スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「巴里の夕や」家、病気になる

ついにやられました。

恐怖のガストロ(ノロなどのウィルス性胃腸炎)に。

しかも聞くだけでも恐ろしかった「一家全滅」状態。



それは月曜日に始まりました。

そう、よりによって、トナちゃんが車で1時間近くかかるカンペール市で特別研修をする週。

早朝出て行くので、ピヨちゃんを幼稚園へ送るのはもちろん私。

時間をはかって、割とスムースにピヨちゃんとポヨちゃんを支度させ、

あとはポヨちゃんにコートを着せて・・・のところでポヨちゃん、一気に吐いたんです。

ミルク一本分。

あたり、ミルクの海。



ポヨちゃんが、吐いたということ。

幼稚園に遅れそうということに頭真っ白になりかけました。




赤ちゃんが吐くのは、当たり前、かもしれないけど、ポヨちゃん、あまりはかない子で、

新生児のときに、ほんのわずかな溢乳をした他は吐いたのを見たことがない。

それも、吐いてすっきり、じゃなくてめずらしく気分悪そうにむずがってる。



そして、幼稚園といえど、フランスの幼稚園は「学校」扱い、

子供を連れて行ける時間帯(通常10分間の枠)は決まっているし、

それが過ぎると門を閉めてしまう

もちろんごり押しすれば何とかなるとはいえ、かなり厳格。





あわてて近くのママ友さんに連絡するもうまくつながらず、

着替えもせず、床もそのままに、

ポヨちゃんを胸に飛び出していきました。

ベビーカーも抱っこ紐も心配だったんです。






後から私の必死の形相を何人かのママ友さんたちにからかわれました・・・。


でもわけを話すともうひとりのご近所ママさんが

「そういうときには電話して。ピヨちゃんを一緒に連れていってあげるから」

と言ってくれました。

幼稚園のご近所コミュニティーがあるところが地方のよさ、公立のよさです、ホント。

あと、たまたま最近我が家で3人のママさんたちと子供を呼んでグテ(おやつ)をしたのでみな我が家を

よく知っているというのも助かりました。



P1160318a.jpg
これだけ我が家のテーブルに収まりました・・・って話がそれます。




その後小児科へ連れて行くも、熱はないし「何も異常は見られない」と言われ、

とりあえず座薬。


でも夜もしっかりとパパのクリーニングおろし立てのジバンシー・スーツ(かなり重要な人に会う日だったらしい・・・汗))にゲロリン。

下痢も始まってしまいました。

順調に来た離乳食ですが、重湯程度に。





さっそくママ友さんに連絡して翌朝のことを頼み、

ポヨちゃんは朝起こさないでゆっくり寝かせました(起こさないと10時まで寝てる 笑)。

もちろんいろいろあった私の予定も朝からキャンセル。

「ふたりめ」なのに自分でも驚くほどのうろたえ様。

そして気がついたんです。


私は、「赤ちゃんの病気を見たことがなかった」ということに

ピヨちゃん(長女)は2歳になるまで病気らしいことをしたことがなく、

二人とももっと小さいときにミルクが合わなくて下痢を起こしたことはあったけど、

ミルクを替えれば解決するほどの問題だったんです。


On a été gaté・・・いっぱい動かしてもいつも元気でいてくれて、

私たちってポヨちゃんに甘やかされていたんだね・・・とトナちゃん(夫)と話し合いました。


P1160231.jpg
ご機嫌いいポヨちゃんしか見たことなかった・・・(涙)。




そして午後、幼稚園より1本の電話が・・・

ピヨちゃんが吐いた、と・・・。

事故の知らせなんかじゃなくてまずほっとするも、

正直愕然としました。

実はその前から私も感じ始めていたムカムカ感。

気のせいかと思いたかったけど、

これはもう、絶対



ガストロ(涙)。






楽しくもなんともない話ですが次回に続きます~~。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!
スポンサーサイト

[ 2012/12/16 07:20 ] 我家の遊牧民生活期 | TB(0) | CM(4)
こんにちわ。
ついにきましたね、ガストロねた!
私も大嫌いです、ガストロ。
うちのムスメは1歳の冬を皮切りに、毎年ガストロをもらってきます。
その最初のガストロで私も感染。それまでガストロなるものに感染したことがなかったので、それはそれは悪い思い出として残っております。
ムスメはすでに3回ガストロに感染し、本人もかなり嫌気がさしているようで、昨年の11月の感染以来、毎晩寝る前に、「今日は吐かない?」と聞くようになりました。毎晩ですよ!(彼女はかならず夜吐くので。)
本当にかわいそうです。私はそれからというもの食べる前は、家であれ、外食であれ、まず石鹸で手を洗って、その後消毒液で手を消毒してから食べさせています。
[ 2012/12/16 10:22 ] kyoko [ 編集 ]
それは大変でしたね〜。子どもの病気は想像するだけで恐ろしい・・・パニックになりそうなので、今から情報を集めておかなければ・・・というわけで、続編もおまちしております!
[ 2012/12/18 20:22 ] mayou [ 編集 ]
毎晩「今日は吐かない?」って訊くなんて、かわいそうで涙出ちゃいました。子供心にも毎日の中に不安があるなんてかわいそうですよね。

うちのピヨちゃんは日本での自家中毒のほうが重く、点滴の処置の悪さもあって、すごくトラウマになっていました。それに比べれば軽くすんでほっとしました。

私もこれからは手洗いなどもっと気をつけたいと思います。なんといっても、幼稚園のピヨちゃんからではなく、赤ちゃんのポヨちゃんから始まってしまったのはショックでした。
[ 2012/12/19 23:24 ] tamaho [ 編集 ]
mayouさん、私も自分がかかるのは今回が初めてだったんですが、家族が次々と倒れる怖さは疫病並みです。子供が苦しむのは本当に切ないし。すぐ直るものだからいいけど、昔の人はもっと深刻な感染性の病気の恐怖とたたかっていたんだろうなあ・・・なんて考えさせられました。
[ 2012/12/19 23:30 ] tamaho [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。