FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クリスマス・サーカス

会社でも友人関係でも、12月の声を聞けばクリスマス・パーティーのお誘いばかり。

一度は友人同士の予定が合わず、11月のうちにクリスマス・パーティーしちゃおう、

なんて話も出たロンドン時代ですが、

フランスではもっと「ファミリーで祝うもの」というスタンスのせいか、

あまり派手に騒がないような気がします。

でも子どもにとっては大イベント。



トナちゃんの勤め先では毎年かなり前にカタログが回ってきて、

子どもへのプレゼントを選ぶとそれが「支給」されていましたが、

今年は4歳になったためか趣向が違い、

「サーカスへの招待」と

おもちゃ屋さんなどで使えるギフト券でした。


アレクシス・グリュスというサーカス団。

場所はブーローニュの森。

一般公開されているイベントですが、この時期、企業などが

子供へのクリスマスイベントとして1セッションだけ貸切にすることはよくあるようです。

まだ11月なのでクリスマスには早いんですけどね。

4歳から12歳まで。

4歳未満は絶対に入場不可ということですから、乳児が下にいたら難しいかも。




サーカスは初めてのピヨちゃん。

到着してまず、ふかふかフェルトのおやつ袋を渡されてにっこり。

P1100649a.jpg

チョコレートやキャンディ、ビスキュイだけでなく、お水やコンポートも入っていて、

なかなかの内容です。






上演中はフラッシュあるなしに関わらず撮影禁止だったので、

始まる前の様子のみ。

P1100647.jpg

私も実はサーカスはじめてかも?



生オーケストラ付きで

主に馬を使った曲芸が多かったんですが、

象を使ったコントなんかもありました。

床屋さんが無理やりお客を座らせると、合図して出てきた本当の床屋はなんと象さんで、

クシを使って梳かしたり、髭剃りのために泡だらけにしたり、

その後、勢いよく鼻でシャワー出したり、ってな筋です。



ピヨちゃんも結構楽しめたようです。

(途中退屈しておやつを平らげることにもっと集中してましたが)

P1100652.jpg

うれし、はずかし、サンタさんと記念撮影。






平日(学校のない水曜)だったんですが、共働きの多いパリですから、

付き添いには両親のどちらかが休みを取らなくてはなりませんよね。

トナちゃんの職場では社食に明らかに人が少なかったそうですよ( ´艸`)。

仕事から直行、なスーツ姿のパパ達もちらほらいて、

小さな娘といっしょにピンクのわたあめをほおばったりしているのが微笑ましかったです(*´∀`*)。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



スポンサーサイト

[ 2011/11/24 08:14 ] レジャー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。