スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秋冬マタニティー・ファッション ニットとアウター

見つけました。

マタニティー・ニットの理想。

P1100622.jpg

マタニティー用の服じゃないけど、オンピールスタイルですっきりフィット。

ワンピじゃなくてチュニックです。

胸元のコードを後ろで結ぶデザインも、すっきり&かわいくて好きな形。

色はローズ・グリ。

値段も20ユーロくらいでお手頃。

(注文して数日後には3ユーロほど下がっていたんですが 涙)

カシュクールだから、授乳にも使える!!

合成繊維100%なのが自然素材派のわたしには残念なところだけど

考えてみれば授乳期に使うには汚れても洗濯機でガシガシ洗えるほうがいい。

もう一枚色違いでヴィオレットを買ったらあまりに強い色で返品。

あまり色のバラエティーがないのが惜しいな。



アウターには前がゆったりのZARAのハーフコートかな。

P1100623.jpg

あれ?色がちょっと違う。どちらかというとこっちに近いかな。




これは前回紹介のニットワンピの色違い。

P1100624.jpg

色はブリック・ルージュ(赤レンガ)。

秋らしい色だけど、特に自分に似合うというかといえば疑問。

でも使いやすい。

他は茶色とかオリーブとか似たような暗っぽい色ばかりだったので、ちょっと色味が欲しくて。



P1100625.jpg

これもZARAで買ったAラインのコートに合いそう。

上だけがボタンだから、お腹をふんわり包んでくれる。


でもいつまで着れるか・・・。



この2着のコート、何年か前に買ったけどほとんど着ていない。

理由はパリの秋冬が寒すぎるから。

日本だったら12月くらいでも10度前後のこともあるけど、

パリはあっという間に零度前後に落ち込むので、

こんなファッション性重視のコートではとても過ごせなくなる。

他にコートを買うか、

ユニクロのヒートテックでしのぐか・・・。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



DSCN0373.jpg

本当に理想のニットはこの間ピヨちゃんが着ていたこれ、なんだけど。

ライラック色。アンゴラ混のふんわり柔らか素材です。


スポンサーサイト
[ 2011/10/31 08:35 ] マタニティ | TB(0) | CM(0)

ピヨちゃんに泣かされる。

最近泣かされること、たびたび。

ピヨちゃんだけの責任ではなく、トナちゃんが極度に忙しい状態が続いていて、

一緒に住んでいるのにほとんど顔を合わせない、なにも頼めない、という状況に

他に誰も助けてくれる人もなく

家事から、育児から、重い買い物からすべて背負い込んでいるせいもあるけれど。





長いことピヨちゃんと公共の場に行くのは恐怖でした。

もう本当にすごい勢いで走り回ったり、言うことを全然聞いてくれない。



他人の子でも注意するフランスなので、

よそのおじさま、おばさまから注意をうけてしまうこともしばしば。

最近落ち着いた、と思っていたのは、まあ、30分以内の短い行程なら大人しくできるようになったし、

幼稚園(午後4時半まで)に入ったことで、一緒に外出する機会が減ったこともあったと思います。



でも近頃は週末もひとりで面倒を見ているし、休暇中なので

パパをあてにせずいろいろと外出を試みているんです。

ベビーカーから解放され、長く歩かせても抱っこもねだらなくなったし、

使える公共交通や、経路が増えました。

これで行動範囲が広がる~(*´∀`*)




と思いきや


成長したかと思っていたピヨちゃん、肝心なところは変わってない!(ノ◇≦。)

RER(郊外電車)に乗れば、大騒ぎ。

大声で歌っているうちはかわいいものだけど、

他の座席にお邪魔したり、

座席通路側についている取っ手につかまり、座席と座席の間でけんすい。

後ろのボックス席に行ったので、人も座ってないし、まあいいかと思いつつふとのぞくと、

片側の座席に頭、向い側に足をのせて腹ばいで人間ブリッジ(?)の状態。

海老ぞりになって、お腹から

「お、おちるよ~」って

あたりまえでしょヽ(`Д´)ノ!


こちらの電車の床って、ほんっとうに汚いのに、

どこでもかまわず床の上に座ったり、うだうだ転がり始めるのも日常茶飯事。



普段言動がしっかりして、おとなびているのに、こういうところはギャップがありすぎ。



日本に帰ったときも母親や兄夫婦達に相談してみましたが、

同じ経験がないようで・・・。

母などは私がいくら電話で訴えてもあまりぴんと来なかったのが

現状を目の当たりにし、

「ここまでとは・・・」

と驚いて、専門家に相談することすら口にする始末。



ピヨちゃんのハイテンションのときだけを目にしたら、

そう考えても無理はないかもしれません。



スーパーに行くと、はしからはしまで全速力で疾走をくりかえすし、

歩道でも200メートルくらい先までひとりで走っていく。

いくら横断歩道や車には注意する子だとわかっていても、

全速で交差点に突進していく姿を見ると毎回心臓が縮む思いです。

これくらいは子供なら普通かな、と思うけど、

スーパーのレジで私が並んでいて身動き取れないときに
(こちらではレジに長く列ができていることは日常茶飯です)

ポケットに持っていた小石であちこちに「お絵かき」(床やドアなど引っかく)をはじめ、

商品の上まで( ;°Д°)ガクゼン・・・・。


私ね、ピヨちゃんには大甘のように思われていますが、

小さい頃から「公共マナー」や「他の人に迷惑をかけないこと」

については厳しく言ってきたつもりですよ。

どうしてこうなっちゃったんだろう。

しかもこの「お絵かき」のときのターゲットを替えるめまぐるしさといったら、

本当にこの子、大丈夫だろうか

と思いが私の脳裏にも浮かんできます・・・。


理解力も状況把握能力(いわゆる空気読みます 笑)もすごいし、

コミュニケーション能力も高いし、

それ以外はかなりしっかりした子だと思うんです。


行動や発達に問題がある場合は、親よりも幼稚園や学校の先生に指摘される場合が多いですよね。

それがただの「わんぱく」なのか線引きが難しいケースはあるとはいえ、

現場で多くの子供を見てきた先生には、やはり相対的に見て「おかしい」と判断できる場合も多い。



ピヨちゃん、学校では全く問題ないようです。

っていうか、模範生!?

先生、本当にそれうちの子のことですか?( ;°Д°)そっちょくにオネガイシマス

とトナちゃんと顔を見合わせたことも数多く。


「子供がみなピヨちゃんみたいだったらラクでしょうね」
(過去の先生発言)


!!!!?????

っていうか、どんだけ学級崩壊進んでるんですか!?щ(゚ロ゚щ)




授業参観とか全然ないんですが、

ピヨちゃんが幼稚園でどんどん新しい歌を正確に覚えてきたりするさまを見ると、

先生の言うことをちゃんと聞いているんだなと思うし、

「今日は他の子が先生の言うことをきかずに校庭に飛び出していって怒られたの。

わたしだけいい子で先生のそばに残っていて怒られなかったよ。」

なんて言うこともあるから、

たしかにいい子でいるらしい。

うちでひとりでテレビ見ているときはすごい集中力だし。



考えてみると、公園に連れて行っても、ピヨちゃんだけ特に活発に見えるときはないし、

他の子とトラブルになったことも皆無。

先日の結婚式のときも多くの子供の中ではまずまずの行儀のよさだった。






フランスでは普通のレベルなのか?

単に世渡り上手なのか?

彼女のTPOのなかに「ママと一緒のときはなにしてもいい」というルールがあるのか?





わかりませ~ん。

今日はちょっとぐちになってしまいました



DSCN0744.jpg
こんなふうに、いい子で座っていてくれたら楽なのにね~(ため息)。
右上がピヨちゃんが「けんすい」するのに使っていた取っ手。





人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





[ 2011/10/27 23:06 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(4)

ひつまぶし

ちょっと前にトナちゃんの仕事関係で

頑張ったね、おめでとう!っていうちょっとしたことがあったので、

その日の夜ささやかにお祝いした。


今回の妊娠ではピヨちゃんのときより厳しく禁酒中の私。

というかつわり時期はあまりに具合悪くてそれどころじゃなかったんだけど。

この日は形だけ乾杯。



P1100621.jpg



大根とニンジンのサラダ。

野菜、きのこ類とベーコンの炒め物。

青梗菜のガーリックソースがけ。

牛肉のしぐれ煮。



そしてメインはひつまぶし。

うなぎはお酒でさっと煮るととろけるようにやわらかくなる。

ひとりずつのひつにご飯とウナギが入っているのが普通かと思いますが、

別々で~す(これって、ひつまぶしじゃない?)。

薬味にはしそ、小ねぎ、わさび、のりなど・・・。



ご飯はひつならぬサラダボウルで卓上でサーブ。

P1100617.jpg



これがピヨちゃんにうけ、

「パパ、まだご飯ある?」

と訊いてはかいがいしくご飯を盛ってくれた。





P1100619.jpg
手に付いたご飯をほおばりながら(笑)。



ふたりのレディーにお祝いされて幸せ者(笑)!



人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!






[ 2011/10/26 07:20 ] パリの日々 | TB(0) | CM(0)

給食とにんじんの秘密

先日イギリスの学校給食に関してジェイミー・オリバーのことをちらっと書きましたが、

今日のガーディアン紙にちょうど、

彼が学校給食の改善が進んでいないことで教育相を批判する記事が載ってました~。
  こちら
国民皆保険の英国では、肥満起因の医療費に莫大な費用がかかっています。

だって給食でバーガーとかピザ、炭酸飲料を出すとか、ほんとうにテキトーなんですもん。

太りますよ、そりゃ。

正しい食生活は小さいうちから、が大切ですね!




今週から全聖節のバカンスに入ってしまったピヨちゃんの幼稚園ですが、

何日かは学童保育にあずけることにしました。

またまた週末も極度に忙しいトナちゃん、週末ひとりでピヨちゃんの面倒を見るだけで私もへとへと。

かといって母子だけで荷物持ってリールに行くのもなかなか大変になってきました。



こちらでは学校のカテゴリーに入る幼稚園。

多少は授業らしきものもあり、ピヨちゃん幼稚園は大好きですが、単なる保育はいやがります。

学校と同じ場所で、普段給食やグテ(おやつ)の面倒を見てくれるスタッフと同じ人たちなんですけどね。

初日は「行きたくな~い!」と前夜から大泣きでしたが、

仲良しさんがいたことで、あっさり「バイバ~イ!」とご機嫌でお別れ。

学童保育で発散してくるせいか、うちでもよいこに~(*´∀`*)タスカル


学童保育の期間も給食。

昨日はお豆のサラダに、メインは七面鳥をミンスしたものになにかのソースがけ(記憶あやふや)。

ベビーキャロットのソテー添え。

チーズはシェーブル(ヤギ乳のチーズです。 オトナ~)。

今日はトマトサラダにミートボール、プロヴァンス風ソース(ま、要するにトマトソースにあれこれ野菜が入ったものなんですけど 笑)

デザートとチーズ、なんだったかしら?(最近3歩歩くと忘れるのよ~ 汗)

とにかく休暇中でも給食はきちんとしているようで安心できます。




ところで、トナちゃんのおうちでは子供の頃

「にんじんをたくさん食べるとおしりがピンクになる」

と言っていたらしいのね。

もちろん脅かしじゃなくて、進んで食べさせるためですよ。

これのどこがモティベーションになるのか、ピンと来ない人も多いんじゃないかと思いますが、

さすがフランス。ピンクのお尻は大きなチャームポイント?

ピヨちゃんにもこれを言うとなぜか張り切って食べます( ´艸`)。

そして学校のお昼のときにもこれを披露したらしい。

あ、ピンクになったお尻じゃなくて、知識のほうです、念のため。


フランスで広く言われていることなのかと思っていたら、

お友達はもちろん、給食のオバちゃん、世話してくれるスタッフ達、

誰も知らなかったらしく

ちょっとした話題になったそう。

その後皆で競ってにんじんを食べるようになった・・・かどうかは定かではありません( ´艸`)。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





いつものカフェで・・・ 回想 その2

なんかいつも同じカフェに行ってるな~、ピヨちゃんと私。

パリの普通のカフェは子供連れ(このときはベビーカー)には狭いし、ドリンク中心なので

行くところが決まっちゃいますね。


ピヨちゃんはここのグルテン・フリーのチョコレートケーキが好きなんです。

いや、全然小麦粉アレルギーがあるわけじゃないんですけど。

マフィンみたいな外見だけど、フォンダン・オ・ショコラ。

ミニ・サイズだし、かなりおいしいです。



スプーン使って、一生懸命食べるピヨちゃん。


P1000688.jpg
「もぐもぐ(はなしかけないで)」




P1000687.jpg
「あ、落ちそう!」




P1000689.jpg
「おいし




P1000684.jpg
「スプーン使ってるふりしてるけど、じつは りょうて 使わないとだめなの・・・」






こんな写真見て、

「あら、tamahoさん、しょっちゅうピヨちゃんとカフェでのんびりお茶?

いいわね~女の子は・・・」


な~んて思った、ア・ナ・タ、

のん、のん、の~ん、ですよ!

静かなのは食べてる間(5分くらい?ご飯食べるのは遅いけど、おやつ食べるのは驚異の速さ)だけで

その後はひと時もじっとせず、カフェの中だろうがなんだろうが走り周り、

「カカ(うんち)~!!」をわざと連発。

こちらはあまりカフェの親子連れというのは多くなく、

特にこのカフェはゆったりしているためか、静かに仕事や勉強している人も多いのに・・・

(あ、冷たい視線がイタイ・・・ ノ◇≦。)

この後のカフェお茶写真がぷっつりと途切れているのは

1年近く出入りを自粛していたからなのでした・・・。





人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!







[ 2011/10/25 07:01 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

いつものカフェで・・・回想

最近ちょっと昔のファイルを見ていたら、

ブログに載せそびれた去年から今年の写真が結構あるなかに

カフェお茶写真もかなりあったんですよ。




なぜか連写しています(笑)。


P1000629_20111024054838.jpg
「まだなんか食べたいよ~」




P1000630.jpg
「お、これなに?」


P1000631.jpg
「チョコめっけ~!」

ホット・ドリンク類にチョコレート付けてくれるところ、ポイント高いです。



P1000632.jpg
「ほしいの?」



P1000628.jpg
「あげないんだけどね」




P1000633.jpg
「あ~、おいしかった」




P1000635.jpg
「つぎはどんなイタズラ、しちゃう?」




時期は去年の夏休み。

まだ幼稚園前だし、まだ2歳だったのね!

こうして見ると、

サイズ的にはあまり変わってないような、

でもやっぱり幼いような・・・。


後片付け中のピヨちゃん、

う~ん、やっぱり今より背低いよね。



P1000637.jpg



P1000636.jpg










人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





[ 2011/10/24 07:00 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

放課後のお茶

最近めっきりと寒くなりました。

朝は7、8度くらいで日中も10度前後。

でも晴れている日は幼稚園の後、まだ6時くらいまで公園で遊んでますよ!

たぶんこれがもう今年で最後、と思うから。


この日は雨が降って、私もいろいろと用事があったのでバスで駅のほうまで出て

オーガニックカフェでお茶。

DSCN0368.jpg

放課後のお茶なんて女子高生みたい(*´∀`*)


ピヨちゃんが「これがいい!」といったので、半分ずつ食べようとマーヴェイユというケーキをとった。

これは上に削ったチョコレートが一杯乗って、中はクリームとメレンゲのケーキ。

でも、ピヨちゃんは結局デコレーションのチョコレートだけが目当てだったようで・・・。

しまった、バースディーケーキのときの失敗をまたやっちゃったよ・・・(ノ◇≦。)


チョコレートをはがされた後のケーキをひとり片付けました・・・。





人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



[ 2011/10/23 07:59 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

学校給食と「食の週間」

公立の幼稚園に行っているピヨちゃん。

お昼は給食。

給食費は世帯収入に応じて8段階くらいに分かれている。

子供の数が増えれば増えるほど安いカテゴリーに下がっていくのだけど。

平均で1日400~500円くらいだから、あまり食べない子だったらもったいないかもしれない。

お昼だけ引き取って自宅で食べさせる親もいる。


給食センターはパリの場合、区ごとに分かれているらしいのだけど、

うちの区が給食に力を入れているのか?内容が充実している気がする。

子供の給食でもクレッシュ(託児所)のときからフルコース、というのはどこでも同じ。

前菜に主菜、チーズとデザート。

でもメニューのバリエーションがとても豊富。

前菜は中に具の入った小さなクレープみたいなこともあるし、サラダ類のときはオーガニック野菜。

主菜のお肉も、ビーフあり、ラムあり、七面鳥あり。

ポークのときは宗教上食べられない子供達のためにセカンド・チョイスがある。

調理法も、ベフ・ブルギニョンだったり、サーモンにはディルの入ったクリームソースだったり、

いろいろなスパイスも使われ、大人の食事と変わりない。

チーズはベビーベルみたいな子供向けのチーズのときもあるけど、

ナチュラルチーズがほとんど。


今週は特に月曜から毎日すごいな~、世界各国の料理に関心のある私たち夫婦でも

あまり知らないようなメニューが出てきてるな~と感心していたら

どうやら今週は「la semaine du goût 食の週間」だったようだ。

食育強化週間でもあり、「五大陸の味」をテーマに毎日違う大陸の新しい味を紹介していた。

フランスのこういうところ、好き~。

イギリスの給食のひどさは有名で、

最近はようやくジェイミー・オリバーという若手カリスマシェフが「食育」を掲げて改善を

訴えているけど、予算も低いし、前途多難のよう。

私も以前あるパーティーで40代、50代、60代のおじさまたちにインタビューしてみたけど、

どの世代にも見事に給食はトラウマとなっていた・・・。





ピヨちゃんの幼稚園では食べない子に強いたり、お仕置きしたり、ということはないみたい。

いいことでもあり、食べない子の親からしたら、ちょっとはがゆいものもあるらしい。

ピヨちゃん、前菜が赤ビーツや紫キャベツのサラダのとき以外はほぼ完食している模様。

うちでは結構好き嫌いを言うんだけど。

給食のメニューをチェックしてから何を食べたか聞いてみると、かなり正確な報告がかえってきて驚く。

トナちゃんも社食があるけど、ピヨちゃんのメニューのほうがいつも凝っていておいしそう。

きくと、ふたりとも同じようにちょっと嬉しそうに、おいしそうに報告してくれるの( ´艸`)。

いいな、給食。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




秋冬マタニティー・ファッション ニットワンピ

今回はラ・ルドウトで買ったニット・ワンピ。


P1100425.jpg


まず、ヴィオレット・ヴィオリンというくすんだ紫色のニット・ワンピ。

かなりシンプルなデザイン。

わずかな袖のふくらみや、ちょっと開きの大きい胸元、ストンとしたシルエットがカジュアルな中にも

かわいらしさがあるかな。



ロング・カーディガンも合わせて買っちゃった。 


P1100426.jpg



マタニティー用の服ではないんですけど、マタニティーの機能重視で買ったので

出産後着るかどうかは微妙なところです。

でも今のところはワンピとして、チュニックとして日常着に重宝。
 
お腹周りさえゆとりがあれば、サイズは普段どおり34/36でいいことがわかりました。

お腹だけは周囲が驚くほど大きいけど、他はかわっていないし。


今回日本でデパートに行く体力すらなかったけど、

用事の帰りに横浜の地下街を歩いていてたまたま買ったアクセサリーを合わせて。




前回記事のレース・ワンピも同じ色だけど、

この紫色はパリの秋カラーの代表かもしれません。

パリのくすんだ秋空にこそ合う感じ。

以前、この色のカーディガンと靴を秋に生まれたばかりの赤ちゃんにプレゼントしたら、

プレゼントの洋服類に同じ色の物がかなり集まったということでした。

赤ちゃんでもこっちはシックな色着せますからねえ。






通販の難しさは、買う時期。

コレクションの出始めに「送料無料」なんかのキャンペーンに載せられついつい買ってしまうけど、

少し経つと結構値下げがある。

このニットとカーディもそれぞれ30~35ユーロくらいで、まあお手頃値段なんですが、

ほんの少し後で10ユーロずつ安くなっていて悔しい思いをしました。

あんまり待っていると、希望のカラーやサイズが売り切れることもしばしばだし・・・。

セールというよりプロモーションの一環なので、

いったん下がった物がまたもとのプライスになることもあるんです。





他に秋色といえばボルドー・カラー。

これも秋口には興味をひかれます。

私のよく着る色ではないけれど、常々ボルドーとグレーの組み合わせをしたかったのでこの機会に。


P1100424.jpg



これはね、着物のような幅広ドルマン・スリーブで、

上半身にがかなりゆとりめデザイン。

今はマタニティーでなくても主流はゆったりデザインですものね。

ヒップの辺りにループがついていて

同色の紐で止めるようになってます、が大きいお腹でそれをやると、強調されすぎてしまうので

胸の下辺りでしばるようにしてます。

まあまあなんですが、これはお腹がすっきりしてからのほうが素敵かも・・・。

メリノウール混で、色合い、風合いががなかなかだし、イヤリングとは色が合っているかな。






人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/10/21 20:40 ] マタニティ | TB(0) | CM(0)

秋冬マタニティー・ファッション

「子供は同じくらいの季節にもつと服が着まわせる」

なんて現実的な声、こちらではよく聞きます。

子供は授かりものだし、実際欲しいと望んでから授かるまでにかなり時間もかかったので

あまり意識していなかったんですが、

今回予定日が2月はじめなので、9月生まれのピヨちゃんとは季節が逆。


まず、マタニティー・ファッションが全然着まわせないことに気付きました。

前回はおなかが大きい時期が夏だったのでサマードレスを中心に過ごせたわけです。



今回は秋から冬にかけて。

「マタニティー専用服」って、割高でもデザインはいまいちなことが多いので

前回は普通の服から着られそうなデザインを選んで買っていました。



それでも、「出産後も着る」ということは案外少ない。

やはり出産後はせっかくおなかもすっきりするのだから気分を変えて違うものを着たくなるし

妊娠中に買ったものは

妊婦さんにしてはかわいく(とか、すっきり)見える」

という条件付きで、その条件が取れてしまうと、どうってことない服だったりするわけです(笑)。

とすると、数ヶ月しか必要でない物にあまりお金をかけたくないですよね。



前回はオンピール・スタイルのものを中心に着ていました。

日本ではベビードールっていうかしら?胸のすぐ下に切り替えがあって、フレアになるデザイン。

妊婦さんにはこういうのが一番すっきりと、しかもかわいく着こなせる気がします。

夏物、特にサマードレスでは見つけやすいこのデザインも秋冬物にはなかなか見つからない。



気温35度くらいある日本から8月末に帰ってきて、すぐに20度前後まで落ち込んだのであせりました。

今回はおなかが出るのが早くてもうかなり目立っていました。



そこで今回はあわててこちらの通販で買うことに。

ピヨちゃんの洋服には利用していても、自分の服を買ったことはほとんどありませんでした。

やっぱりカッティングのラインとか、自分の体型に合うか、とか

色や素材感、細かくチェックしてから購入するほうなので

通販ではむずかしい。

でもマタニティー服だったら、

「とにかくおなかまわりが楽なシンプルデザイン」

をテーマにしぼりやすいわけです。

今はお店をはしごしていちいち試着室に入ったりする気力も体力もとてもないので

通販はラク(つわりがひどい時期はこのネットショッピングすらできなかったんですが)。

最近は返品も楽なシステムになりました。




元祖通販、のラ・ルドウトで。

イギリスでも人気のこの会社、リール近郊のルベに本社があります。

さすが織物工業の中心地だったフランダースです。

もちろん今は家具などなんでも扱っているんですが。

たとえばワンピースなど、20~50ユーロくらいのお手ごろ値段のものがそろってます。




P1100428.jpg


このワンピは春に買ったもの。

カタログ写真に釣られてつい(笑)。

カーキ地に紫のバラってかなり勇気のいるチョイスでしたが結構気に入ってます。

マタニティのつもりで買った服ではないけど、

切り替えの位置が高いので妊娠後もすっきりと着られます。

イギリスで買ったカシミヤ・シルク混のカーディガンと合わせて。

先月はぴったりだったけど今月はもうきついかも(笑)




下はレースのワンピの下に重ね着するように同色のコットン・キャミ・ドレスが付いています。


P1100431.jpg



素材はかなり心もとないんだけどレースが一見繊細でいい感じ。

9月に、気温はまだ下がらないけれど秋物を着たい時期に重宝しました。

もう寒すぎるけど、ロング・カーディガンと厚いタイツを合わせればまだいけるかな?

合わせているネックレスはずっと前にニューヨークで買ったもの。

天然石の組み合わせが気に入っているもの。

このメインの石、紫に見えたり薄緑に見えたりするんです、不思議。





マタニティー・ファッション報告、まだ続きますね。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/10/20 06:33 ] マタニティ | TB(0) | CM(0)

オランドが社会党候補に

日曜日の社会党予備選挙第2ラウンド。

今回も100万人近くの人が投票し、結果は56パーセントで、フランソワ・オランドの勝利。

第2ラウンドに行かれなかった他候補者4人がオランド支持をいち早く表明していたから、

結果は意外なものではなかった。


社会党も、国民の大多数も、望んでいるのは「UMPのサルコジ再選を阻める候補者」。

最初はDSKの陰に隠れていたオランドの急進激も長年の地道な政治活動の結果。

しかしDSKのあのスキャンダルがなかったら、トップに踊り出ることもなかったかもしれない。

彼は「ミスター・いい人」で、表に出るよりは裏方の調整役だったのだ。

比較的敵のなさそうな人が政党総裁=首相に選ばれがちな日本と違い、

「カリスマ」や「アクの強さ」はこちらの政界では大事なキーワードだ。

英国ガーディアン紙では

「社会党の万年控え室ボーイ The eternal backroom boy of the Socoalist Party」

なんて呼ばれ方をしていた(笑)。


でも国民がサルコジの

「bling-bling」(=ジャラン・ジャラン 高級腕時計を見せびらかし、華麗な人脈を誇る彼の成金スタイルを評して)

にうんざりしている今、オランドのようなタイプに信頼が集まっているのも不思議ではない。



それにしても、思いがけず足をすくわれたDSK

(注:宿泊ホテルのメイドが強姦未遂を訴える。後にこの女性が供述を変えたり、麻薬不正密輸などで拘留中のパートナーに「大丈夫、この男は金を持っているから」と電話で話していたことが判明して不起訴となる。ちなみにDNAテストでは性行動の痕跡は「あり」とされた)

フランス帰国後のインタビューでは「不適切な関係」はあったことを認めたし、

リール市の高級ホテル・カールトンが

コールガール・ビジネスに関与していたことが判明した最近のスキャンダルでも

「クライアントのひとり」として名前が挙げられていたからあきれるばかり。

やはり自業自得というべきか。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!


[ 2011/10/18 17:22 ] 最近のニュースから | TB(0) | CM(0)

初乗馬

どんどんと秋が深まるパリ。

こちらの秋は日本と違い、しとしと、じとじと。暗く雨が多い。

でも週末はとってもいい天気に恵まれ、

Lちゃん母娘とその同級生親子の3組で14区のモンスリ公園まで。

とても広大なこの公園。

うちだけで行くときはは南側でのんびりピクニック、が多いけど、

北側にはマリオネットの劇場、遊び場、小さなメリーゴーランドや有料のシーソーなど子供向けアトラクションも多い。

いちど同じメンバーでマリオネット劇場に入ったら、同じくらいの幼児ばかりだったのに、

なぜかピヨちゃんだけ怖がって大泣き。

サーカスがテーマで全然面白くなかったけど別に怖いものでもなかったのに、

その後何日も思い出しては怖がってた。

Lちゃんのママには過保護に思われてるけど、やんちゃなピヨちゃん、

思いがけないところで怖がるのでこちらも参加させるものについつい熟慮してしまう。

でもこの日はシーソー(かご型ブランコ)のスピードにも大はしゃぎ。

乗馬(といってもポニー)にも初挑戦してみた。

Lちゃんは2歳の頃からやっているのだそうだ。


DSCN0354.jpg



Lちゃんはピヨちゃんより何か月か早い生まれで、彼女の同級生は皆5歳だから

並べると小さく見えて心配だったけど、ピヨちゃん、かなり楽しかったみたい。

DSCN0360.jpg



余裕の表情で「ママ~!」「Lちゃ~ん!」と声をかけていた。





人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





結婚披露パーティー

無事に結婚式を挙げて晴れて夫婦となった後、

パーティーは夜。

私たちはいったん帰宅してひとやすみ。



パーティー会場となったのは彼らの出会いの場所でもある家族経営のレストラン。

えりさんのピアノ演奏もあり、あたたかく素敵なパーティー。

フランス式に、とってもリラックスしている。




私たちは激しい夕立のために少し遅れて行ったけれど、

アペリティフ・タイムが2時間以上続くのが普通だから、全く問題なし。

参加者も雨上がりの外に出て喫煙しながら談笑したり・・・。

大好きなロゼ・シャンパンを目にしつつ手をつけられないので、

ジュースで長時間過ごすのは私にはちょっと苦痛なんだけど(笑)。





子供もたくさんいて、遊びまわっても気にならない雰囲気。

子供たちは別テーブルで食事を早くはじめるといっても結局午後9時もかなりまわってから。


P1100399.jpg



大人のほうは10時過ぎ。

えりさんのご家族にはちょっと驚きだったみたい。

私も昔は空腹でお酒を飲み続けるアペリティフという習慣に馴染めなかったけれど、

最近はこの時間配分がわかっているので、ピヨちゃんには前もって軽く食事をさせ

私も出かける前にパンやチーズをつまんでおいた。

もっとも私は妊娠中だからこまめに食べるようになっただけで、

フランスに移ってからパーティーの遅い食事もいつの間にか平気になってしまった。



日本から帰国したばかりで時差ぼけ気味だったアンジェリーナちゃんご一家は12時前に退席。

でも普通デザートタイムは日付が変わってから。


P1100416.jpg



P1100419.jpg


普段9時就寝のピヨちゃんは、この日は特別に遅くまで頑張っていたけれど、

私達もさすがに1時過ぎに退席した。

歩いて帰れる距離で、ピヨちゃんも意外にも抱っこもねだらずスタスタ。

パーティーは夜通しなのでもちろんこれからが本番。

他のたくさんの子供達は隅っこで寝たり・・・。

「子供のために早く帰る」という選択肢はフランス人にはあまりなかったりする・・・。




ダンスタイムもかなり夜が更けてから。

新婚カップルの愛のダンス。


P1100410.jpg

うっとりと見守るピヨちゃん。




P1100407.jpg



貴女がお嫁に行く日はママ絶対泣いちゃう。

急がなくていいからね。









人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/10/16 07:43 ] パリの日々 | TB(0) | CM(0)

登録式


P1100369.jpg

市役所のホール階段で
昔一緒にえりさんにあずかってもらったことのあるアンジェリーナちゃんと一緒に。



フランスでの結婚は市役所での登録式が欠かせない。

その後で、あるいは日を改めて教会で式を挙げてもいいけれど、

登録式だけで済ます人も多い。

普通のスーツで来るカップルもいれば、きちんとドレスを着る人もあり、

えりさんはドレスで登録式のコース。

私もそうだった。

伝統的にはカトリック国のフランスだけれど、実は政教分離にどこよりも力を入れているから、

結婚式や洗礼式など、人生の節目を全く宗教を入れずに厳かにお祝いすることも可能。

そのため市役所のセレモニーホールはとても厳粛で素晴らしい雰囲気で迎えてくれる。


P1100380.jpg








人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!

[ 2011/10/15 22:14 ] パリの日々 | TB(0) | CM(0)

結婚式

9月はじめの結婚式。

ず~っと前にピヨちゃんのベビーシッターをしてくれたことのあるピアニストのえりさんが花嫁になった。

すぐ近くだからバスでお出かけ。

イギリスからトナちゃんの友人の結婚式に参加するために飛行機に乗って出かけたことは何回かあるけど、

路線バスで行く結婚式、はじめて(笑)。

まだつわりから回復してなかった私にはありがたかった。





P1100353.jpg

あらら、アンニュイなピヨちゃん?







P1100392.jpg

いやいや全然元気ですから!




8月末にがくっと寒くなったから、私にもピヨちゃんにも秋物を用意していたけれど、

この日は驚異的に31度まで上った。

結局私はシルクのキャミソールドレス、ピヨちゃんはリネンのドレスに変更。




P1100355.jpg

素晴らしいお天気に恵まれてよかったけれど、花嫁さんも暑くて大変。



P1100359a.jpg

「すいぶんほきゅうは わすれずにね。」







次回に続く(と思います)



人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!






[ 2011/10/13 06:15 ] パリの日々 | TB(0) | CM(0)

社会党予備選挙

フランス最大の野党社会党。

2007年の大統領選では社会党候補のセゴレヌ・ロワイヤルが49パーセントまで票を伸ばす接戦となった。

辛くも逃げ切ったニコラ・サルコジだけれど、この人が大統領の座についてから右派は負け続き。

伝統的に右派が強い上院ですら、先月末の選挙で左派に過半数をとられてしまった。


来年の大統領選では右派UMPに左派社会党が競り勝つのでは、という見方がずいぶん前から根強い。

出馬さえすれば社会党の最強候補と見られていた元IMFトップのドミニク・ストロス・カーン(DSK)が

ホテル従業員への性暴力スキャンダルに巻き込まれ、不起訴になったものの足を取られた形で出馬不能になった。

その後混迷するのではと思っていたら、DSKの前に少し陰が薄かった他の候補達が確実に人気を伸ばしている。

予備選への出馬に6人が立候補(うちひとりは厳密には社会党でない)。

たくさん出過ぎて収拾のつかない事態になるのではというUMPの期待を裏切り(?)

先月のフランス2の公開テレビ討論では6人そろってクリーンにディスカッションが行なわれ

視聴率は22パーセントを超え、社会党への期待がますますうなぎのぼりの予感。



そして日曜日の社会党予備選挙。

党内の予備選だが誰でも参加できる(参加費用1ユーロ)。

どれくらい投票者がくるか、事前の予想がつかない種類の選挙、

蓋を開けてみると250万人もが投票。

これだけでも社会党には確実な手ごたえ。


結果は前社会党書記長のフランソワ・オランドが38パーセントを超え、1位。

でも過半数を超えていないので30,67パーセント獲得で2位のマルティヌ・オブリー

(現書記長で、リール市長)とともに

第2ラウンドへ。



驚きは3位にアルノー・モントゥブールが17パーセント獲得で食い込んだこと。

まだ48歳。

脱グローバリゼーションを主張する急進左派。

討論のときの明晰で説得力ある語り口は印象的で最近とみに人気が高い。

montebourg.jpg
モンブール氏。フィガロ・サイトより。


甘いマスクで中高年(女性? 笑)にも人気。

たとえ予備選で落ちてもこの人は大きな知名度を得て、立候補のメリットは大きかったと思う。




逆にやめておけばよかったのに・・・と思っていたのは前大統領選候補だった

セゴレヌ・ロワイヤル女史。

この人は最近でしゃばればでしゃばるほど人気が落ちていくような気がする。



カリスマはあっても具体的政策が見えない、という弱点は大統領選以来改善されていない。

彼女ほどの華やかさやカリスマには欠けるが

誠実に、堅実に、そしてタフに地盤を固めていくオブリー女史に

社会党書記長選で敗れた時点でなにか悟るものはなかったのか・・・。

7パーセントにも達せず、上位3位に大きく引き離された4位という無残な結果に

さすがのロワイヤル氏もショックを隠せず、涙混じり。



Royal-en-larmes 2
涙にくれるセゴレヌ・ロワイヤル。EUROPE1のサイトより。


ここまでの惨敗は驚きにせよ、勝つつもりだったなら相当ピントがずれていた。

以前あそこまで戦えた大統領選候補として、今回は大きく構えて脇にいるべきだったのでは。

前回の大統領選で、カップル関係は破綻していながらも全面的な協力を約束してくれたオランド氏と

ガッツリ取り組んでここまで見事に負けをさらすとは。



ロワイヤル氏の4人の子の父親でもあるオランド氏は切れ者なのに、

小太りの冴えない風采で知られていたが、

新しいパートナーの美人ジャーナリストとの関係も順調。

イメージアップをねらって、減量してシャープな外見に見せることにも成功。


hollande et aubry
フランス2の討論会にて。左がオランド氏。右がオブリー氏。フィガロTVサイトより。



ロワイヤル氏にはファーストレディーの道も残されていないなんてちょっとお気の毒・・・
(もっとも本人はそんなものには全く興味がないだろうけど)。

とはいえ、第2ラウンド、

モントゥブール氏の票はオランドよりもオブリーに流れるという見方が濃厚で、

オランド氏の勝ちはまだまだ不透明だ。





人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/10/11 16:48 ] 最近のニュースから | TB(0) | CM(0)

フランスの一番の敵

・・・それはなんといってもイングランド。

英国ではなくてイングランド。

中世にさかのぼっても政治的にも文化的にもライバルだったこの2国。

それに比べたら近代のドイツとの軋轢はとるに足りないものかもしれない。




サッカーやラグビーの国際試合となると英国チームではなく、

イングランド、ウェールズ、アイルランド(サッカーでは南北に分かれ、ラグビーでは合同)、

スコットランドと、それぞれに分かれて出場してくるので、

このイングランドVSフランスが両国にとって、もっとも燃える組み合わせとなる。

スコットランドなんかは「敵の敵」なのでつまり友、といった親近感さえあるかも。



たいてい実力も均衡しているけれど、

そもそも相手が強いから勝ちたい、弱いから負けないなんていうレベルの話ではなく、

とにもかくにもこれだけは面子にかけて負けられない試合、となるのだ。




今はラグビーのワールドカップの真っ最中。

土曜朝(現地ニュージーランドでは午後)の対イングランド戦。

いつもは寝坊するトナちゃんも9時には起きて張り切って観戦。

なかなか拮抗した好取り組みで、結果は19-12でフランスの勝ち。

最後までやきもきしつつ身をよじらせながら見ていたトナちゃん、

(この間、何度もパパと電話で話し合う)

興奮して曰く、

「もうワールドカップでこのあと負けようが何しようがなんでもいい。

とにかくイングランドに勝ったんだから!」


これってフランス人の多くが共有する感情かも。



フランスチーム監督のマーク・リヴィエルモン、

記者会見では不機嫌を隠そうとしないときもあるけれど、

TF1とのインタビューに満面の笑み。

試合を振り返りつつ最後には



「Battre les anglais, quel pied! (とにかく)イングリッシュをやっつけるって、最高だよ!」


インタビュアー(実は以前のラグビー選手でチームメート)にキスまでしていた。


rugby 2


この日は「三銃士」を思わせるような口ひげで登場。
(試合に勝ったら口ひげをキープする、と公言したそう)

口の片端をちょっとあげる笑い方がハリソン・フォードみたいでなかなかよいのだ




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



[ 2011/10/10 20:07 ] 最近のニュースから | TB(0) | CM(0)

ピヨちゃんの七五三写真

七五三って来月じゃ・・・

だいいちピヨちゃんもう4歳になったんでしょ・・・




って思いました?

そうです、

でもピヨちゃん夏に日本で「ギリギリ3歳の七五三記念撮影のみ!」というのをやったんです(長っ)。

ちなみに写真撮影の後で神社にお参りのみに行きました。

普通は数えの3歳でやったり、その年の11月までに3歳になる満3歳でやるので、

ちょっと大きかったかもしれません。

でもお宮参りのときも生後半年くらいに日本に帰ったときにやったしねえ。

神主さんは「お、大きいですね・・・」とちょっと引いてました(笑)。



どうしても「3歳の七五三」をやらせたかったんです。

なぜかというと、お被布を着せたかったから(*´∀`*)八。 よっ、これぞ日本の女の子。


そして、ますますフランス女子化していくピヨちゃんに

「やまとなでしこ」の心を思い起こさせるという、

とてつもなく大きな母の野望もありました。





でも大変だったんです、「やまとなでしこ」に仕立て上げるのがっ(ノ◇≦。)ううう・・・。

他のお子さんがさくさくっと笑顔でポーズをきめて、さくさくっと終えてる中で

1時間近くもバトルをしたでしょうか щ(゚ロ゚щ)(そ、そんなに・・・)。



スタジオアリスさん(ご迷惑をおかけしました、うう)で撮ったんですが、

まず、たくさんあるプリンセス・ドレスを目にして、そっちがよくなったらしい。

(そんなの着せるために日本で写真撮影したわけじゃないのよ!ヽ(`Д´)ノ )

着物には全く興味を示さないピヨちゃん。

ちょっとあててみても

「やめてくださあい」

と日本語で気のない返事。

でもそこは無視して、私好みの古典柄を何点かピックアップしてさくっと決めて、お着替え。

環境の変化がちょっと苦手なピヨちゃん、スタジオの人が着付けをするのにすご~く不安げでしたが、

かんざしを挿してもらってようやく笑顔がのぞきました。




ピンクか白の足袋のチョイスがあって、びっくり。

私的にはカラー足袋なんてありえませんが(←保守派)

現代的デザインの着物だったら色物もかわいいのかな?

そしていざ撮影に臨んだんですが・・・



いきなりミニーちゃんと撮影。

でもあまりディズニーものには親しんでないピヨちゃんにはアピールがなかったらしい。

慣れない撮影にぶんむくれ。

スタジオの人たちが一生懸命あやしながら話しかけてくれるのも

日本語の機関銃のようで、あまり通じていない様子。

ピヨちゃんにしてみれば、いきなりヘンなところに連れてこられ、ヘンなものを着せられ、

知らない人に囲まれる、というちょっと苦手な状態でした。



私のそばに駆け寄ってきたがったり、

むずがっては付き添いの私の椅子に座ろうとしたり、

とにかく何にもことが運ばない。

唐傘や手鞠など、小さい頃から日本舞踊をやっていた私がゾクゾクするような古典アイテムも

撮影小物として用意されてたんだけど、

どうもピヨちゃん、こういったものに対するアイディアが全くない、というか、

おそらく日本でだったら小さな子でもなんとなくどこかで目にしたことがあるような、

七五三=着物でおすましみたいな概念に欠けていた気がする。



傘は振り回すわ、手鞠ではキャッチボールしようとし、

挙句の果てには

撮影中の隣のスタジオに投げ込んでしまった・・・

(ノ◇≦。)わ~ん、もういやっ


普通だったら「う~ん、これかわいい!あ、こっちもよく撮れてるわね!」

と目移りしつつ、結局予定以上のショットを買っちゃうもんでしょうが、

これだけ時間をかけても全滅状態と思われ、

「お気に入らなければ後でお撮りなおしもできますから」という

型どおりの親切な言葉にも

恐怖しか感じなかった私ですが(щ(゚ロ゚щ) そ、それだけはご勘弁を・・・)

ついにありました、奇跡の一枚、が下の写真。




じゃじゃじゃ~ん!

blog753 II

(でかっ。)




「和風」でしょ?

「やまとなでしこ」でしょ(*´∀`*)?

ちょい内気そうに笑ってるし

足も八の字にそろってるじゃないのっ。

そんなの0.5秒の間だったのにプロってすごい!



まあまあ?な別ショット。

753 kasa blog

・・・何かがちがう。

笑い方?傘のつかみ方?

7歳になるまでには「やまとなでしこ」の心を会得して欲しいものです。







人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





[ 2011/10/08 06:25 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(4)

公園でのイベント

土曜日にいつも行く公園でちょっとしたイベントがありました。

子供向けのイベント。

各種ワークショップやクイズやら、くじ引きやら。

そろそろ暖房が入ろうかという時期のフランスでは珍しい30度近い天気。

P1100569.jpg






P1100566.jpg



ダンス・ワークショップなど、イベントの多くは幼児向けではなかったけど、

ピヨちゃんも青空の下、

クレッシュのときの同級生と遊びまわって楽しみました。




P1100567.jpg





P1100571.jpg


青空の下でなぜかお絵かき・・・

できるじゃん、うちでもそんなの!と思ったけど

いや、ペンがなくてできない子だっている・・・とトナちゃん。

そ、そうなの?

これはCAF(子供手当てなど家族の福利厚生を扱う組織)が主催に関わっていたけれど、

そういう平等機会を与えるためでもあったのだろうか。









公園で遅くまで遊べるのって、もうほんのひと時の間。

今月末にサマータイムが終わると、早くに暗くなり、すっかり冬の始まりです。







人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/10/06 06:08 ] パリの日々 | TB(0) | CM(0)

ピヨちゃんがお姉ちゃんに・・・

ご報告が遅くなりましたが

順調に行けば、来年2月には

ピヨちゃん、お姉ちゃんになる予定です。




とんでもなく長く苦しいつわりのため、4ヶ月近くも世間から消えていた私ですが

その間、不義理をした方々ごめんなさい。

とにかくコンピューターを使うのが苦痛でメールもできず、テレビも読書もひどい頭痛のもと。

外界から一切遮断されてベッドでのたうちまわってました。

ピヨちゃんの時の何百倍も大変でした。

まだまだ疲れやすいですが、少しずつマタニティーライフについてもご報告できたら、と思います。



ピヨちゃん妊娠中の半分以上の期間はイギリスに居たので、

2度目とはいえ、なんだかまた異国で妊娠生活の感じです。

特に前回彼はパリ、私はロンドンで仕事中だったのでまだトナちゃんと別に暮らしていて、

「実家ともだんなさんとも離れていて大変」、の同情を受けつつも

仕事だけして、適当にひとりゴハンして、寝るだけ、の生活はずっとラクだったよなあ・・・

な~んて思うことも。



まあ、つくづく思うんですが、

私が調子よくなってピヨちゃんの相手ができるようになると

けっこう落ち着いたいい子になってくれるようで、

具合悪いときは

向こうも構ってもらえない、外にも連れて行ってもらえないフラストレーションが高じて、

どんどんと手が付けられなくなり、こちらのストレスもどんどん溜まる・・・

という悪循環になるもんなんですね。

どうしようもなくなり、日本の実家に転がり込んだ間に

父が事故にあってしまい入院、母も体調を崩す、という事態で

わたしもなかなか休めない状態だったのですが、

ピヨちゃんのワルぶりもピークで

もうそのときは「どうしてくれよう、このクソガキ」とか毎日思ってましたから(笑)。

普段はね、毎日毎日ピヨちゃんを授けてくれたことを天に感謝してます、ほんとですったら。





最初日本の生活にあまり適応できず、

夜は寝ないし、ゴハンもあまり食べず、トイレにすらほとんど行かなくなってしまったピヨちゃん。

はあ~、日本にいたときほど育児に悩んだときはなかったかもしれません・・・。



妊娠のごく初期は「こんな溺愛しているピヨちゃん以上に次の子を愛せるかしら」と悩み、

つわり期間はもうそれどころでなくなり、子育てそのものに不安になってしまいました。

でも体調が復活してくると、徐々になんとかなりそうな気になるもんですね。



ピヨちゃんも

「べべちゃんは私のお部屋で一緒に寝るのよ~」

と事態を徐々に受け入れつつあります・・・。






人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!

[ 2011/10/04 06:30 ] パリの日々 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。