施設がある、とわかっているだけでも心強いものです。





グダグダ長くなってしまいました・・・。
それでも応援クリックもらえればうれしいです。
   
人気ブログランキングへ






[ 2008/06/16 07:33 ] パリの日々 | TB(0) | CM(0)

パリの40代

先日友人のシルヴィーのところにピヨちゃんと一緒にお邪魔しました。

彼女の娘の10歳の誕生日ということでケーキやプレゼントなんかも持って。


「特別なことはしないわよー。うちで静かにお祝いするだけ。」

とか言ってたけど、

娘の友人が6人も来ていて、にぎやかー!


最近0歳から2歳くらいまでの「赤ちゃん」世代の子はよく目に留まるけど、

10歳くらいのフランスの子供を一度に沢山見る機会はなかったので

興味しんしんで観察。




褐色の髪と目の色が大多数のフランス人でも、

赤ちゃんのうちはほとんどが金髪に近くって、カールとかしていて、

エンジェルのような赤ちゃんばかり。

こんなに可愛ければ、みんな何人でも欲しくなるよねー、なんて思うことが多いけど、

10歳くらいともなれば、さすがに個性が目立ってくる。





・・・・・・・・・・・・・・・



いやー、個性ありますよ、みんな(意味深?)。




幼稚園のときから知ってるシルヴィーの娘はいつもかわいい子だって思ってきたけど、

確かに彼女は美少女。

体も均整がとれてるし(って、10歳の子に向かって言うのもなんですが)。



他の子は太りすぎだったり(コレが結構多かった)、ガリガリだったり。

顔にも単なる美醜だけじゃなくて、性格なんかも(優しそう、引っ込み思案、イジワルそうとか)

そろそろ現れてました。



でももっと興味深かったのが、午後6時くらいになって、ママたちがお迎えにきたとき。

10歳の子の親たちだったら、最初の子じゃないこともあるから40代くらいが中心だろうけど、

いくつになっても女を忘れないというパリジャンヌ、

40代の貫禄ある美しさ、大いに期待してました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・





いやー、「女忘れてる人」多かったですねー。

服装とかだけじゃなくて、もう体型とか、姿勢とか、全く省みていない感じ。

いやいや、良妻賢母なのかもしれません。

私も、あっという間に外見にかまわなくなったし(笑 )。

でも太って背筋を丸めるような女性にはなりたくないな・・・・。



彼女のアパルトマンはすばらしいけど、

住んでいる地域はかなり庶民的のせいもあるかもしれない(最近トレンディーとなりつつあるけど)。







それから子供との顔の相似性だけじゃなくって、

髪型とか服のスタイルとか、太り具合とかが見事に一致していたのは笑えた!



かなりやせぎすで、すごく長い髪をしていて、

かわいらしいサマードレスを着ている目の大きい女の子のママはそのまんま大人版だったし。


逆にちょい太り気味で、髪も服もテキトーって、感じの女の子のママもそんな感じだった(笑)。





まさに子は親の鑑、服装も食生活も気をつけなきゃ、と思った次第ででございます。










だーかーらー、私はそんなにムチムチほっぺしてないって言ってるでしょ!
      
人気ブログランキングへ

応援クリックお願いします。













[ 2008/06/11 08:28 ] パリの日々 | TB(0) | CM(5)

ヴェルサイユでお散歩!

週末はお散歩に行ったりすることが多い私たちだけど、

日曜はちょっと足をのばしてヴェルサイユに行ってみました。


出陣前。
DSCN4035.jpg




月曜からまた暖かくなってきたけど、日曜までは惨めな天気。

ピヨちゃん重装備です。(かなり気分が乗ってません! 笑)




「あたちはフキゲンなの!」
DSCN4036.jpg

カメラマンが襲撃された瞬間。











1ヶ月ほど前はすごく暑かったのにねえ。

DSCN3824.jpg






DSCN3825.jpg









乳母日傘(おんばひがさ)じゃなくって、乳母車と日傘(笑)。

DSCN3856.jpg





ともあれ(笑)、こんないい天気じゃなくて、日曜は夕方まではどんよりだったのです。








着いた!

DSCN4037.jpg




「日曜お散歩」モードから抜けきれずに

「わあ、すごい人だねえ・・・」ってのんびり言ったら

「あたりまえじゃん。ここはヴェルサイユだよ!」

って、トナちゃんに笑われちゃった・・・。


DSCN4039.jpg





もちろん目的はお散歩&ピクニックなので、内部の見学は一切省略。




さて、電車の中では爆睡していたピヨちゃん。

まだ寝ぼけまなこ。

DSCN4040.jpg

ん?


ま、まさか・・・・・・・?



DSCN4042.jpg


やっぱり!




DSCN4043.jpg



そうです。

出掛けに乳母車の中に落ちてた使用済みの切符を何気なく渡したら、

ヴェルサイユまで(眠ってても)、しっかり持ってました!



ピヨちゃんのオブセッション(強迫観念)についてはコチラ






そしてお昼のピクニックでも・・・・

DSCN4045.jpg
「捨てなかったの!あたち、エライ?」







DSCN4047.jpg

「でもコレ、どうしたらいい?}





DSCN4052.jpg

「とりあえずキープ・・・」



バゲットのお相伴にあずかっても、しっかり持ち替えて握ってました(笑)。

そのうち周りのほかのものがいろいろ気になりだして、

小指と薬指で切符を握りつつ、人差し指と中指で何か取ろうとする(!)

器用なことを試みていたけど

そのうちようやく手放した模様。




ちなみにピクニックしたのはヴェルサイユの宮殿の裏手、

音楽を演奏中の庭からも程近いこんなところ。

DSCN4051.jpg


お弁当の人のために休憩所が設けられていました。



もちろん、ヴェルサイユはとーーーーっても広いので、

他にも自然に囲まれながらピクニックできるところは沢山あります。




牧場などもある。

DSCN4054.jpg



DSCN4055.jpg

「ひちゅじさんがいる




木のオブジェ?
DSCN4067.jpg




DSCN4069.jpg




DSCN4068.jpg


この可愛い建物はトイレだった!



プチ・トリアノンって、以前は打ち捨てられたふうで見学自由だったけど

改装以後は有料になったらしい。

DSCN4059.jpg

これは入り口付近。






パリの人は週末に公園や郊外の森に行くことが多いけど、

街中の公園より散歩のしがいがあって、森ほどワイルドじゃない(笑)。

なかなかよいスポットでございました。

DSCN4057.jpg



また来ようね!







更新さぼってたらランキング急降下でした!
応援クリックお願いします!
    

人気ブログランキングへ







[ 2008/06/10 08:20 ] レジャー | TB(0) | CM(0)

ラスト・エンペラーの皇后

ロンドンでの会社勤めのとき、日本のように長時間勤務じゃないのに

読書する時間がなかなかとれなかった。

通勤時間は結構あったんだけど、乗換えがあって、細切れで。

私って、集中してしまうとすぐに乗り過ごしてしまう。

新聞だけはちょくちょく読むようにしてたけど、

毎日に追われていると人間がいかに簡単に読書の習慣を忘れられるかって、

恐ろしくなるほどだった。

フランスでの育児生活が始まるにあたって、読書の時間が持てるのを楽しみにしてたけど、

もちろん現実はそんなに甘くない。

日中はピヨちゃんの世話で忙しいし、

ピヨちゃんが10時くらいに就寝するようになったあとでもくたくただった。



でも日本にお里帰り中は母にいっぱい手伝ってもらえたし、

何より家事をほとんどしなかったし、朝早く起きなくていいし、

って、つまりは超ボンクラ、パラサイト生活(笑)。

余った体力と時間を読書に注いでた。

夜10時から1時くらいまで瞬きの間も惜しんで(笑)、毎日1冊くらいの割で読んだけど、

帰国してからはそうはいかない。

第一日本で買いだめしてきたとは言え、貴重な日本の本。そんなに早く読んではもったいない。

でも今日紹介するのは、大事に大事に引き伸ばしつつ読んでも

3日くらいで読み終えざるを得なかった秀作。






「我が名はエリザベス-満州国皇帝妻の生涯」 
 入江曜子  ちくま文庫刊


1988年に単行本として発行されたものが2005年に文庫化されたもの。




著者や分野でまとめて読んでいく私の現在のテーマは、

1920年代から70年代くらいまでの中国。

これは、1932年建国の満州国の皇帝、つまり、ラスト・エンペラー溥儀の皇后だった婉容の話。







一人称で優雅に語られていくこの本は、荒唐無稽な小説でもなく、メモワールでもない。

歴史的事実を緻密に追いながら、溥儀のそばでそれを見守っていくという歴史の側面からの視点。

語り手でもある主人公はほぼ同時進行でその時代を生きていて、

常に先の見えない不確かさの中を手探りで進んでいく。








開明的な父のもと、天津のフランス租界で育った彼女は西洋的な雰囲気と社交と教育を享受した。

しかし運命は16歳の少女を清の廃帝溥儀の皇后の座へと導く。

すでに中華民国の世、清朝は彼女には遠く

ヨーロッパ亡命を考える廃帝が彼女のような人物を必要としているという話に心動かされてのことだった。

同い年の少年との平凡で暖かな家庭を夢見る彼女。

だが前時代の悪習を固持する清の遺臣たちと復辟をあきらめきれない溥儀、

そして結婚まで存在をきかされなかった側妃との間で、彼女は失望と無為の日々を送ることとなる。

運命に抗い続けながらその網に絡みとられていく婉容。

もだえ苦しむ内面が丹念な筆致で綴られ、重厚な心理小説としても読める。

後半、阿片の毒が彼女の清冽だった精神を徐々に侵していく様も生々しい。


しかし一般に知られている彼女についての数少ない事実

「日本嫌い」や「阿片中毒に陥った」ということが、

日本の満州国策や阿片ビジネスなどとの因果関係を示唆されると

全く別の意味を持って来て背筋の寒くなるものがある。




読了感は決して明るいものとはいえないけれど、

ひとりの人間がしっかりと心の中に形造られて、いつまでも消えない。







ほのぼの話題じゃなくてすみません。
今は「毛沢東の私生活」を読んでいるので、次回の本紹介はもっとすごいことになりそうです(笑)。


それでも応援クリックお願いします!
    
人気ブログランキングへ




[ 2008/06/08 07:28 ] 最近の読書 | TB(0) | CM(6)

ちょっとだけお料理特集


トナちゃんのお料理は何度か紹介したけど、

私の料理は1度も出てこない、ってことで

本当に料理することはあるのか?と疑問に思われている方もありましょう(特に身内)。



なんといっても大きな違いはトナちゃんの料理はたまだから、豪華。

時間も材料費も結構かかってる。



私のは毎日だから、いかに30分以内で、時には離乳食作りと平行して作れるか

っていうところに主眼がおいてあるんですねー(威張ることじゃない?)。


だから、これらはお勧めの手抜きレシピです(笑)。


DSCN3849.jpg

トマトソースのパスタにルッコラと生ハムをあしらって。

なぜかトナちゃんが買ってきた季節外れの大根はシーチキンと合わせてサラダに。

でも大根はピヨちゃんに和食系の離乳食をつくるとき重宝している。




DSCN3893.jpg

ポワロねぎのキッシュ。北フランス風だって、トナちゃん喜んでました。

新しく買ったお皿を際立たせるために、シンプルにしてみました(言い訳、言い訳)。





DSCN4006.jpg

鶏肉のトマト煮はアプリコットとチリで甘みと辛さをプラスして。

北アフリカ風にセモリナをそえてみました。





DSCN4015.jpg

パン粉をにんにくとハーブで炒めたものを白身魚の上にのせてチーズをプラスして焼いたもの。

ガーリックライスとブロッコリーのマッシュ、クリームソースがけをプラスして。





シンプルでもいちから作る主義だったんですが、

最近野菜なんかは冷凍食品を利用してもいいかなって思うようになりました。

新鮮な素材が欲しいときに手に入るとは限らないし、

たまねぎがもう刻んであるものなんか、オニオンスープ作りをかなり気軽にしてくれる。

こちらの育児書でも新鮮なうちに冷凍してあるお魚や野菜の離乳食への利用をすすめているし、

ほうれん草を下茹でして細かく刻んであるものなんて、心強いピンチヒッターになってくれそう。





ともあれ、手抜き料理であっても(また言い訳)、

うちで家族でまったりと食べるごはんはいいもんだなーって思います。

先週末私がちょっと元気なかったときに

トナちゃんがシンプルなイカのパスタを作ってくれたけど(あ、また作ってもらってる)、

思いやりのこもった手料理に気持ちがぐぐんと上向きました(結構単純です)。




手は抜いても愛情をたっぷり込めて、っていうのが大事なのよね!(またまた言い訳ですー)






愛情込めて応援クリックお願いしますー!
       
人気ブログランキングへ






 



[ 2008/06/04 12:24 ] パリの日々 | TB(0) | CM(6)

カフェにて

今日も一日ピヨちゃんとラブラブしてまする。



くもり時々雨のくらーい、うっとうしい天気が続いているので散歩に遠出する気になれず、

近場の散歩&ピヨちゃんとカフェに行くっていうのをしてみました。


パリではバー、レストランを含め、公共の場所で禁煙となりました(外のテラスはいいけど)。

非喫煙者はもちろん、赤ちゃん連れ、妊婦さんにはうれしいことです!




午後遅い時間だとカフェも空いてる。

私はホット・チョコレートでカロリー補給!

chocolat.jpg


ショコラ・ショー(ホット・チョコレート)はやっぱりこういうふうに、

ねっとりチョコレートとホットミルクを別々に持ってきて欲しいものです。

結構お高いところでもミルクの中に粉ぶちまけただけ、

あるいは粉の入った袋をそのまま持ってくる、ってことがあって

がっかりしちゃいます。



先週末トナちゃんと入ったカフェでは、私たちが目をそらした隙に

しっかりコーヒーひっくり返し!を決めてくれたピヨちゃんですが

(私のコートの上に。ナイロンだったからびみょーに落ちたけど。)

今日は比較的?いい子でした。

ちなみにまだ手を付ける前だったコーヒーは無料で替えてもらえました。

日本だったらあたりまえかもしれないけど、パリではちょっと感動!な出来事です。




ソファがあいていなかったので椅子の上に座らせて、私が押さえている、って感じ。

そんなわけでいい写真が撮れなかったけど、

日本でカフェに行ったときの写真。
DSCF1209.jpg
着いたばっかり。「借りてきた猫」ふうのピヨちゃん。

ちなみにこの帽子、お気に入りだったのになくしたみたい(涙)。




DSCF1208 copy
だんだん調子出てきたらしい(笑)。




DSCF1215.jpg
自分の家のようにくつろぎ始める。




DSCF1211.jpg
「あたちにはミルクいっちょー、おねがいね!」







クリック、いっちょー、おねがいします!
        
人気ブログランキングへ








日本のお散歩風景

少しずつ紹介してきたけど、日本で撮った写真がまだあるので

古くならないうちに消化していかねば(汗)。

なんたって冬服だし。




日本でのお散歩風景をちょっとばかし。

・・・ん?

そうだ、いつもピヨちゃんばかり撮ってるから
 
これだけ日が経つとどこがどこだか・・・(涙)。





これはたぶん(笑)うちの近くの公園で。新型の日本の乳母車に大はしゃぎ!

DSCN3508.jpg




通りがかりの赤ちゃん連れの方と。
DSCN3502.jpg

初の日本の赤ちゃんとの遭遇もクールにこなすピヨちゃん。





これはたぶん、京都を歩いていたとき。

わかるでしょ、砂利の感じとかで(笑)。



DSCN3521.jpg








DSCN3523.jpg

ど、どうしたの、ピヨちゃん!?








DSCN3524.jpg

あたりまえです!






眠くなってくると、なぜか前のめりになって何かにかじりつくピヨちゃんでした。







押してくれないと、ちょっとまじゅい。
      
人気ブログランキングへ





眠られぬ夜

最近寝不足です・・・。

原因はあの方が必ず1度夜中に起きるから。

前は夜10時から朝8時くらいまでノン・ストップだったのに、どうやら最近夜中にお腹が空くらしい。

これも成長する過程であることなんだろうな、ってミルクあげるけど、

第一の問題はその時間。



大体3時半くらい。

1時でもなく、5時でもない。

とってもつらいの、この時間帯(涙)。




オムツ替えて寝かせつけようとすると、すぐに寝かかるけど、

ベッドにおろした途端、あるいは私がベッドを離れて出て行こうとした瞬間に

目を開けて泣き出す。

メトロの切符みたいに、眠りに落ちかけては私がそばにいるか確認しているんだと思う。)

これが第二の問題。



浅い眠りのためにいろいろなポーズをとるピヨちゃんを観察しているのは楽しいんだけど、

1時間くらい繰り返してもやっぱりだめ。そのままにしようと心に決めかかる。

でもえんえんと泣き続けるピヨちゃんに根負けして戻るか、

私たちのベッドに連れてきて添い寝。

だって、私も寝たいもん。




昨夜もそんな感じで、朝ベッドにいるピヨちゃんを見て

「あらやだー、どうしてこの子ここに来て寝てるのかしらぁ?」

ってとぼけて見せたけど(みえみえ?)、

トナちゃんはシブイ顔をしていた。





彼はピヨちゃんが日本で甘やかされたからだと思っている。

お腹が空いて起きるのはしょうがないけど、一人で寝なくなったのは、

ピヨちゃんが日本で私たちと同じ部屋で寝ていたため。



一緒っていっても添い寝じゃなくて、

ベビーベッドを同じ部屋に置いていただけだけど。

でもピヨちゃん、わかってたみたいだもんね、私たちが同じ部屋にいるのが。

起きてもしばらくは泣くでもなし、一人で可愛いお声でさえずってた(笑)。

そのうち、ベッド周りのカバーを自分で持ち上げてこちらをうかがってる。

それから私が気付いて覗き込むと、それをバッと下ろしてわざと隠れる振りするの!

もう、コレがほんとにかわいい!

こんな風に目覚められたら、その日のハッピー気分100%お約束

DSCN3686.jpg


DSCN3687.jpg



DSCN3689.jpg




はあー、あれはかわゆかったなー・・・

って余韻に浸っている場合じゃなかった。





フランス式(厳しい自立を促す)しつけを推進するトナちゃんには怒られるけど、

やっぱり泣かせたままほうっておく、っていうのはむずかしい・・・。

(ちなみに寝られないし。彼は強力耳栓を使ってるけど 笑)

ああ、今夜はどうなるんだろう・・・。




寝不足母に応援クリックお願いします。
      
人気ブログランキングへ




[ 2008/06/02 23:21 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(2)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。