スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「巴里の夕や」家、病気になる

ついにやられました。

恐怖のガストロ(ノロなどのウィルス性胃腸炎)に。

しかも聞くだけでも恐ろしかった「一家全滅」状態。



それは月曜日に始まりました。

そう、よりによって、トナちゃんが車で1時間近くかかるカンペール市で特別研修をする週。

早朝出て行くので、ピヨちゃんを幼稚園へ送るのはもちろん私。

時間をはかって、割とスムースにピヨちゃんとポヨちゃんを支度させ、

あとはポヨちゃんにコートを着せて・・・のところでポヨちゃん、一気に吐いたんです。

ミルク一本分。

あたり、ミルクの海。



ポヨちゃんが、吐いたということ。

幼稚園に遅れそうということに頭真っ白になりかけました。




赤ちゃんが吐くのは、当たり前、かもしれないけど、ポヨちゃん、あまりはかない子で、

新生児のときに、ほんのわずかな溢乳をした他は吐いたのを見たことがない。

それも、吐いてすっきり、じゃなくてめずらしく気分悪そうにむずがってる。



そして、幼稚園といえど、フランスの幼稚園は「学校」扱い、

子供を連れて行ける時間帯(通常10分間の枠)は決まっているし、

それが過ぎると門を閉めてしまう

もちろんごり押しすれば何とかなるとはいえ、かなり厳格。





あわてて近くのママ友さんに連絡するもうまくつながらず、

着替えもせず、床もそのままに、

ポヨちゃんを胸に飛び出していきました。

ベビーカーも抱っこ紐も心配だったんです。






後から私の必死の形相を何人かのママ友さんたちにからかわれました・・・。


でもわけを話すともうひとりのご近所ママさんが

「そういうときには電話して。ピヨちゃんを一緒に連れていってあげるから」

と言ってくれました。

幼稚園のご近所コミュニティーがあるところが地方のよさ、公立のよさです、ホント。

あと、たまたま最近我が家で3人のママさんたちと子供を呼んでグテ(おやつ)をしたのでみな我が家を

よく知っているというのも助かりました。



P1160318a.jpg
これだけ我が家のテーブルに収まりました・・・って話がそれます。




その後小児科へ連れて行くも、熱はないし「何も異常は見られない」と言われ、

とりあえず座薬。


でも夜もしっかりとパパのクリーニングおろし立てのジバンシー・スーツ(かなり重要な人に会う日だったらしい・・・汗))にゲロリン。

下痢も始まってしまいました。

順調に来た離乳食ですが、重湯程度に。





さっそくママ友さんに連絡して翌朝のことを頼み、

ポヨちゃんは朝起こさないでゆっくり寝かせました(起こさないと10時まで寝てる 笑)。

もちろんいろいろあった私の予定も朝からキャンセル。

「ふたりめ」なのに自分でも驚くほどのうろたえ様。

そして気がついたんです。


私は、「赤ちゃんの病気を見たことがなかった」ということに

ピヨちゃん(長女)は2歳になるまで病気らしいことをしたことがなく、

二人とももっと小さいときにミルクが合わなくて下痢を起こしたことはあったけど、

ミルクを替えれば解決するほどの問題だったんです。


On a été gaté・・・いっぱい動かしてもいつも元気でいてくれて、

私たちってポヨちゃんに甘やかされていたんだね・・・とトナちゃん(夫)と話し合いました。


P1160231.jpg
ご機嫌いいポヨちゃんしか見たことなかった・・・(涙)。




そして午後、幼稚園より1本の電話が・・・

ピヨちゃんが吐いた、と・・・。

事故の知らせなんかじゃなくてまずほっとするも、

正直愕然としました。

実はその前から私も感じ始めていたムカムカ感。

気のせいかと思いたかったけど、

これはもう、絶対



ガストロ(涙)。






楽しくもなんともない話ですが次回に続きます~~。




人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!

[ 2012/12/16 07:20 ] 我家の遊牧民生活期 | TB(0) | CM(4)

ポヨちゃん10ヶ月

はああ~~、

月日はびゅうびゅうと過ぎていき、

ポヨちゃん、もう10ヶ月ですよ(汗)!




P1160180A.jpg


「んもう まま、あたちの チャチン ぜんぜん とってまちぇんよ!」






P1160182A.jpg

「あたち こんなふうに ぽーじゅ だって できるようになったのに!」






おかげさまで順調に大きくなってます。

おてて、ぱちぱち!と芸も少し覚えました(笑)。

12ヶ月用の服はもうぱっつんぱっつんです。




ピヨちゃん(長女)が9ヶ月や10ヶ月の頃といったら・・・

夜中にしょっちゅう起こされ、私、自分のベッドでほとんど寝てなかったような気がします。

なまじ別室のベビーベッドに寝かせていたので、

床に簡易マットレスを置き、その上で朝まで添い寝。

もう全然寝付いてくれないから、夫婦の寝室にも連れてこられず(涙)。

歯が生えて来て痛んだりする時期なので、

こちらでも赤ちゃんがこの時期寝てくれなくて悩むお母さんがたくさんいます。



フランス人はこだわることなく鎮痛剤をたくさん使いますが、

それがいやな人はホメオパシー(私は全然信用してません)や

鎮静の効き目があるという琥珀のネックレス使ったり。

みんなわらにもすがる思いなんですね。



仲良くなったママ友さんたちがそんな悩みを話しながら、

「お宅のポヨちゃんはどう?」

ときいてくれますが、



申し訳ないことに




いつも朝まで爆睡です(笑)。




歯はばんばん生えてきてるんですけどね(笑)!



寝つきもすごくいいです。

ベッドに入れたら、即座にぬいぐるみを腕に抱き、横を向いて臨戦態勢。



そして・・・




そして・・・・・




そのまんま寝ちゃいます(笑)。



たまに、ピヨちゃん(長女)が寝るときまでにポヨちゃんが寝付いてないときもありますが、

そのときはピヨちゃんが歌を歌ったり、お話をしたりしてくれます。

子供部屋から歌やら、ポヨちゃんのゲタゲタ笑う声やらが聞こえて、

時々女子会は異様な盛り上がりを見せてます(笑)が、興奮しすぎることもなく

ふたりともそのまま寝付いてくれるんです。


以前は寝る前に何度も何度も両親を呼んでいたピヨちゃんも、

ポヨちゃんが一緒の部屋にいることで安心するみたい。


普段全然ポヨちゃんの面倒を見てくれないピヨちゃんですが、

こういうときは「ふたりめ育児」って楽だな~って思います。







人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!


[ 2012/12/01 07:00 ] ポヨちゃん | TB(0) | CM(4)

海を眺める少女

先日記事で書いた、ピヨちゃんの5歳のお誕生日プレゼントの双眼鏡。

パリだったら、窓からお隣さんなんてのぞかれても困るだけだけど、

海がいっぱい、自然いっぱいのブルターニュでなら、とっても重宝。




IMG_0472.jpg






だいぶ背も伸び、お姉さんになりました。




[ 2012/11/22 06:37 ] 我家の遊牧民生活期 | TB(0) | CM(0)

13時間眠る赤ちゃん+オムツについて

この前の週末、とっても贅沢な思いをさせてもらいました。

土日両日とも、朝9時半までたっぷりと寝ました!

これって、幼児、乳児を持つ親にはとんでもない贅沢ですよね。

あ、日本は中高生が部活や塾でいそがしいから、大きくなっても休日寝坊は難しいんでしょうか。

そう、休日は余裕で12時間睡眠を摂るピヨちゃん

(それでも普段8時半くらいには「お腹空いたよ~!」と怒鳴り込んで来ますが)

のみならず、

ポヨちゃんまでまさかの13時間睡眠。

初日は心配でそわそわしちゃいましたよ。

最近寝る前のミルク(セレアル入り)もたっぷり飲んでから寝てるけど、

9ヶ月の赤ちゃんが13時間も絶食できるんですね~。

小さいころからしっかり飲んでしっかり寝るタイプだったけど、このまま冬眠しちゃいそうな感じですね(笑)。




しかもピヨちゃんと違い、起きてもお腹空いた~!の大泣きは絶対無くて、

まずオムツを替えてあげても、しばらくベッドで遊んであげてもニコニコ。


6ヶ月までは夜の授乳に苦労させられたけど、今はとっても楽。

全ての赤ちゃんがこうだったら、先進国でも人口が爆発しちゃいそうです(笑)。




余談

最近オムツを変えたのもよかったのかもしれません。

前も18キロまでの大きい子用を使っていたけど朝はパンパン、おへそのほうから漏れ出すことも。

思い切って早々パンツスタイルにしました。

以前は断然パンパース派だったけど、

最近スーパーのオリジナルブランドが全然遜色ないことに気付き、もっぱらそれ。

生理用品と同じで、カジノもカルフールもモノプリのものも、

包装が違うだけでおそらく同じ製造元だと思います。

パンパースは日本と比べて2倍位しますが、

オリジナルブランドは40-50枚で11~12ユーロなので日本並みでしょうか。

以前たまにパンパースのライバルである某ブランドを試した時は、

漏れやオムツかぶれがひどくてすぐにやめてしまい、それ以来他社製品への不信感があったんですが、

もともとスーパーーのもの(試したことなし)は優秀だったのか、この数年で改良されたのか・・・。

まだフランスのアマゾンで扱いがなかった時期はパンパースを安く買うためにすごく苦労しました。

パンパースは新しいものでも独特の嫌な匂いがあるので、変えて満足です(お財布もうれしい 笑)。





[ 2012/11/20 10:31 ] ポヨちゃん | TB(0) | CM(2)

引越しのときどうするの?

ブレストに着いて2ヵ月半、

ディナーテーブルも椅子も自分たちで買い揃えた。

「家具付き」とは名ばかりのアパルトマンだったから、電子レンジも掃除機も、と買いなおすものが多くて大変。

ようやく落ち着いてきたかと思ったら、2ヵ月後にせまる引越しのことを考えて、

今度は撤収も視野に入れなければ。





それなのに、トナちゃんってば、ピヨちゃんと一緒に食料品の買出しに行って、

こーんな大きなクマさんを買ってきた!


P1140978.jpg



「だって、だって、僕はピヨにあまりものを買ってあげてないし、

ピヨはねだったわけじゃないんだけど、仔犬のような目で僕を見るんだよ」

わかる、それがピヨちゃんの最強おねだり術なのよ(私も何度屈したことか 涙)。



こんなに気に入って大事にしてるのはいいけど・・・

ほかのものと違って捨てたり売ったりできないじゃない。




最小限の荷物で移動しているのに、引越しのときどうするの~~(涙)。







夜、寝るときも一緒。







これくらい一緒。

P1160040.jpg

・・・お~~い、生きてるか~~?(笑)



[ 2012/11/15 21:00 ] 我家の遊牧民生活期 | TB(0) | CM(6)

ピヨちゃんのブーツ

ZARAで買ったピヨちゃんのブーツ。


P1160046.jpg



中までファーがついていて、あったかそう。

折り返して2WAYで使える。

本革。上部はスウェードのコンビ。

それで60ユーロ以下だったから安い。



でも5歳児にこれってちょっと「ごりっぱ」すぎ…?(私だってほしい!)

重そうだし、まるでブーツが歩いているみたい。

合皮で半額くらいの方をすすめた私。

ほら、軽くて動きやすそうだよ(値段も軽いけど 笑)。

第一雨が多いブレストでは合皮のほうが便利なのよ~。

・・・頑として首を振らず、ほかのお店で見たブーツにも

「気に入らない」とはっきり。どうしてもこれがいい、と。



やれやれ、

でも、

日本にいたときは消費文化に染まってしまって、

とにかくお店に行って「なにか」買ってもらうのがくせになりかけたけど、

普段は「気に入ったもの」にはブレがないので大丈夫でしょう。



今年の誕生日プレゼントにも

「お人形」でも「キャラクターのついたおもちゃ」でもなく、

何ヶ月も前から「双眼鏡」をひたすら希望し続けていたピヨちゃん。

実際大事に大事に使っているしね。



そういえばこれ、2歳になる少し前の写真。

このレインブーツも自分で選んでずっとお気に入りだったっけ。

DSCF6967.jpg


昔から一家言あったなあ&

なんのかんのと、女子はお金がかかるね(ため息)。


[ 2012/11/11 04:34 ] ピヨちゃん | TB(0) | CM(0)

ポヨちゃん近況

生後1ヶ月半で飛行機に乗って日本へ。

4ヶ月で再びパリに戻りその足でストラスブールへお引越し。

6ヶ月でストラスブールからも引き上げて、リールとパリで夏の数週間を過ごし、

7ヶ月の時にはまたまたお引越しでブレストへ。


ちいちゃなポヨちゃんの半年間の移動距離、ハンパじゃありません。


こんな中でよくすくすくと育ってくれていると感謝感涙です。





P1160027.jpg
下の歯も4本になりました。


生後8ヶ月になってからハイハイやつかまり立ちができてきて、9ヶ月で完成度も高くなってきました。

8ヶ月になる前には、どんなふうに移動したんだかわからないけど、いつの間にかこんなところに、

っていうことも多かったです。


P1140831_20121108205353.jpg
 
おお、いよいよか。




広いスペースのあるところに大きめのパークを置くのが夢でした。

P1160044.jpg



最近は安定した立ちっぷり。 


P1160022a.jpg

トナちゃん両親が遊びに来てくれました。思いがけず5泊していったのでさすがに疲れました・・・。


P1140994.jpg


カボチャのお化けを制作中のピヨちゃんをオジャマサポート中。そういえばこのイーゼル、
我が家も買いました。





最近後追いがすごくて、パークに入れないと、トイレのときも突進してくるさまは

めちゃめちゃかわいいです。

なんてかわいい時期なんだ。



その一方、昨日床で小さな紙切れを見つけて口に入れかけてたので

「ぁ、だめよポヨちゃん」

と言ったら、悪いことだとわかってたのか(?)一瞬ビビクン!としてましたが、

その後、紙をもって違う方向へハイハイダッシュ。ニコニコしながら。

すでにこんないたずらっ子の片鱗を見せるとは。

さすがピヨちゃんの妹です。



[ 2012/11/08 21:10 ] ポヨちゃん | TB(0) | CM(0)

ハローウィン

現在フランスの学校(幼稚園)は万聖節の休暇。

どうしてこんなに休暇が多いんでしょうね。

7週間ごとに2週間の休暇。

教師が人気の職業なのもわかります。



先週ママ友と子供2人をよんでハローウィンのグテ(おやつ)をしました。

日本だったらお店に行けばハローウィンテーマのグッズや飾りであふれているんでしょうが、

フランスは、特にブレストでは全くそんなこともないので、紙皿で自己流に飾りを作ってみました。


P1160003.jpg



この紙皿工作はピヨちゃんも一緒に制作して、壁にもいっぱい貼りました。

これで半日間がもったわ、ふう。




はかりが壊れてケーキが作れなくなってしまったけど、

急遽作ったカボチャ入りのビスキュイは案外好評でまたたく間に売り切れ。


P1160004.jpg



余ったチョコレートソースで子供達にもお絵かきを愉しんでもらいました。

そういえば、

「せっかくだから仮装にしましょう。(フランス人女子だったら誰でも持ってる)お姫様ドレス持ってきてね」

と言ったら

そのうちの女の子、すごいドレスを着た状態で到着。

うちまでかなり遠いのに、それで歩いてきたんだそう(笑)。

途中で公園に遊びに行くときは着替えを貸しました。



最後はハローウィンのボンボンを配ってお開き。

祖父母にあずかってもらって一緒に来なかった、ママ友の一番下の子の分も用意したら

その子、「ピヨちゃんのボンボン」と呼んで、すごく喜んでたらしい。

そうそう、置いてかれた末っ子にとって、一緒のものをもらうって大事なのよね。

末っ子だったからわかる(笑)。




[ 2012/11/08 20:00 ] 我家の遊牧民生活期 | TB(0) | CM(0)

我家の近況など・・・

またまたご無沙汰です。

さて、我家は8月末よりブレストに来ていて、生活もようやく落ち着いてきたところです。

DSCN1504.jpg

「ぶれちゅと?たべれるんでちゅか?」ポヨちゃん6ヵ月半のとき。


DSCN1502.jpg

「ブレストは今日も雨でしょう。」

ハイハイ、決まり文句ですね(ブレストは天気予報ではいつも雨です)。

なぜか本気でお天気お姉さんをやりだしたピヨちゃん。

これは夏の(もんのすごく忙しい)ひと時を過ごしたパリのセーヌ岸で。




パリに住んでいた4年間、地方に出たくて仕方なかった私。

ストラスブールは憧れの地で、楽しい数ヶ月を過ごしました。

思いがけず、次の研修地がフランスの最西端のブレストになるときいてかなり心細くなったものでした。

最東端から最西端へ。

東端といっても、ストラスブールはいわばヨーロッパの真ん中。

パリからも2時間ちょっとになったけれど、ブレストはパリから5時間の陸の孤島といった感じ。

しかも一年を通して涼しく雨が多いんです。

酷暑のパリから夏に着いて、8月も終わらないうちに暖房入れてましたから(涙)。

湿気が強いせいかじわじわと寒さが染み込んでくる・・・。

その一方で、いつも雨模様なのではなく、天気が変わりやすいので、一日のうちに何度も快晴になることも。

お日様が顔を出すと、海辺の太陽なのでサングラスなしでは歩けないほどになります。

そんなこんなのブレスト生活、かなり楽しく充実してます。

まあ、我家にとってはトナちゃん(だんなさん)も一緒に買い物に行ったり、

休日をゆっくり過ごせるだけでこれまでの2年間とは大きな違いですからね。

そんな普通のファミリーっぽく過ごせる時間に感謝してます。

子供二人の育児は・・・楽しさ2倍、大変さは半分・・・とまでは行きませんが、

かなり軽減された気がするんです。

これもトナちゃんのヘルプが得られるようになったからでしょうね。

朝ピヨちゃんを着替えさせて学校に連れて行ってくれるなんて・・・(感涙)。

職住および学校接近だからできることですね。


また子供達の近況を書きにきま~す。



[ 2012/10/30 00:25 ] 我家の遊牧民生活期 | TB(0) | CM(0)

ほえる赤ちゃん

やっぱり出番少なめなポヨちゃんですが、

元気です(笑)。

比べてはいけない、と思いつつ、2人の女の子、あまりに違います。





ピヨちゃんが不在の間、ポヨちゃんだけだと・・・





は~~~、しずか~~~、

ゆったりできるわ~~~~





すっかりバカンス気分になってしまいました。

ピヨちゃんが6ヶ月のときなんて、一番大変で疲れ果てていたときですよ。



ポヨちゃんてば、あんまり泣かないんです。

もっと小さいとき、お腹がすいて夜中に何度も目を覚ますときでも、泣かない。

しばらくの間ゆめうつつで指しゃぶりしているんです。

夜中にふと気が付くと、



「・・・ちゅっぱ・・・ちゅっぱ・・・・」




とかすかに聞こえる(笑)。

ちょっとは泣いてよ、気付かないじゃないのもう、ってことばかりでした。

うんちしてても、そのままで寝てるしね。


ピヨちゃんだったら、目を覚ましたその瞬間、絶叫、大泣き、でしたよ。



朝目を覚ましたときも、ひとり静かに遊んでいるんです。

簡易ベッドの場合は、側面のネットを指でカリ、カリ。

ひとりで遊ぶ赤ちゃん、

その存在は伝説に過ぎないと思ってました(笑)。

で、こちらが起き出して覗き込むと、たちまち満面の笑顔。

朝は絶叫でたたき起こされるものと思ってましたから、これはものすごくさわやかな1日の始まりをお約束してくれます(笑)。



smallDSCN1394.jpg

いじけてるんじゃなくて、ひとりあそびです。

smallDSCN1393.jpg



再び一人遊び中。

smallDSCN1453.jpg


パピにちょっと遊んでもらう。

smallDSCN1454.jpg




しかし、この人、実はしっかり自己主張するんです。

お腹すいた、とか、おむつ替えてほしい、とか

普通の赤ちゃんだったらちょっとした不快感や欲求を泣くことで表現しますが、

ポヨちゃんは、


話します。


っていうか、吠える感じ?


決して悲しそうにするんじゃなくて、

満足してるようなときでも同じようなことをするので見際めが難しいですが、

普段が大人しいので、結構ギャップがあり、かなりの迫力です。




poyo pain

あれ、ピントがずれてる(汗)。

とりあえず、食べ物与えればご機嫌です。

食いしん坊なところだけは姉妹で似てます。










いろんな時期、いろんなカメラで撮ったモンタージュ写真で、
お見苦しくってすみません・・・。



人気ブログランキングへ

Votez pour mon blog!



[ 2012/08/18 07:10 ] ポヨちゃん | TB(0) | CM(4)
プロフィール

tamaho

Author:tamaho
ドイツでの学業、
ロンドンでの会社勤めを経て、
2007年6月にパリに移住。
2007年9月に長女ピヨちゃんを出産。
2012年1月に次女ポヨちゃんを出産。
お仕事は、
展覧会の企画、運営、翻訳、サロン通訳などしつつ
まったりと育児優先。

結婚11年目の夫トナちゃんとの
共通の趣味は
料理することと、食べること!

コメントとってもお待ちしています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今いくつ?

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。