スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クリスマス・サーカス

会社でも友人関係でも、12月の声を聞けばクリスマス・パーティーのお誘いばかり。

一度は友人同士の予定が合わず、11月のうちにクリスマス・パーティーしちゃおう、

なんて話も出たロンドン時代ですが、

フランスではもっと「ファミリーで祝うもの」というスタンスのせいか、

あまり派手に騒がないような気がします。

でも子どもにとっては大イベント。



トナちゃんの勤め先では毎年かなり前にカタログが回ってきて、

子どもへのプレゼントを選ぶとそれが「支給」されていましたが、

今年は4歳になったためか趣向が違い、

「サーカスへの招待」と

おもちゃ屋さんなどで使えるギフト券でした。


アレクシス・グリュスというサーカス団。

場所はブーローニュの森。

一般公開されているイベントですが、この時期、企業などが

子供へのクリスマスイベントとして1セッションだけ貸切にすることはよくあるようです。

まだ11月なのでクリスマスには早いんですけどね。

4歳から12歳まで。

4歳未満は絶対に入場不可ということですから、乳児が下にいたら難しいかも。




サーカスは初めてのピヨちゃん。

到着してまず、ふかふかフェルトのおやつ袋を渡されてにっこり。

P1100649a.jpg

チョコレートやキャンディ、ビスキュイだけでなく、お水やコンポートも入っていて、

なかなかの内容です。






上演中はフラッシュあるなしに関わらず撮影禁止だったので、

始まる前の様子のみ。

P1100647.jpg

私も実はサーカスはじめてかも?



生オーケストラ付きで

主に馬を使った曲芸が多かったんですが、

象を使ったコントなんかもありました。

床屋さんが無理やりお客を座らせると、合図して出てきた本当の床屋はなんと象さんで、

クシを使って梳かしたり、髭剃りのために泡だらけにしたり、

その後、勢いよく鼻でシャワー出したり、ってな筋です。



ピヨちゃんも結構楽しめたようです。

(途中退屈しておやつを平らげることにもっと集中してましたが)

P1100652.jpg

うれし、はずかし、サンタさんと記念撮影。






平日(学校のない水曜)だったんですが、共働きの多いパリですから、

付き添いには両親のどちらかが休みを取らなくてはなりませんよね。

トナちゃんの職場では社食に明らかに人が少なかったそうですよ( ´艸`)。

仕事から直行、なスーツ姿のパパ達もちらほらいて、

小さな娘といっしょにピンクのわたあめをほおばったりしているのが微笑ましかったです(*´∀`*)。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




スポンサーサイト
[ 2011/11/24 08:14 ] レジャー | TB(0) | CM(0)

妊娠中の体重と赤ちゃんの体格

ピヨちゃん、4歳2ヶ月。

身長約104センチ。体重16,3キロ。

かなり平均値。

ここ1年ぐらい、ず~っと15,5キロのままで、はた目にはどう見てもやせても小さくもないものの、

ちょっと心配しましたが、最近、ぐんと増えました。

生まれたときは49センチ、3400グラム

これもこちらではごく平均値ですが、日本の基準から見たら「ごりっぱ」な部類ですかね?

私の母方の家系は体格に比して赤ちゃんが「ごりっぱ」みたいです。

私の母はほそ~い人ですが私は3680グラムで生まれたし(トナちゃんよりずっとデカイ 笑)。

そのせいか?私もお腹だけやたらとすごいんです(笑)。

今のとこ、べビちゃんは平均体重だし、羊水も多いわけじゃないのにね。

2番目は早くお腹が出る、と一般に言われるとおり、まだ初期に、つわりがひどくて

体重が減ったようなときでもお腹だけはぽこっとしておりました。



そして今。

妊娠8ヶ月(日本式で。フランス式では普通の月数で数えるので妊娠は全部で9ヶ月。私は妊娠7ヶ月)。

皆臨月のような扱いをしてきます(笑)。

もうすぐでしょ?」ときかれて

「いや~、来年ですよ~」とのんびり応えると皆のけぞって驚くのでちょっと気恥ずかしいです( ´艸`)。

でもピヨちゃんのときも中期には臨月並みのお腹になり、周りからさんざん

「ふたご?」

「このままいくとどうなっちゃうの?」

とからかわれたもんですが、終わりの1,2ヶ月は落ち着いて同じくらいの大きさでした。


ちなみに体重も、初期はあまり増えず、中期に「ヤバイ!」というくらい急に増え、

後期に落ち着き気味になりました。

日本人はこういう人、けっこう多いようですね。


実は今回はまだまだ右肩上がりに増えていて、

今朝計ったら10キロ増近くなっていて、ちょっとあせりました。

でもピヨちゃんのときも10~11キロは太ったけど、すぐに戻ったし、

今回はスタート地点が初回の妊娠時より体重がすくなかった(前回50~51キロ、今回47キロ)ので、

12~13キロくらい、いいかも( ´艸`)?みたいな。



ピヨちゃん出産時くらいまでは、

日本では体重管理が厳しく言われ、5~8キロ増が奨励されていて、

それを越しそうな妊婦さんは検診のたびに「無責任な母親」といった感じでひどく叱られるので

前の晩からご飯を抜いて検診に臨む、なんて極端な話をずいぶん聞きました。


でもようやく日本でも母体の体重制限のために低体重児が生まれることの弊害が広くとりあげられ、

より自然志向になってきたようです。

日本人はもともとヤセ気味の人が多いですからね、10キロ前後の体重増加は全く問題ないと思うんですよ、

正しい食生活を守っていれば。




話は戻って、私のお腹なんですが(笑)、結構スマートな妊婦さんが多いパリでも

病院に行くと大半は体そのものが大きくて(というか大きくなってくるのか?)

お腹だけ目立つわけではない、という人が多いです。

私は他(顔、首、手足)などあまり変わっていないのに

お腹だけ普段の3倍以上の厚みで前に突き出しているので、

なんだか今にも破裂してきそうな危うい感じを人にあたえるようです( ´艸`)。



その一方、ふんわりコートを着て座っていると気付かれないときも多く、

チキンな私は優先席にびくびくしながら座ってます・・・。



DSCN0801.jpg
私のお腹(部分出演)とピヨちゃん。






人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/11/21 18:37 ] マタニティ | TB(0) | CM(0)

ジャルダン・デ・プラントの動物園

ちょっとご無沙汰しました。

ちょっと前まで夕食が終わるやいなや勉強していたトナちゃんと

最近はゆっくりお話したり、一緒にテレビや映画見たり、普通のカップルっぽく夕べを過ごしています(笑)。

基本は勉強がないときでも彼はコンピューターゲーム、私は仕事かブログで

別のコンピューターをバラバラに使って過ごしていることが多いんですけどね。



週末もようやく普通の家族っぽく(?)一緒にお出かけしてます。

ジャルダン・デ・プラント(植物園)はうちから遠くないのでたまに行きますが、

内部の動物園に家族で行くのははじめて。

ちなみに4歳から有料。

フランスでは何でも4歳から料金がかかるものが多いです。

ここのように4歳から25歳まで同料金っていうのもなんだかヘンな気がしますが・・・。





P1100629.jpg

こんなとこ、私一人だったら絶対乗せてあげられないわ・・・。







P1100645.jpg

仲のいい、オウムさんたち・・・。


これはいわゆるzoo ではなくて ménagerie (研究目的の動物園)のほうなんですが、

思ったより広く、多彩な生き物がいて面白いです。

爬虫類とかもたっぷりいます。



P1100638.jpg



P1100639.jpg






帰りは近くのモスケでミントティーでも、と思いつつ、

ポットやおやつのクッキー類を持参していって正解でした。

木のテーブルがいたるところにあるし、

長時間屋外を見学して、冷えてきた頃にちょっと一息つきたくなるのです。

うちのピヨちゃんはご飯のとき以外はいつでも「おなかすいた~~!」とうるさいし。

ご飯のときだけは「もうたべたくな~い」「おなかいっぱ~い」ばかりで

食べさせるのにいつも苦労してます。




動物のおうちもかわいい。

P1100631.jpg

これなんか気分はもうプチ・トリアノン(? 笑)。





話はそれましたが、この動物園、世界最古の動物園のひとつで

1793年にヴェルサイユ宮の王立動物園から動物を移したのが始まり。

キリンや象などの珍獣もフランスで最初に公開されたそうです。

しかし1871年のパリ・コミューンの際には食料に窮乏した市民達に

多くの動物が食べられてしまったとか・・・(汗)。




以前大仏次郎の「パリ燃ゆ」を読んだことがありますが、

皆困窮して草でもネズミでも食べた時期ですからね・・・。

ピヨちゃんにも食べ物の大事さをわかってほしいわ・・・と話はまたそこ?




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!





[ 2011/11/20 07:36 ] レジャー | TB(0) | CM(0)

トロカデロのメリーゴーラウンド

トナちゃんの試験が終わって初の長い週末(金曜日が祝日だったため)。

すご~く久々に家族の休日を楽しみました。

それはそのうちアップするとして、

今日は前回の続き、母子だけのエッフェル塔見学の帰りです。




お約束、トロカデロのメリーゴーラウンドに乗せてあげました。

クラシックスタイルのメリーゴーラウンド、とっても絵になります。

馬の上にひとりでまたがるのも平気になったし、

ピヨちゃんを乗せて、私は外側からゆっくり記念撮影を・・・

と思っていたら

「ママもそばにいてくれなきゃ、いや~~~~(泣)」

そ、そりゃそうよね。

まだ4歳だもんね。

そうか、こういうとき、ママが一緒にいて、パパが外から記念撮影してくれるのよね。

(我が家では私がいつもカメラマン役ですが・・・)



第一、妊婦さんには子供を馬の上に乗せるのだってラクじゃないです、まったく。

くらくらしながら、ピヨちゃんのそばに立って、回り続け、それでも一生懸命写真も撮りましたよ。

一緒に回りつつエッフェル塔が見える位置でシャッター押すのが至難の業・・・。


DSCN0675.jpg











2階建てのメリーゴーラウンド。

1回終わったら、今度は2階で乗りたい、ってことで上に昇りましたが、

さすがに2階には付き添い用ベンチもあり、ずっとラクでした。



DSCN0686.jpg















すっかり堪能したピヨちゃん、

帰りにはセーヌ河畔をお散歩しましたが





DSCN0691.jpg
「もう今日はこのままかえりたくないの・・・」


って、ひとりロマンティックにたそがれてる場合じゃないですから~~~!

観光してるけど、観光客じゃないママには

早く帰って夕食つくらなきゃ、っていう現実的な問題があるのよ!ヽ(`Д´)ノ


なんとか引き剥がして先を急ぐも、カフェを見ると入りたがり・・・

さっき、ピクニックしておやつ食べたばっかでしょ!ヽ(`Д´)ノ


DSCN0694.jpg


未練気にサインのアイスクリームをなめるふり・・・。





DSCN0696.jpg


錠でつながっているのを見て、

「これはアイスクリームのおうちに入るカギなの。」

「さあ、カギを開けて入りましょう、ガチャガチャ」


だって。

子供の想像力って、面白い。








人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/11/14 06:09 ] レジャー | TB(0) | CM(2)

エッフェル塔観光

パリに住んでいると、なかなかしないもの。

それは観光。

ルーブルは時々企画展もあるから行くとはいえ、

凱旋門は近くを通ることも多いし、

エッフェル塔は離れていても見えるし、

わざわざ「見に行こう」とは思わないもの。


そして気付きました。

ピヨちゃんが物心ついてからまだ、

エッフェル塔を見せたことがないことに!

パリ生まれ、パリ育ちの生粋のパリジャンヌなのに・・・。



今まではベビーカーで、観光客の混雑の合間に乗り入れるのが億劫だったんですが、

もう抱っこもねだらず長く歩けるし、母娘でエッフェル塔観光。

4歳まで待った(?)甲斐あって、もうエッフェル塔が何か知っているし、

その大きさに感動した様子。


DSCN0641.jpg



「エッフェル塔だ~~~~!」

「うわあ~~~!おおき~~~~い!」

と絶叫(笑)。

連れて行った甲斐があり(*´∀`*)八。





中に入りたい!と意気込まれたんですが、

こ~んなに長い行列に並ぶ気ないですから!( ;°Д°)軽く2時間待ち?





DSCN0644.jpg





今度は前もってチケット予約しよう、と思いました。

一番上まで行くと4歳でも10ユーロくらいかかるらしいです(汗)。

まあ、みな世界中からわざわざ足を運んでくるわけですから、航空券に比べたら安いもの?








中に入れなくてフラストレーションが高じたピヨちゃん、

代わりに自力で登る!と野心満々。


DSCN0649.jpg


ここはエッフェル塔の土台部分。

ちなみに脇の札は、登ることを禁じてます。

よい子は真似しないで下さい。

係員の人に注意されます。

もっともピヨちゃんは、

「きみかわいいね~、なんて名前?(*´∀`*)」

なんて、係のおじさんに訊かれ、仲良くなってましたが。 ( ;°Д°)ナ、ナンパ?


DSCN0689.jpg







トロカデロ側に渡って記念撮影したり、ピクニックしておやつを食べたりしました。

DSCN0652.jpg

すっきりシルエットでピヨちゃんですら(!)

スマートに見せてくれるこのワンピ、KOOKAIのもの。

私もこんなの欲しい・・・。




DSCN0665.jpg

出た、エッフェル塔のポーズ!







人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



[ 2011/11/11 19:52 ] レジャー | TB(0) | CM(2)

気分の上る買い物

試験もようやく終わり、ストレス度が一気に下がりました。

トナちゃんはといえば、即職場に戻り、溜まった仕事を片付けている状態で

帰りも早いわけではないですが、

家族にとってはちょっとずつディスポニブル(ご利用可)な状態に(笑)。



私も外でする仕事が数日ありました。

アテンド通訳みたいな仕事で立ち時間も長かったんですが、

1日外で働くのと1日ピヨちゃんの相手するのとでは疲れ具合が違いますね。

なんかとっても骨休みになりました(笑)。

アドレナリンが分泌され(?)ふにゃふにゃ過ごしていた体に喝が入った感じ。



数週間前の落ち込みからくらべ、ぐんと気分も上りました。

そうするとまたいらない衝動買いしちゃったりして。

前から考えていたブーツのお取り寄せ注文をした上に

こんなものまで。


DSCN0823.jpg


H&Mの化粧ポーチと、NAF NAFのイヤリング。

はかなげな桜色。

並べると色の感じも合って、つい自己満足。

最近よく着るくすんだピンクや紫系の服に合うわ~、

あ、春まで使える色なのよ、これは。

とさらに自己正当化。

化粧ポーチなんて2,95ユーロですから、

罪悪感感じるほどのものじゃないんですけど(笑)。





人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



[ 2011/11/11 07:00 ] パリの日々 | TB(0) | CM(2)

リールでデート

この日は全聖節の祝日。

トナちゃんのパパもママも用事や仕事で外出中で、

私たちも街中に来てみたけれど

何日か前の盛況ぶりが嘘のように、中心部は閑散。

閉まっているお店のほうが多かったです。



それでもウィンドー・ショッピングでぶらぶら。



「あ、これ着た~い~!」ってピヨちゃん。







DSCN0773.jpg


まだ早すぎ!









ここは私の憧れの子供服のお店「タルティヌ・エ・ショコラ」。

もう超正統派の子供服です。

ボンポワンもいいけど、こっちのほうがクラシックで上品。



DSCN0772.jpg




赤ちゃんのときに肌着をもらったり、

前にサマードレスをセールで見つけたことがあるけれど、

さすがの品のよさ、縫製のよさ。

シンプルなのに映えるんです。



でも赤ちゃん用タイツですら1足30ユーロとかだからなかなか手が出ません。

コートだったら500~600ユーロレベルかな。

パリでもリールでも、お店の対応がすっごくお高くて嫌な感じ。

ここに比べるとジャカディはかわいいもの(笑)。



それでもいつものぞかずにはいられないんですが、この日は閉まっていたので

記念撮影とかしてみました。

(普段だったら水まかれそう щ(゚ロ゚щ)!)




DSCN0770.jpg


ディズプレイもかわいい!






カントリー・スタイルインテリアの宝庫「Interior's」。

パリにも何軒もあるチェーンですが、リールのショールームはすごく広いし、

ディスプレイがこまめに変わっていて毎回行っても楽しいです。


DSCN0762.jpg





カフェから出た途端雨が降って

ベネトンのお店に入り、キッズコーナーで遊ばせてもらったり(笑)。

DSCN0777.jpg


こういうものがあるとピヨちゃん、集中して熱心に遊びだすので楽です。



そういえば帰りのTGVでもかなりいい子にしてくれて、体調絶不調だった私は助かりました。


DSCN0780.jpg


TGV(高速特急)だとまあまあいい子なのに、RER(郊外電車)だとワイルドになっちゃうのは

テーブルがついていて、お絵かきや作業ができるかどうかの違いなんでしょうね。




結局小さな買い物とカフェめぐりでこの日も終わり。

あまり専業主婦業に慣れない私は、

今仕事を抑えていて自分にあまり収入がない中で

支出だけの日々を過ごすのはなんだかとても心苦しくなったりするんですが、

こうやってピヨちゃんとじっくりふたりだけで過ごすのも貴重な時間だと思ってます。

第2子が生まれたら、しばらくはピヨちゃんとゆっくりデートもできないし。


最近のピヨちゃんとのデートをまた載せたいと思います。





人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/11/07 07:00 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(2)

カフェ メオ

これはリール滞在中の続き。

必ず行くカフェ、メオ MEOにて。

老舗のコーヒー屋さん。

ホットチョコレートもすごくおいしいです。

最近パリのスーパーでもここブレンドのコーヒー豆を見かけるようになりました。

休日はすごい込みようだけど、運良くソファ席も取れました。

ソファだと、ピヨちゃんも割とゆったり、落ち着いてくれます。

DSCN0756.jpg






あ、ここは別の老舗パティスリーとコラボしていて、

マーヴェイユというケーキもその場で作って食べさせてくれるのが目玉。

今回は頼まなかったけど、みんな、クリームをたっぷり乗せたコーヒーやホットチョコレートに

さらに大きいマーヴェイユを添えているんだからすごいです!


DSCN0758.jpg


今回暑かったので、冷たいチョコレートにしてみました。

ピヨちゃんは大はしゃぎですが、

結局ほとんど残すのでいつも後悔・・・。

確かにすごく濃厚なんだけど。

後で見たらキッズ用のミニサイズ&お菓子が乗ったりしたものもありました。

今度はそれにしよう!




DSCN0761.jpg

ここはリールの中央広場、向かって左手にカフェ・メオがあります。



この日は広場は大変な賑わい。



DSCN0760.jpg







DSCN0757.jpg

大人しいのは長く続きません・・・。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/11/05 08:35 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

もやもや・・・

トナちゃんはとある厳しいコンクール(競争試験)に挑戦中で、もう少しで終わるところ。

資格試験でなくて競争試験なのが難しいところで、

最初は実力次第でも最後の最後には運も関わってきます。

その勉強に専念する人がほとんどの中で、仕事もやりながらなので

尋常でない忙しさになるのはわかるし、

尊敬もするし、

できるだけサポートしてきたつもりですが、

疲れてくるとかなりもやもやが出てきます。

先の見えないコンクールの結果に振り回されるのは本人が一番辛いでしょうが、

周りも相当ストレスを受けます。

彼の週末を確保するために、大学院も週末にかかる仕事も無理になったし・・・。



そんなわけで今回はいつも楽しいリール滞在中もかなり気分が落ちていたんですが、

帰ってきてしばらくしたら、ひと段落がつき、まだ終わっていないものの

気分的にずいぶん楽になってきました。


昨日は試験のひとつが終わって早く家に戻ったトナちゃん、

ピヨちゃんをお迎えに行ったり、しばらくの間一緒に遊んでくれました。

しばらく静かに仲良く遊んでいるかと思うと、ごちゃごちゃ言い争いを始めるんですが、

単に「芸術上のあつれき」だったようで(笑)、

結局こんなのを二人で創作していました。



翼付きドラゴン。


DSCN0787.jpg

トナちゃんの勉強資料がいたるところに散乱していてすごい状態です・・・。






パブ。

DSCN0784.jpg

パブはいわゆるタヴェルンみたいな、中世の旅籠付きパブがイメージのようです。

蝶つがいつきのレゴのピースをビールのポンプにしてあるところがいいアイディア!


DSCN0786.jpg



いちばん大変だったのは「パブ」が何かをピヨちゃんに説明することだったようです(笑)。





人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



[ 2011/11/04 18:34 ] トナちゃん | TB(0) | CM(2)

リールへ避難

前回ピヨちゃんのことをぐちった記事を書いた後、

予約投稿を一本入れてリールに避難しておりました・・・。



実はあまり気乗りしてなかったんですよ。

秋冬は特に天気の悪いリール。

特にピヨちゃんと二人でメトロ乗ってTGV乗って、荷物も持って・・・

考えるだけで気が重い。

フランスでは4歳から電車料金もかかるんです、半額だけど。

タクシーとか、TGVとか、週末だけ行くにしても結構な金額になります。



でも週末の上に祝日(全聖節)もひとりで面倒見る自信がなく、

チケット取るのを悩んでいたら、たまたまトナちゃんのパパがパリに用事で来ていたんです。

急にお願いして、急遽チャイルドシートも買って、帰り車に乗せてもらいました。

3時間の道のりは電車より長いけど、ピヨちゃんがちょこまかしないので気が楽~。

いつも震えるほど寒いリールも、今回は18度前後の暖かさでした。



買い物や家事の助けだけでもありがたかった反面、

今回はトナちゃんの両親が忙しい時期だったので、

ひとりで面倒を見なければいけないときも多く、

皆が疲れている中でピヨちゃんだけパワフルにすごくて、

頼みの綱のルルットさえ、逃げ腰でした(涙)。



広いのでうちの中でトロティネット(キックボード)に乗れるんですが、

前回は軽やかに乗り回してたのに、今回は壁とかソファにぶち当たるまで暴走するんです。

メーワク!(ノ◇≦。)



わたしも疲れのためか心身ともにいまひとつ盛り上がらないな~と思っていたら、

つわり、カムバック!?

かなり気分が悪かったり、パリに帰ってくる前夜、何度も吐いたりしちゃいました。



まあ、それでも家のすぐ隣が公園なのでピヨちゃんを放牧しに行ったり、

DSCN0767.jpg


DSCN0764.jpg





こ~んなカフェでお茶したりしました。

DSCN0775.jpg

ここはル・パン・コティディアン Le Pain Quotidien というチェーンで、

素朴なフレンチカントリースタイルのインテリアをテーマにしていて、

必ず大テーブルが1つか2つあって、

田舎の農家のようにテーブルをシェアしながらタルティヌやカフェオレ、紅茶などを楽しめます。

わたしが初めて知ったのはNYですが、ベルギー系のようです。



典型的なコンティネンタル・ブレックファーストセット(クロワッサン、パン、ジャム、

チョコレートスプレッド、ジュース、カフェオレ、ゆで卵)があって、

もう午後2時くらいだったのに食べる人が多かったのにはびっくり。


朝食がメインのイギリスでは、カフェに

「オールディ・ブレックファースト」なんてメニューがよくあっておかしかったけど、

フランスでも午後ブランチする人いるのね(この日は祝日)。

観光客には楽しいし、フランス人にとっても、「たった今までベッドにいました」って

密かに誇示しつつ、カップルでとるのが楽しいものなのかも・・・。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!




[ 2011/11/04 08:11 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。