スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サマードレスとタイツ

パリはここ数日素晴らしいお天気に恵まれていて、気温も26,7度まで上がって、すっかり夏のよう。

すでに夜9時半くらいまでは暗くならないので、いっそう夏の夕べのような感じがする。

ほんのひと月半くらい前は日も短く、寒さに震えていたのに極端な変化。


こちらは朝晩はぐっと冷えるのだけど、ここ数日は朝から晩まで暖かい。

春物を徐々にそろえて・・・なんて思っていたら、一気にサマードレスが必要になった!

去年は大きすぎて体に合わなかったピヨちゃんのサマードレス、

着せようと思ったら拒否されたけど、2日がかりで説得。

自分で「ドレス着たい」って選んでくるものは分厚いニット・ドレスだったりするのよ~(涙)。


DSCN7574.jpg

ぁ、後ろに見えるのはまだ色を塗り直してないイスです(笑)。


何とかサマードレスは着てくれたものの

どうしてもタイツをはく!と言ってゆずらない。

最近あせもができはじめたから心配なんだけど・・・(ため息)。


DSCN7572 copy




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!








スポンサーサイト
[ 2010/04/29 18:15 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

トラクターがパリに結集


4月27日。

農業の危機を訴えて、各地の農業従事者達がデモのためにトラクターで首都に続々と集まってきた。

その数1500台以上。参加者は1万1千人にも及んだ。

DSCN7560.jpg


一般市民の理解とサポートをも呼びかけているので、通行人が横断歩道を渡ろうとすると

即座に止めて、帽子をとってうやうやしく挨拶。

見た目は迫力でも「人に優しいデモ」の様子だった(笑)。

DSCN7563.jpg




EU最大の農業国フランスを支えているはずの農業従事者は年々苦しい状況に追い込まれている。

しかし政府のサポートははるかに及ばず、怒りは募るばかりだ。

国際農業見本市の開幕式参列という大統領恒例の行事すらすっぽかしてしまったサルコジのUMPが、

地方選で大敗を喫してしまったのも無理はない。






DSCN7561.jpg


カメラを向けていたら、

「隣、まだ空いてるよ~」だって。





人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!







[ 2010/04/28 07:57 ] 最近のニュースから | TB(0) | CM(0)

コラージュ作品



トナちゃんのパパのコラージュ作品。

DSCF7177.jpg





DSCF7179.jpg



DSCF7181.jpg


最近個展の機会も増えていて、

それにつれて作品のレベルもぐっと上った。

構図がシンプルになり洗練されてきた。

また少しずつ紹介していきたいと思う。



人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



コメントお待ちしています!



[ 2010/04/26 16:55 ] トナちゃん家族 | TB(0) | CM(0)

ついにベビーベッドから・・・


ピヨちゃん、まだベビーベッドで寝ているんです。

柵付きのベビーベッドから子供用ベッドに移す時期は家庭によってまちまちのようで、

だいたい2歳から3歳の間。

うちもそろそろ、と思いつつもやはり柵が付いているベッドが安全に思えてまだ変えないでいたら・・・

今日、お昼寝を拒否しながら柵をよじ登って乗り越えかけたピヨちゃんを目撃!

ベッドの位置は一番低いところに設定してあるのに。

ついに来たか、このとき・・・(涙)。

最近公園に行くたびに遊具をどんどん使いこなして懸垂なんかもしっかりするピヨちゃんを見ていたけれど、

どんどんと腕力も付いてきたみたい。

DSCF7267.jpg



あ~、思えばお世話になったこのベビーベッド。

もっと小さいときに、それでも歩き始めてからのことだけど、

どうしても泣き止まない、とか、私に熱があってどうにもならない、

とかものすごく追い詰められたときに

ベビーベッドに入っていてもらったことが数回ありました。

ほんの5分や10分でも、離れて少し休息が取れるだけで

精神的にも肉体的にもものすごく回復できることを知りました。


私は周囲からいわゆる「抱き癖が付く」と言われちゃうほどピヨちゃんが泣いたら

1秒でも待たずに抱き上げてあやしていたし、泣きぱなしで放置していたこともなかったのです。

ピヨちゃんも“私がいっしょにいる限り”無駄に泣かない子だったけれど、

やはり歩き出してからのほうが大変でした。


外からの手助けがなくて追い詰められがちなお母さんに言いたいのです。

何も考えられないくらいに疲れてしまったときに、

泣いている赤ちゃんをほんの短時間ベッドに置いておくのは

悪いことではないと思います。

それでまたお母さんが赤ちゃんに笑顔で接することができるなら・・・。


DSCF7270.jpg



ピヨちゃんによって癒されることのほうが多いのですが

慣れない国に来て出産、ほとんど周囲に知る人もなく育児生活に入ったので

精神的にきつい時期もありました。

ピヨちゃんのパワーに振り回され、ヘトヘト、

体力の衰えが、精神状態の低下につながることもありました。

もうだめだ~、やっていけない、と思ったら、何をおいてもちょっと休息することが大事だと思います。





それにしてもこれからお昼寝してくれないとき、どうしよう・・・。


人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





DSCF7307.jpg

姫、それは野心が過ぎますぞ・・・






[ 2010/04/26 08:01 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

いつでもおしゃれを


マミィ(おばあちゃん)がイースターの飾りセットを買ってくれた。

クリスマス・オーナメントのイースター版といったところで、

木製の卵や小鳥などがパステルカラーで彩色されていて、紐が通してある。

おもちゃにするには繊細過ぎるのに、このかわいさ、がまんできるわけがない。

次々と取り出して、遊び始めた。

そのうちなにをしているかと思ったら・・・。





DSCF7161.jpg

「パピィ(おじいちゃん)、つけて~」

どこに?






DSCF7162.jpg

「耳に決まってるでしょ」

!!!!!




DSCF7163.jpg


あ、どこ行くの?







DSCF7164.jpg

「むふふ

やっぱりそこか。




最近おしゃれ(ピヨちゃん的には 笑)しては鏡の前で確認。

「Je suis superbelle comme ça! わたし、こーするとすっごくかわいいでしょ!」

とか言っちゃってるピヨちゃん。

日々の努力を怠らない態度はごりっぱ。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





[ 2010/04/22 08:36 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

春が来た!

長く暗かった冬がようやく終わり、パリはうららかなお天気に恵まれています。

ほんの1月前と比べると20度くらい温度が違うんではないでしょうか?

晴れていても朝晩ひんやりしたり、風が冷たかったり、なかなかコートを手放す勇気が出ないけれど、

今日は半そで姿の人たちも見かけました。



DSCF7170.jpg
イースターを過ごしたリールでも、着いたときはとても寒かったけれど、
後半いいお天気を満喫しました!



DSCF7033.jpg

寒かったら屋内で3輪車。広いおうちならではです。






DSCF7110.jpg

晴れたらすかさずお外へ!隣が公園なのが助かる。

いろいろな遊具を使いこなせるようになったピヨちゃんを見ていると、

涙で前が曇ります・・・(笑)。

いつの間にかどんどんと大きくなっちゃうんだね。

もう、手を出さなくてもいろいろなものに上れちゃうんだね・・・。





DSCF7244.jpg

私達のマネをして食後のコーヒーをお庭で楽しむピヨちゃん(笑)。




DSCF7012a.jpg

ピヨちゃんの大好きなトントン(おじちゃん)は、
顔だけ見せた後トゥルーズのアナイスのもとへ旅立っていきました。





日も長くなっているのでなんだか急に活動的になり、生活にもいろいろと変化が起こりつつあります。

おいおいとご報告していけたらと思います。



人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



リールに行く前に前髪を切ってあげたら、じっとしていてくれなかったから、
思い切りぱっつん+山形になっていてみっともないです・・・(涙)。

[ 2010/04/20 08:30 ] トナちゃん家族 | TB(0) | CM(0)

夫婦で一泊旅行 ノワイヨンの図書館


二日目の寄り道は

ノワイヨン(Noyon)の街。

有名な大聖堂を見るためです。


DSCF6788.jpg


肥沃な土地に豊かな実り。

このあたり、中世には勢力を誇った聖職者も多く、

優美な大聖堂がいたるところに見られるのです。

このノワイヨンの大聖堂が建てられたのはロマネスクからゴシックへの移行時にあたり

2つの様式が調和した例として知られています。

日曜午前中だったので内部の見学は遠慮しましたが、

内部はゴシック様式の天井がとても優美らしいのです。




しかし外部からとはいえ、私達がその美しさを心ゆくまで堪能できたのは

大聖堂の脇に付設された、木組みレンガ造りの建物。


DSCF6790.jpg



この建物、なんだと思います?

なんと、現在も使われている大聖堂の図書館なんですよ。

1506年建築。

それ以来5世紀にもわたって修道会の大切な書物の住処となっているわけです。


DSCF6786.jpg


素朴で静謐な美と、これを守り続けてきた人たちの頑ななまでの努力。

神への畏敬と同じくらい強い知識への畏敬。

そんなものが感じられて心打たれるものがありました。



DSCF6787.jpg




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





[ 2010/04/02 08:50 ] レジャー | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。