スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フランスのスト


昨日のグレーヴ(スト)。

交通機関の混乱は予想ほどではなかったが、

パリで、リールで、トゥールーズで、マルセイユで、人々は街頭に繰り出し、

デモに加わった。

フランス全土で250万人にも上ったという(警察発表108万人)。

年金減少と国民保険料の上昇に不満な元郵便局員。

人員削減の結果、病院の将来を憂える看護士。

国の政策の不手際のために弱者にしわ寄せが来ていることに皆怒っている。

交通機関や保育所のストで日常生活に支障をきたしなががらも

多くの国民がこのストを支持している。



他国から見れば労働条件も社会福利も

相当恵まれているのに文句ばかり、と思われているフランス人。

それでも個人の力を卑下せずに、

一致団結して政府に意見しようという態度は立派。



ストもせずに黙々と頑張る日本人。

迷走する国の政策に振り回されながら

不当に虐げられ、搾取されている気がするのは私だけだろうか?




人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
[ 2009/01/30 09:30 ] 最近のニュースから | TB(0) | CM(0)

パリの剣道大会

週末にはイル・ド・フランス(パリとその近郊)の剣道の大会があった。

土曜は個人戦だったけど、ベビーシッターを優先してくれたトナちゃん。

ピヨちゃんを連れて観戦に行くというのにはさすがに反対できず。

私のピヨちゃんをあんな騒音と雄叫びの中に・・・と思ったけど、

本人は途中で眠ってしまったというから驚き。



日曜日は朝7時おきでチーム戦に出かけていった。

私は前日の疲れでへろへろだったけど、予選を勝ち抜いたと電話があったから、

シルヴィーのところのクレープパーティーもキャンセルして

午後から15区まで応援に出かけた。



残念ながら準々決勝で敗退。

でも本人は久々の試合に満足そうだった。

Photo0291.jpg
手前が(たぶん)トナちゃん。

カメラを忘れていてあわてて携帯で撮った。

応援部隊、気合の入り方がいまいちでごめんなさい・・・。





ピヨちゃんはお昼寝の タイミングを逃してしまい(どうして私といっしょだとこうなるの 涙)

試合の騒音にも負けない声でぐずりだすから玄関ホールへ。

すごい勢いで廊下を何往復もするピヨちゃんを追いかけてますますヘトヘト。



私も練習に行っていたロンドンのクラブでは

小さい子を二人連れて参加していた元警官の日本人ママがいた。

ちょっと繊細な小学生の男の子と、おかっぱ頭のとってもやんちゃな3,4歳の女の子。

その女の子が元気に練習する姿がかわいくて今でも心に残っている。

トナちゃんは、その子みたいにいつかピヨちゃんにも剣道を習わせたいみたい。

私は反対だったけど、このエネルギーの発散場所を考えたほうがいいのかも・・・・。



人気ブログランキングへ




[ 2009/01/28 15:01 ] トナちゃん | TB(0) | CM(2)

試験の日

土曜日にTCF(フランス語能力試験)を受けにソルボンヌまで。

以前語学文明講座に通っていたから、

試験会場となるところにも馴染みがあり、気が楽だった。

うちからバス1本で20分くらいで着いた。

はあー、楽・・・。

通学していたときはまだ郊外在住で2回乗換えをしながら1時間以上はかかったのに。

ソルボンヌは丘の上にあるから

地下鉄を降りてから大きいおなかを抱えて坂を上るのが大変だったっけ・・・

それでも授業の前後には地下にあるトイレに元気に駆け下りていって(妊婦さんはトイレが近いの)、

職員の人から心配されたっけ・・・

などといろいろ懐かしく思い出される。



おなかの中でたっぷりソルボンヌ・フランス語の洗礼を受けたピヨちゃんに

笑顔で「ばいばい。」(←でも日本語 笑)されて出かけた試験会場はパンテオンの脇。

DSCF0745.jpg



朝の10時から夕方5時過ぎまでだけれど空き時間もあり、近くを散歩。

すぐそばのリュウ・ドゥルム。

DSCF0743.jpg


ウルムといったらドイツの都市の名前でしょ、

と終わってしまいそうだけど、

フランス人には特別な響きをもつ。

この通りにあるエコール・ノーマル・シューペリウール (高等師範学校)という

フランス有数のグラン・ゼコールの代名詞だからだ。

外務省をケ・ドルセー、大蔵省をベルシーというように、

有名機関をその所在地で呼ぶことは結構多い。




そしてこちらはパンテオンのすぐ裏手にあるリセ、アンリ IV (キャトロ)。

DSCF0747.jpg


フランスでもっとも有名なリセのひとつ。

ここの生徒達はイートン校並みに、最も将来を約束されているのではないだろうか。

難関グラン・ゼコールに入るための予備課程も有名。

(グラン・ゼコールの多くはリセ卒業後、予備課程2年を経てから入学できる)





試験についてはいつか(たぶん)休止中の受験ブログでくわしく報告する(かもしれない)として

リスニングについてだけ。

30問近い問題を25分で解くので、とんでもなく早口でむずかしかったけど(涙)、

(しかも1度しか聴けない!)

おかげでそれ以来普通のニュース解説がとーーてもゆっくり、はっきり聞こえる (笑)。




つかれはてて帰宅、の前にバスに飛び乗り、セーヌを渡ってピラミッドまで

テレフォンカードを買いに行った。

これがなかなか。

土曜午後の込み合うサンミッシェルのあたりもバス専用路線ですーいすい。

夕暮れのセーヌを眺め、ルーブルの庭を突っ切って、あっという間に着いてしまった。

DSCF0748.jpg





帰宅すると、ピヨちゃんが笑顔でお辞儀して迎えてくれた。

い、癒される・・・

疲労困憊の私のためにトナちゃんが夕食を担当。

ジェジエ・ド・カナール・コンフィ(かもの砂肝を塩漬け保存したもの)のサラダ。

鴨の油でポテトもロースト。



ゆで卵のあまりにいいとろけ具合に

「何分ゆでたの?」

「8分」

「・・・水から?」

「いいや、お湯からだよ」

なぞだ・・・。

それはともかく、シンプルながら美味。

とってもいいマコンも奮発して用意しておいてくれ、私ってシアワセ者だ(笑)。

ピヨちゃんの子守も、ありがとう。




人気ブログランキングへ



[ 2009/01/27 09:06 ] パリの日々 | TB(0) | CM(0)

どうしてこんなひどいことを・・・

昨日ベルギーで保育所が襲われた事件は衝撃的だった。

犯人は20歳の男で、幼児と女性ばかりの保育所に入ってきて次々とナイフで襲いかかったという。

保育士1人と赤ちゃん2人が亡くなり、他にも多数の負傷者が出た。

動機は今もって不明。

精神病歴もなく、アルコールの影響や、絶望の末の犯行とも認められないという。

このニュースが流れるたびに涙がとまらなくなる。

最近、「普通の人」や「いい子」の凶行がこちらでも目に付くようになってきたけれど・・・。





人気ブログランキングへ
[ 2009/01/24 23:47 ] 最近のニュースから | TB(0) | CM(0)

ピヨちゃんのバッグ


クリスマス前にパリでピヨちゃんのプレゼントを選びに行ったと以前の記事で書きましたが、

そのときは結局おめあてのものは見つからずにこれだけ買いました!



DSCF0249.jpg


ピヨちゃんのバッグ!

包装紙の代わりに布地のエコバッグに入れてくれるなんて

なんだか得した気分(笑)。






以前からかばんを持ちたがっていたピヨちゃん。

DSCN5887.jpg


DSCN5889.jpg


DSCN5878.jpg
秋の日差しのアンヴァリッドにて。


2ヶ月くらい前はそれでもあまり重いものはもてなかったけど・・・

最近はトナちゃんの書類かばんまで片手で持ち上げたり、

4リットルのミルクのテトラパックを運ぼうとしたり、益々怪力ぶりを発揮中(笑)。





きれいな色のバッグは早速ピヨちゃんのお気に入りに。

DSCF0390.jpg





「るるっと、 たびの おともする?」

DSCF0356a.jpg





「じゃあ、ひとりでいくもん!」

DSCF0359.jpg



最近はマフラーを巻き、皆に丹念に「ばいばい。」を繰り返した後、

バッグを持って一人すたすたと戸口へ。

二重ドアなので外まで出て行く心配はないけど、

こうあっさりと戸をあけて出ていこうされると、母はちょっぴりさみしいです(笑)。




DSCF0697.jpg
オトナになったねえ・・・。



DSCF0698.jpg



DSCF0693.jpg


ちなみに入ってくるときはお辞儀をしながら日本女子風に(笑)。



人気ブログランキングへ






???のぬいぐるみ


新年にシルヴィーからもピヨちゃんにクリスマスプレゼント。



こーんなトラディショナルなバッグの中に入っていたのは・・・・


DSCF0681.jpg

なんのぬいぐるみだったでしょう?






答えは・・・






DSCF0688.jpg


FMラジオ(笑)!

さすがシルヴィー、期待を裏切ってくれません(笑)。

刺繍のされているボタン、ちゃんと押せます!

自動チューニングもあり。




ぬいぐるみで、

ボタンがあって、

音も出る。


かなりツボだったようで、ピヨちゃん、ボタンを押してはノリノリ(笑)。

DSCF0683.jpg


ひとりでラジオをかけて、

ママから奪ったケータイをいじくる・・・。

いいんだろうか、こんなことで・・・。




人気ブログランキングへ


[ 2009/01/19 17:03 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

プディングの恐怖と三つ子ちゃん



トナちゃんママは仲良し4人姉妹の次女で、

アルザスに住む末の妹がカレーの長姉の家に滞在中なので

急遽お茶会の予定が入った。

海派ではない私には冬のカレーは寒々しいイメージばかりで、

1時間以上のドライブもピヨちゃんが大騒ぎすることを思うと

ちょっとおっくうだったけど、

寒いとはいえ晴天、ピヨちゃんはずっと寝てくれてなかなか楽しめた。

DSCF0456.jpg





お茶会といっても、北フランスではコーヒーを飲むのが普通。

でもお茶の用意もあり、希望者にはシャンパン(私達夫婦がほとんど飲んでいた・・・?)。

そして、クリスマスの後だから、

たっくさんのチョコレートと、

ああ、忘れちゃいけない、

今日の会の真の目的は4姉妹が亡き母の味をなつかしみつつ「プラム・プディング」

をいただくというものらしかった(汗)。

でも私、今年のお勤めはもう果たしたし(笑)、

ブッシュ・ド・ノエルもあって、どちらがいいかときいてもらえたし、

トナちゃんにならって、できるだけさりげなくブッシュを選択。


すると、一同

「ええええーー?tamahoはどうしてプラム・プディングじゃないの?」と過剰反応。

忘れていた、ここはカレーの真っ只中。

皆、プラム・プディング派なんだわ。

でも、トナちゃんには反応しなかったのに・・・。


「tamahoは好きじゃないんだよ。」なんてトナちゃん、余計な助け舟。

私の毎年の苦労が水の泡・・・・。

結局「文化の違い」ということで何とか納得してもらいました・・・(汗汗汗)。

おば様たち、外国人の私に味わってもらいたかったのかも。

無理すればよかったけど、連日はキツイ(笑)。




DSCF0471.jpg


トナちゃんのいとこ達も子供連れで参加とのことで

ピヨちゃんも「はとこ会」の仲間入りができると楽しみにしていたら

それぞれ都合が付かなかったり、体調不良などで、子供連れは他に一家族のみ。


でもご心配なく


これがイースターのときに会った三つ子ちゃん一家

結局とってもにぎやか(笑)。

DSCF0482.jpg


もう5歳になったとのことでぐんと大きくなっていた。

顔もこれなら見分けがつきそう・・・(名前との一致はまだ課題 笑)。

2人がおもちゃで遊んでいる間に、ひとりはパピとマミ(長姉夫婦)にまとわりついていたり、

行動も大分違うのが面白い。

DSCF0466.jpg



とはいえ、かくれんぼや、鬼ごっこ、たちまち人数がそろうのは便利だわ(笑)。

3人も男の子が遊んでいると何がなんだかわからなくなりそうだけど、

ぶつかったりしないよう、ちゃんとピヨちゃんには気を使ってくれた。

DSCF0481.jpg

DSCF0484.jpg

DSCF0475.jpg


かくれている男の子達を不思議そうに見守るピヨちゃん。

「鬼」の後ろに興味しんしんで立っていたりするから

見つかるのはいつも最初(笑)。



そうそう、三つ子ちゃんのママは最近働きに出るようになったのが

「いい息抜き」になっているようで(笑)、

前よりずっと元気そうだった。




人気ブログランキングへ











[ 2009/01/17 10:32 ] トナちゃん家族 | TB(0) | CM(2)

クリスマス・プレゼント


わ、たくさんもらっている、プレゼント!



DSCF0403.jpg



ヴィクトーにはリクエストでDSのソフトを。

DSCF0402.jpg





DSCF0400.jpg


早速遊ぶヴィクトーと、早速おじゃま虫のピヨちゃん(笑)。








マティルドちゃんが去年もらったのは、なんと、これ。

マミ(おばあちゃん)手作りのドレッサー。

LAST YEAR
幼くて、かわいい!



人形の家具や、おままごとの調理台など、一通りのものは作ってあげて、

「もう作るものがなくなっちゃった」ということで、

マミからは今年はおままごとの食器セットなど小さなもの。


DSCF0419.jpg
早速、窓辺に並べる、なんだか絵になるマティルド。



ピヨちゃんにももう少し大きくなったらいろいろ作ってくれるそう。楽しみ!



私達は、パリでは結局めぼしいもが見つからず、

リールでプレゼント探し。

ピヨちゃん本人はまだあまりわかっていないけど、

やっぱりクリスマスに間に合わせてあげたくて。

じゃじゃん。

DSCF0435.jpg



ヴィンテージではないけれど、シンプルな白木で、

実用的(?)な木馬を買いました。

でも座席部分がむき出しでピヨちゃんのやわらかお尻にはイタそう・・・

と思っていたらマミがクッションと飾り紐を作ってくれました!

私もちょっぴりお手伝いしました! (←紐つくりのアイロンかけとポンポン作りだけ 恥っ)

DSCF0625.jpg



ところでこれを買ったとき、スーツケースに木馬を結わえ付けてTGVに乗り込む

シュールなイメージが頭をよぎったのは確か。

そしてさらにピヨちゃん用藤のソファまでもらったとき、

不安はもっと確信に満ちた危惧へと変ったのでした・・・。

(お姉さんは子供用ローテ-ブルまで持ってきてくれたけど、

さすがに断りました 笑!)



他にも木のおもちゃ(子供には木のおもちゃを選んであげたいのでうれしかった!)

などいろいろともらい、

結局パピがパリまで後日車で届けてくれることに!





みーんなピヨちゃんの笑顔が見たくて協力してくれるんだよ。

いつかわかってくれるかな・・・?


DSCF0629.jpg




人気ブログランキングへ






[ 2009/01/15 08:20 ] トナちゃん家族 | TB(0) | CM(0)

クリスマス休暇

クリスマス休暇は・・・



24日夜にトナちゃんの両親と弟でお祝い。
25日お昼にお姉さん一家とおじいちゃんおばあちゃんも来て(これも今回初めて!)賑やかに。
26日にはカレーまでトナちゃんママのほうの親戚の集まりに出かけ、
28日には私達だけ祖父母のところにランチに招かれ、
29日にはトナちゃんの親友一家のところでランチ。
31日はお昼にお誕生日のお祝いをしてもらった後,
夜は友人達との年越しパーティーへ。


その合間にママと2人でピヨちゃんのものを縫うためや編むための材料を買いに行ったり・・・。

トナちゃんとふたりでの外出はあまりなかったけど、

すっかり人見知りしなくなってトナちゃんの両親になついてくれたピヨちゃんのおかげで

私も肩の荷が大分おりてとっても楽にすごせた!

大人4人と犬猫の総動員体制だと、

ピヨちゃんもすごく楽しそう。

もう私のところなんか来てくれない・・・。


主に犬と猫を追い掛け回す日々。

それからパピとマミも(笑)。


DSCF0323b.jpg
「おりてきてったらー!」



DSCF0377 copy


DSCF0311.jpg

パピに抱かれて高いところを見るのが好き。

DSCF0572a.jpg
アペリティフのミュスカの後ろにあやしい人影・・・。


DSCF0576.jpg
何気に邪魔しているピヨちゃんでした!




さて、かなり遅くなりましたが、クリスマスの様子を。


DSCF0415.jpg



誕生会のときは打ち合わせたかのように同じ色の服を着ていたピヨちゃんとマティルドちゃん。

今回はまた打ち合わせたかのようにマティルドちゃんがブル-、ピヨちゃんがピンクのお洋服。

DSCF0449.jpg

女の子は華やかでいいのうー(笑)。





前菜はホタテのソテー、

メインはシャポン(去勢した鶏。巨大。七面鳥よりジューシー)に

パパ特製のセップ(ポルチーニ茸)入りの詰め物をしたもの。

チーズに続き

デザートにもちろんビュッシュ。
DSCF0436a.jpg



でもこれだけではありません。

慣例としてママ特製のプラム・プディングがあるんです。

いわゆる英国の「クリスマス・プディング」。

ママの出身地カレーでは英国の影響を受けてこれを頂くのが一般的のよう。

もともとは植民地であったインドで暮らす家族にも、

クリスマスのおすそ分けを船で送るために作られたというこのプディング。

日持ちのするよう、ドライフルーツいっぱい、もうギッチギチの重さ。

最後にブランデーソースをかけてフランベするのが見もの。


DSCF0443.jpg




が、

お姉さん以外はこのプディング、大の苦手。

無情なオトコどもは

「えええーー、また作ったの!?イヤだって言ったじゃないかー!」と

手も付けないけれど、

ヨメとしてはそういうわけにはいかない(笑)!

ほーんの一切れ頂いても

その重さ(物理的に)。

そのドライフルーツの密度。

食べ終えるのに一苦労・・・。

幸い? ピヨちゃんのオムツ替えが入ったので、

今年は自然な感じで残すことに成功したのでした(笑)。



人気ブログランキングへ




[ 2009/01/10 07:33 ] トナちゃん家族 | TB(0) | CM(0)

新年早々・・・

皆様明けましておめでとうございます(遅っ)。


実は新年早々、軽くニューイヤー・ブルーに陥っておりました。


日本はまだお正月気分にあふれていることと思いますが、

大晦日まででイベントごとが終了してしまうヨーロッパの新年はちょっとさみしい。

ガレット・デ・ロワ(王様のケーキ)をいただいて、エピファニー(公現祭)は祝うけれど。

DSCF0636.jpg
写真撮る前に切っちゃった・・・・。


DSCF0640.jpg
「おーさま はね、 こやって おどるの!」




昔はそれでもお餅を買いに走ったり、栗きんとんまがいのものを作ったりした私

最近はすっかりこちらふうに食べ疲れて、適当な軽めのものを食しております(笑)。


クリスマスまではシャンパンやフォワグラ、チーズが占めていたテレビコマーシャルが

だんだん胃腸薬のCMに取って代わられるのもフランスらしい現象です(笑)。


トナちゃんが2週間も休暇をとれたので

例年のごとくリールにたっぷりお邪魔してきました(また!?)

イベント盛りたくさんで楽しかった反面、なぜかパリに帰るのがいやに・・・。

地方で皆が広々としたところに住んでいるのが無性にうらやましくなったり、

昨年一年自分に進歩がなかったような気がして、どんどんネガティブになっちゃいました。

私は大晦日が誕生日なもので、またひとつ年をとってしまったのも

いろいろ考える原因に。

もしかしてこれがミッド・ライフ・クライシス(笑)?

もともと1月は低調な月だけど・・・。



本当はピヨちゃんがすくすくと成長してくれていて、

家族3人健康で過ごせていることに感謝してあまりあるはずなのに・・・。

でも落ち込んでいるときは理性でわかっているはずのことが

何でもネガティブに見えてきちゃいますよね。



実は受験準備の大半を占める語学試験勉強も停滞気味だったけど、

(日本で英語の試験を受けたあと、そのあまりの大変さから

開放感にちょっと気が緩みすぎでした・・・。)

仏語試験(TCF)の受験日程が決まり、ようやく気持ちが盛り上がってきました。

なんと2週間ちょっとしかない!

もうだめもと。

このTCFは再受験までに2ヶ月をおかなくてはいけないので、

結果が不十分であったとき、再受験の選択肢を残しておくために

早めに受けることに。

とはいえ、受験料が結構高いのでトナちゃんから再受験のダメ出しをされています(笑)。

目の前に目標があるとなんとかがんばれる。

私はやっぱりプロジェクトがないとだめなのかも・・・。


昔のパーティー仲間だった友人の言葉を時々思い出す。

「落ち込んでいる暇があったら、私だったらなにかするわよ!」


友人といっても私より30歳は年上で、

60になってもボーイフレンド探しに熱心だった(笑)。

ポルトガル人らしく、ラテンのヴァイタリティーにあふれていた彼女。

気ままな彼女に約束をすっぽかされることも多かったけど、

この言葉はこれからも見習いたい。


本年もよろしくお願いします!

DSCF0264.jpg
ピヨちゃんの寝顔に今日も癒されて・・・。


人気ブログランキングへ




おまけ


DSCF0261.jpg
・・・・・・・・・ (妄想のうまれる瞬間)。



mikan cut
ああ、日本のお正月が懐かしい・・・(笑)。



人気ブログランキングへ






[ 2009/01/06 23:38 ] パリの日々 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。