FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

受かりました!そして・・・

また少しご無沙汰してますが、べべちゃんはまだですよ~。

実は我が家、昨年12月から目まぐるしく変化が起こっていて。

べべちゃんを迎えるだけでも、いろいろあわただしくなるものですが、

一時期どこでお産できるかもわからない状態だったんです。



発端はトナちゃんが、ついに試験に受かったこと(TT)!

ながーく苦しい受験生活の後、さらに長く苦しい「待ち」の期間があり

この知らせが12月に届いたとき、私にとってもそれは感慨深いものがありました。



2年に及んだ受験生活。

バカンスも週末も返上で、本棚1個は試験関係の本と資料で一杯。

普通は仕事をしている人も休職し、試験対策専門のコースにフルタイムで通うのに

トナちゃんは忙しい仕事も続けていたので、一年目だけパートタイムのコースに通ってました。

パートタイムとはいえ、週10コマ近くあって。

昼休みを利用してお昼の授業に出るので、

ランチは私が用意したサンドウィッチに地下鉄の中でかぶりつくのみ。

おにぎりもおかず類も地下鉄の中では食べ切れないから、とダメ出しされました。

そして授業の後は職場にとんぼ返りして仕事をこなし、夜また同じ学校に行って授業を受けてから帰宅。

最初はできるわけない、と笑っていた同僚も徐々に尊敬の目で見るようになったそうです。

2年目は全くコースには通わずに、復習と独学。

家族で公園に行くようなゆとりも少しはありましたが、

その一方、仕事がとんでもなく大変になってきて、夏まで勉強どころではない状況でした。

夏に職場が変わり、またチャレンジの多い新しい業務に馴染みつつ、

帰宅後と週末の勉強。

週末は国立図書館に行ってましたが、

開館前に行って30分も並ばないと席が取れなかったりするそうです。


は~、本当にすごい努力と意志の力だったな~と思います。

その一方、小さな子供(特にピヨちゃん!笑)がいると、

ひとりで見るこちらもなかなか大変で、

家で過ごすには狭いし、外は寒いし、長い冬の間、いろいろと苦労しました。

かなり遠い友達の家に行かせてもらったり、彼の実家に彼抜きで滞在させてもらったり。

友人や彼の両親にもずいぶんお世話になったと思います。


まあ、私も一時期は勉強生活に入っていたり、彼の努力のすごさを目の前で見ていたので

サポートする気になったんですが、それでも試験の結果という不確かなものに向かって、

我慢を続けるのはなかなか苦しいものがありました。



・・・と、そんな感慨が一度にどっと押し寄せてきて、

飛び上がって喜ぶ、とかそんな単純なものではなかったですが、

トナちゃんの努力が報われて本当によかった~、と思いました。



・・・そしてその直後に次の現実的な問題。

私、どこで産むことになるの!?



実はこの試験に受かると特殊な研修に入るのです。

それはまずアルザスのストラスブールで始まります。

それも試験結果からわずか数週間後の1月はじめ

どういうスケジュールになるか、おぼろげには伝わってきていましたが、何しろ難関の試験なので、

なにひとつ「受かったとき」を前提にして予定を立てることは難しかったんです。



ストラスブールは、実は私には馴染みのある土地。

ドイツにいたときは頻繁にライン河を越えてアルザスに行っていましたし、

ハイデルベルクで知り合ったトナちゃんとの初デート(? 友人も一緒でしたが 笑)

もここでした。


だからトナちゃんが数ヶ月ストラスブールに滞在するのなら、

私も無理に産院を変えてもついて行こうか・・・と思いました。

もちろんベビーブームのフランスではそんなに簡単なことではないんですが。



ところが

トナちゃん1月末から国外で数ヶ月の研修が始まることになり、

しかも行き先が正式決定するのは1月中旬、私が38週をむかえる頃という事態に

臨月の私は1月はパリから動けなくなってしまったのです。








写真なしの長文でごめんなさい。

次回に続きます。



人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!









スポンサーサイト

[ 2012/01/14 08:02 ] トナちゃん | TB(0) | CM(2)
ご主人さまの試験合格おめでとうございます!
話の続き、楽しみにしてます。
[ 2012/01/14 20:51 ] kyoko [ 編集 ]
コメント、ありがとうございました!
ようやく行き先は決まったものの、主人がいるうちに出産できるのか、微妙な状態はまだ続いてます・・・。
[ 2012/01/15 00:45 ] tamaho [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。