スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロンドン再会 続き

英語で大勢の人と話すのは久々の経験なのに、

なんだか以前よりスムースに出てくるみたい。

「仕事上の立場」とかいろいろから解放されるだけで、

会話ってこんなに楽しく、楽になるものだったっけ?

レストランでの話が盛り上がりすぎてすっかり遅くなり

タクシーで帰宅。

近くに泊めてもらっていてよかった。

タクシーは黒タクではなく、以前からお世話になっていた「アディソン・リー」と言う会社。

電話予約すればすぐに見積価格と車体番号をテクストしてから迎えにくる。

黒タクよりリーズナブルで、

ミニキャブより(そして黒タクよりも)車も運転手のマナーもよくて信頼できる。




翌日はスローなスタート。

友人たちとのんびりおしゃべりした後

オークションの下見もしつつ、ぶらぶらとショッピングまでしてしまった。

ロンドンのお店は月曜から金曜の10時から6時くらいまでの営業時間のところが多く

私の勤務時間と一致していて仕事帰りのショッピングなんてできなかった。

土曜は込んでいてショッピングする気にならないし。


オックスフォードストリートではもうクリスマスの飾り付けが。

DSCN5991.jpg





新しいお店もちらほら。


DSCN5981.jpg

これはコスメティック・ショップ。

ディスプレイの仕方が美しい。




夜はクリスティーズを中心としたセント・ジェームスズ界隈でのオープニングパーティーのはしご。

6時すぎから始めたら、結局9時までの間に行きたいところを全部回れなかった。

知り合いに近況報告をしたり、思いがけない人に再会したり、

展示物を見るだけでないから、時間がかかる。


DSCN5988.jpg


「また後で、別のギャラリーで落ち合いましょう」なんて言い合っても

ルートが違うと、結局それっきりになってしまう。

この夜は結局知り合い2人と夕食。

そして北ロンドンの別の友人カップルの家にお邪魔した。

同じ業界関係者だけど、以前のご近所さんでもあるので

ひさびさの地元、なつかしい。

静かな郊外のこちらは昨日とはまた別の眺めが見られる。



DSCN5996.jpg



翌日

昼間は知り合いのギャラリーを周り、

ロイヤル・アカデミーの空前絶後の「ビザンティン展」を楽しんだ。

夜は同じことがメイフェア界隈で開催されたけど、

ボンド・ストリートにある友人のギャラリーのオープニング・パーティーにのみ顔を出し

ユーロスターに乗り込んだ。




さようなら、ロンドン。

やっぱりまだ私の街だった。

静かな抜け道も

複雑なバスのルートも

穴場のカフェも

私の記憶から消えてはいなかった。


また来るよ。

でもすぐにじゃない。


ここでの私は一生懸命生きていて、

それはようやく一区切りついたと思う。

私はもう少し人間らしく生きられる国で、

生活を大事にしながらしばらく頑張ってみたいと思う。












スポンサーサイト
[ 2008/11/23 12:20 ] アート、展覧会 | TB(0) | CM(4)

ロンドン再会

先日のロンドン訪問の様子。


あいにくとひどい天気。

曇り空には慣れているけれど、ここまで突き刺すように寒いのはめずらしい・・・。

幸い友人のところに滞在したので、お昼をいただきつつおしゃべりして過ごした。

用事のほうはオークションハウスや、ギャラリーの下見会をかねたパーティーが主で

夕方からだった。


DSCN5973.jpg


チェルシーからテームズ川を望む。

あいにくな天気とはいえ、ロンドンでこんな眺めのいいフラットに住むのはものすごい贅沢。



友人は元同僚のカップル。

それぞれ陶磁器とアンティークのおもちゃのエキスパートだった。

フラットにもおもちゃがあふれかえっていて、それでいて不思議に秩序が保たれていたけれど、

写真にはおさまりそうもなかった。

DSCN5971.jpg



イギリスならではの「座り読みできる本屋」でじっくり本を選んだりした後、

夕方は知り合いのギャラリーをいくつか回る。




DSCN5978.jpg

このイギリス人経営の日本美術ギャラリーとは、以前に合同で展覧会を開催したことがあって

私が図録作成から運営までとりしきったので今でも懇意。


DSCN5976.jpg

相変わらずいい趣味している。


一任してくれる彼とは仕事がやりやすかったけど、

何でも口を出さずにいられない自分の上司とはこのときずいぶんとぶつかった。

「デッドライン」という現実問題を無視して無理な要求を出す上司との間で

ずいぶんと苦しい思いもしたけど

今ではいい思い出・・・?


オープニングパーティーの後、ギャラリーオーナーとその友人7人ほどでイタリアン・ディナー。

全部彼のおごり、って相変わらず気っぷがいいなあ(笑)。





[ 2008/11/22 07:47 ] アート、展覧会 | TB(0) | CM(0)

クマさんぽい娘

ん?こんなところにクマさん?

DSCN5592.jpg


あー、ピヨちゃんだったのー。

DSCN5576.jpg





この日は近所のオーガニック・カフェにお出かけしてみた。

DSCN5585.jpg


お昼時は込みすぎて、お昼を過ぎると誰もいなくなってかえって入りづらいところだけど、

ピヨちゃんが歩き回っても周りを気にせずゆったりできた。

ここのショコラ・イタリアン、濃厚なホットチョコレートが寒い日にはありがたい。

ワイアーフリー・インターネットとホットスポットも売りなんだけど、ピヨちゃん連れでは無理な話・・・。



しかし、はまってますなー、この帽子。

なににって・・・

DSCN5577.jpg


・・・顔の輪郭線にはまりすぎです(笑)、ピヨちゃん。

DSCN5578.jpg




「ピヨちゃんって誰似?パパ? ママ?」

「ううん、ぬいぐるみのクマさん」

「・・・ああそういえば・・・」

なんて会話を将来するんですかねー。



DSCN5594.jpg
「ままー?なにニヤニヤしてるの?」



受験勉強の合間の妄想でした(笑)。





人気ブログランキングへ


しばらく見ない間に訪問者数1万人を超えていました!
(人気ブログにとっては一日のアクセス数かもしれませんけど 笑)
この地味ブログにとってはすごいことです。
いつもご訪問ありがとうございます。


[ 2008/11/15 07:15 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(2)

おばあちゃんの手編み

リールではピヨちゃんにマミ(おばあちゃん)からのプレゼントの嵐が待ってました(笑)。


ボレロ風カーディガン。

部屋着用カーディガン。

手袋。

ベレー帽と、おそろいのマフラー。

ルームシューズ。


え?ピヨちゃん、ちょっと甘やかされてる?



いいんです、

女の子は甘やかされるために生まれてくるんです(笑)!




このうち手袋とルームシューズ以外はすべて手作り。


いいなあ、

手編みのものを着ている子供って「愛されてる」って感じで見ていてこっちまでうれしくなる。

私は編み物全然できないので魔法の手を持つトナちゃんママに感謝、感謝。

ピヨちゃん、いつか私の代わりに習っておいで。






DSCN5946.jpg
ボレロ風カーディガンはちょっぴりきつめなのが残念。




DSCN5956.jpg
ブルーのカ-ディガンはちょっと羽織るのにぴったり。

これ着てバスケット提げて歩いているピヨちゃん、「赤ずきんちゃん」ぽいイメージ(笑)。

DSCN5950A.jpg
その合間にもマミはせっせとピヨちゃんのベレー帽の完成を急ぐ。




DSCN5963.jpg
お嬢様のフィッティングの様子(笑)。

私の留守中に完成したんですが、帽子嫌いのピヨちゃん

めずらしくかぶったまま鏡の前で自分の姿を眺めていたそうです(笑)。




トナちゃんママが参考にしていたのは

な、なんと1930年代くらいのものらしい編み物カタログ!

トナちゃんパパのおばあちゃんが使っていたものだそうです!


DSCN5966.jpg
クラシックな乳母車ですねー。



ご婦人のお化粧用ケープだとか、

子供の水着の編み方まであって時代を感じさせます。



DSCN5970.jpg

この時代にレッグウォーマー!?いえ、ゲートルです(笑)。

今でもフランス語ではレッグウォーマーのことゲートルって呼ぶんですけど。




DSCN5967.jpg
ママが参考にしていたのはこのお花の飾り。

これって今年まさに流行ってるところですよ!




こうして作られたものはまた次の世代に受け継がれていくのかしら。

家族の歴史とぬくもりを感じられるマミからの贈り物でした。






人気ブログランキングへ


[ 2008/11/09 08:02 ] トナちゃん家族 | TB(0) | CM(8)

近況

おひさしゅうございます(笑)。

それなりに定期的に続けていたこのブログ、

最近バタバタしていて更新の暇が・・。

掘り下げたい話題はたっくさんあるんですけどね。

ピヨちゃんの写真もたまっているし。



近況としましては、

先週末、前職関係の用事でロンドンに2泊3日で行きました。

最近のユーロトンネルの火災でいまだにユーロスターのダイヤは乱れ気味。

パリーロンドン間は目の飛び出るほどチケット代が上がっている。

かろうじてリールーロンドン間はまあまあの値段でとれたので

リール経由でロンドンに。ピヨちゃんをリールに預けていくことに・・・。

こんなこと初めてだったから出発の2週間くらい前から心配で心配でしょうがなかったけど、

ピヨちゃん今回は人見知りも夜泣きもなく、リール滞在を満喫してくれたようです。

初めて笑顔でなついてくれるピヨちゃんにリールの両親は大満足だったけれど

犬猫の両氏には疲労の色が濃かったです(笑)。

いじりまわされて猫は寒いお外でお昼寝するしかなく、

ピヨちゃん就寝後に「もういい?」って感じでおそるおそる帰宅してました(笑)。



私のほうはそろそろ再就職を考えていたところなんですが、

とある教育機関を受験してみることに決めました。

しかしそれには仏語のみならず英語でも高レベルの語学証明を提出しなければならない・・・。

そんなわけで、ここしばらくは語学試験関係の情報収集に力を注いでおります。

今のところ英語は12月、仏語は来年2月くらいの受験を考えているのでかなり厳しいんですが、

なかなか本格的にはとりかかれていません。

ピヨちゃん、もうちょっとお昼寝しておくれーー。


受験の様子については、同じようなことをしている方と苦労を分かち合いたいと(笑)

新たにブログを設置してみました。

そんなことをしている間に寸暇を惜しんで勉強しなくちゃいけませんが・・・。




人気ブログランキングへ


[ 2008/11/07 09:17 ] 英語仏語などの問題 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。