FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オランドが社会党候補に

日曜日の社会党予備選挙第2ラウンド。

今回も100万人近くの人が投票し、結果は56パーセントで、フランソワ・オランドの勝利。

第2ラウンドに行かれなかった他候補者4人がオランド支持をいち早く表明していたから、

結果は意外なものではなかった。


社会党も、国民の大多数も、望んでいるのは「UMPのサルコジ再選を阻める候補者」。

最初はDSKの陰に隠れていたオランドの急進激も長年の地道な政治活動の結果。

しかしDSKのあのスキャンダルがなかったら、トップに踊り出ることもなかったかもしれない。

彼は「ミスター・いい人」で、表に出るよりは裏方の調整役だったのだ。

比較的敵のなさそうな人が政党総裁=首相に選ばれがちな日本と違い、

「カリスマ」や「アクの強さ」はこちらの政界では大事なキーワードだ。

英国ガーディアン紙では

「社会党の万年控え室ボーイ The eternal backroom boy of the Socoalist Party」

なんて呼ばれ方をしていた(笑)。


でも国民がサルコジの

「bling-bling」(=ジャラン・ジャラン 高級腕時計を見せびらかし、華麗な人脈を誇る彼の成金スタイルを評して)

にうんざりしている今、オランドのようなタイプに信頼が集まっているのも不思議ではない。



それにしても、思いがけず足をすくわれたDSK

(注:宿泊ホテルのメイドが強姦未遂を訴える。後にこの女性が供述を変えたり、麻薬不正密輸などで拘留中のパートナーに「大丈夫、この男は金を持っているから」と電話で話していたことが判明して不起訴となる。ちなみにDNAテストでは性行動の痕跡は「あり」とされた)

フランス帰国後のインタビューでは「不適切な関係」はあったことを認めたし、

リール市の高級ホテル・カールトンが

コールガール・ビジネスに関与していたことが判明した最近のスキャンダルでも

「クライアントのひとり」として名前が挙げられていたからあきれるばかり。

やはり自業自得というべきか。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!

スポンサーサイト

[ 2011/10/18 17:22 ] 最近のニュースから | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。