FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

懐かしのストラスブール

クリスマスのちょっと前、

家族でストラスブールに旅行しました。

トナちゃんが住む前の「下見」も兼ねて。



アルザスは私の愛してやまない土地ですが、それもこの2年以上「封印」。

「試験に受かったらどうせ住めるからさ~」という、あてにならない約束の前に、

なんとなく小旅行すらひかえていたのでした。


結局私はすぐには住むことにならなかったわけですが、

今年こそは有名な「マルシェ・ド・ノエル」に絶対行きたい、と一泊旅行を決行。

ドイツに住んだことも、学生時代ドイツのクリスマス・マーケットでアルバイトをしたこともある私には

シャンゼリゼやサンジェルマン・デプレの「マルシェ・ド・ノエル」は単なるマネというか、

商業主義的イベントで好きになれませんが、

さすがストラスブールのは違います。

年々有名になっていて、観光のハイシ-ズンもここでは夏ではなく12月。

このあたりではキリスト教布教以前の異教徒の信仰、

アニミズムの名残が素朴に感じられるのがいいのです。





P1100668.jpg

これ観光局、かわいいでしょ!


P1100701.jpg



P1100704.jpg



P1100663.jpg


P1100667.jpg


P1100694.jpg



P1100693.jpg





TGV(高速特急、飛行機のようにシーズンや便によって値段が変わる)もホテルも高かったですが、

やはりこの賑わい、美しさはこの時期ならでは。




ホテルは大聖堂のそばにしました。

郊外の安いホテルでもこの時期2倍くらいの値段になっているので、どうせなら思い切り便利なところに。

ローマやフィレンツェの4つ星ホテルでも、

この時期のストラスブールの小ホテルに比べたら安いかも・・・。

なかなか快適でしたが。

トリプルにしたら、ダブルベッドのほかにシングルが脇にあって、ピヨちゃんも大喜び。

慣れないところでは寝かしつけるのに苦労するんですが、あっさり、たっぷり寝てくれました。


P1100659.jpg


窓から見える裏通りの風景も、パリとは違って、清潔で可愛らしい。

P1100706.jpg


P1100707.jpg



夕食のレストランも、前もって予約するか、早めに行かないとあっという間に一杯になってしまいます。

やはりシュークルートははずせない。


P1100698.jpg




私はラムのホットポットにしました。

P1100697.jpg

おいしいけど・・・、やっぱりドイツ的。

この量。一品料理を最後まで食べ続けるって、ちょっと苦痛。

パリのレストランにはなかなかない子供用メニューもあって、ピヨちゃんはそれ。

でもこの量だったら分けて十分だったな。




大聖堂の有名な仕掛け時計。

P1100723_20120118071401.jpg


私はドイツの大学でアルザスの建築関係の授業をとっていて、

研修旅行にここまで来て、皆の前でステンドグラスについてプレゼンテーションしたのもいい思い出です。

ストラスブールとドイツのフライブルク、そしてスイスのバーゼルの大聖堂のゴシック建築への移行期には

同じ石工たちが関わっているのです。

トナちゃんともデートで来たけど、あの頃学生の私たち、特に美術史を勉強していた私は

史跡や美術館めぐりで忙しく、何気ない家並みに目を留めた記憶があまりないのです。

今回あらためてストラスブールの美しさに感動しました。

ピヨちゃんと3人で来れたのも感慨深くて、しかも4歳ともなると、

「かわいい~!」

「あれすてきね~!」

と自分で感じたことを表現できるのが今までとの大きな違いですね。




P1100683a.jpg

大聖堂脇のメリーゴーラウンドで。

今回はパパ(トナちゃん)に撮影してもらいましたよ!



人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!


スポンサーサイト

[ 2012/01/18 07:30 ] レジャー | TB(0) | CM(2)
お母さまも来られたそうで本当にいざと言うときに安心できますね^^
お母さまの滞在日記もまた楽しみにしています。
パリももちろん憧れですけど、ストラスブールも少しだけこじんまりとした印象でゆっくり観光できそうですね。
いつかぜひ訪れてみたいです♪
[ 2012/01/20 12:46 ] [ 編集 ]
メッセージありがとうございました。
無事に出産できました。
母が着いた直後だったので、少しだけ産前の自由時間を一緒に満喫・・・という訳にはいかなくなりましたが。
私はストラスブールのような少しこじんまりとした中都市のほうが落ち着いて好きですね。
旅行されるにはぜひおすすめの場所です。
[ 2012/02/22 23:50 ] tamaho [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。